名言DB

9413 人 / 110706 名言

こざき亜衣の名言

twitter Facebook はてブ

こざき亜衣のプロフィール

こざき亜衣、こざき・あい。日本の漫画家、イラストレーター。千葉県出身。多摩美術大学映像演劇学科中退後、漫画家アシスタントなどを経て、『さよならジル様』で「ちばてつや賞」一般部門大賞を受賞しデビュー。代表作に『あさひなぐ』。

こざき亜衣の名言 一覧

真剣にやるってことの大切さは部活でも仕事でもなんでも同じ。結局は自分と向き合うことに繋がる。


いつも大切にしていることは、目の前の1話がどうやったら面白くなるのかな、と。そのために必要なのは、こういう展開になるとこの子はこういう気持ちになるよなとか、こっちの子はいい気がしないだろうなとか、登場人物ひとりひひとりの感情を丁寧に考えていくことだと思っています。


(『あさひなぐ』は)旭が高2のインターハイで終わりにする、ということはずっと前から決めていました。一生懸命、描ききります。いまはもう大変すぎて、その後は引退して好きな絵でも描いて暮らしたいという気持ちでいっぱいですが(笑)、終わったらまた新しいものを描きたくなるんだろうなと。結局はそこにしか私の幸せはないのだと思います。


出来事の連なりだけで、主人公がひたすら活躍して「イェーイ、強~い」ってなるものも読者として読んでいるぶんには気持ちいいんですけど、自分で描きたいのはそれだけじゃなくって。あなたは勝って嬉しいかもしれないけど、裏で負けた人が泣いていること忘れるなよ、と。主人の周りの人の気持ちも丁寧に考えていくと、勝ち負けだけじゃない喜びとか、勝っても悲しいとか、そういう感情がどんどん見つかってくるんですよね。そこが一番、マンガを描いていて面白いと思っているところなんです。


この作品(『あさひなぐ』)の裏テーマは、親の知らない人間関係を築くこと、なんです。それまで家族の中でしか社会生活を営んでこなかった子供が、家族以外の場所に自分のことをより深く知ってくれる人ができたり、家族よりも濃密な時間を過ごす、初めての瞬間を描きたかった。私自身がそうだったんですよ。高校の時に初めて「家族といるよりも一緒にいて楽しい」と思えるような友達ができたし、そういう関係に今も自分を支えてもらっている感覚があるんです。


こざき亜衣の経歴・略歴

こざき亜衣、こざき・あい。日本の漫画家、イラストレーター。千葉県出身。多摩美術大学映像演劇学科中退後、漫画家アシスタントなどを経て、『さよならジル様』で「ちばてつや賞」一般部門大賞を受賞しデビュー。代表作に『あさひなぐ』。

他の記事も読んでみる

藤沢久美

取材先などで、「今度ご飯を食べましょう」となったとき、その場でスケジュールを確認し、すぐに予定を入れます。あとで予定を調整するために何回もメールでやりとりをするより、ずっと効率がいいからです。


中野信子

本の内容を定着させるには「言語化」もカギになります。まずは、雑な言葉でいいので本から得た感動を言葉にしてみる。そしてそれを、言葉を少し整えて誰かに話す。この二段階を経ることで、本の内容はしっかり脳に記録されます。


柴田励司

理と情のバランスをとろう。人とのコミュニケーションでは、理より前に情が来る。最初に相手を「好きだな」と思えれば、その後の説明が多少合理性に欠けても許せるもの。逆に、完璧に筋の通った説明でも、相手との信頼関係がなければ納得してもらえません。


ユルゲン・シュレンプ

意気地のない人や、なんとかなるさと思って引っ込んでいるような人が、世の中を変えたためしはない。


岡崎良介

投資というと、何か特別なことのように思う人も多いのかもしれませんが、そんなことはないと思いますよ。文化人類学の本を読むと、原住民同士の贈与の話が出てきますけれども、あれも投資ですよね。違う部族が出会うと、まず何か贈り物をする。すると、向こうから何か見合うものが返ってくる。また、部族同士の関係がそれを通じて出来上がっていく。僕はシートン動物記の旗尾(はたお)リスの話が好きで、よく、人にも話すのですが、旗尾リスはドングリを集めて、自分で食べきれない分を地面に埋めて隠す。でもバカだからそのうち忘れてしまってそのままになる。それが芽を吹いて育って、ドングリが生って生態系が回っていく。未開の時代から人間は投資をしてきたし、リスもしている。


加藤壹康

ひとつひとつの視点に対して目標を設定し、事業会社の月々のレビューはもちろん重要課題については四半期ごとのモニタリングで進捗状況を確認し、また次の手を打ちます。いわゆるPDCA(計画、実行、評価、見直し)サイクルをしっかりと回すことによって、最終的には財務の視点につながる経営をしていきます。そこには絶えず数字がついて回るわけで、気が抜けません。


北尾吉孝

知識は、それだけでは何にもなりません。学んだことをどう活かすかを考える。活かし方がわかって初めて意味を持つのです。


酒井誠(経営者)

当社を立ち上げてから3年で約5億円を費やしました。しかし、ベンチャーキャピタルにいたので、資金調達のすべはある程度、わかっていました。このため、資金は枯渇せずに済みました。それが、とても大きかったと思います。立ち上げには同時に相当な労力も必要です。


亀田啓一郎

手本となる人を真似るには、個々の言動ではなく、言動の背後にある「意図・狙い」に着目することが重要だ。たとえば、上司の協力を取りつけるのがうまい先輩がいるとしよう。その人は、「結論は……」「その理由は……」などと、簡潔で分かりやすい話し方をする。確かに、この言動を真似れば要点を押さえた話し方にはなる。しかし、これだけでは上司の協力を取りつけるやり方を真似たことにはならない。ロールモデルとなる人の意図や狙いに着目することで、真似るべきポイントが見えてくる。


林成之

人間の脳は、左右対称や筋が通ったものが好きであるという統一・一貫性にこだわる性質があります。脳に情報が入力されると、その統一・一貫性を元にものごとの正邪を判断するようになるのです。これはものごとを判断する一貫性を維持するには必要なことですが、自分とは違った意見を嫌い、その意見の持ち主まで嫌いになってしまうという負の側面もあります。


ミッツ・マングローブ

(自分が出演したテレビ番組は)極力見ないようにしています。基本的にイヤな気分になりますし。どうしても気になるところがあるときは仕事として見ますけど、喜んで自分を見るようなバカではないですね。いや、いいんですよ、自分が好きなら好きで。でもそれを言葉にして言うような人とは、友達にはなれないですね。


荻原博子

株に投資すれば儲かるなどと、安易に思わないでください。株で確実に勝てるのは情報、時間、お金がふんだんにある人だけです。特別な情報もなければ、一日中モニターを見続けている時間もない、相場をつくれるだけのお金もないなら、株で儲けようなんて最初から考えないことです。ただし、若い人が勉強だと思ってやるならいいでしょう。


佐々木義孝

社会にどのような価値を提供できるかを常に真剣に考え、高い志を持っている人。私利私欲ではなく、社会の公器としての認識を持っている人。経営者がそうでなければ企業は長続きしない。


中嶋成博

どんな製品も10年から15年のスパンで衰退期を迎える。だから、常に次を考え続けないといけない。


伊藤雅俊(イトーヨーカドー)

いつの間にか気づいたら、やっていたりすることがある。ポケットに手をつっこんで売り場を歩くことなど、頭を下げて商品を買ってもらっていた時代を完全に忘れてしまって、お客様の目線がわからなくなっている証拠でしょう。それから、腕組みをして商談するというものをよく見かける光景なのですが、こちらも頭を下げて商品を集めていた時代からすると、取引先が売りに来てくれるようになって、姿勢が高くなってしまったということです。そのどちらも商人の道にあるまじき姿勢だと思います。そして、その何気ない姿勢や態度にこそ、商売がつぶれていく火種があると思うのです。