名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

こざき亜衣の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

こざき亜衣のプロフィール

こざき亜衣、こざき・あい。日本の漫画家、イラストレーター。千葉県出身。多摩美術大学映像演劇学科中退後、漫画家アシスタントなどを経て、『さよならジル様』で「ちばてつや賞」一般部門大賞を受賞しデビュー。代表作に『あさひなぐ』。

こざき亜衣の名言 一覧

真剣にやるってことの大切さは部活でも仕事でもなんでも同じ。結局は自分と向き合うことに繋がる。


いつも大切にしていることは、目の前の1話がどうやったら面白くなるのかな、と。そのために必要なのは、こういう展開になるとこの子はこういう気持ちになるよなとか、こっちの子はいい気がしないだろうなとか、登場人物ひとりひひとりの感情を丁寧に考えていくことだと思っています。


(『あさひなぐ』は)旭が高2のインターハイで終わりにする、ということはずっと前から決めていました。一生懸命、描ききります。いまはもう大変すぎて、その後は引退して好きな絵でも描いて暮らしたいという気持ちでいっぱいですが(笑)、終わったらまた新しいものを描きたくなるんだろうなと。結局はそこにしか私の幸せはないのだと思います。


出来事の連なりだけで、主人公がひたすら活躍して「イェーイ、強~い」ってなるものも読者として読んでいるぶんには気持ちいいんですけど、自分で描きたいのはそれだけじゃなくって。あなたは勝って嬉しいかもしれないけど、裏で負けた人が泣いていること忘れるなよ、と。主人の周りの人の気持ちも丁寧に考えていくと、勝ち負けだけじゃない喜びとか、勝っても悲しいとか、そういう感情がどんどん見つかってくるんですよね。そこが一番、マンガを描いていて面白いと思っているところなんです。


この作品(『あさひなぐ』)の裏テーマは、親の知らない人間関係を築くこと、なんです。それまで家族の中でしか社会生活を営んでこなかった子供が、家族以外の場所に自分のことをより深く知ってくれる人ができたり、家族よりも濃密な時間を過ごす、初めての瞬間を描きたかった。私自身がそうだったんですよ。高校の時に初めて「家族といるよりも一緒にいて楽しい」と思えるような友達ができたし、そういう関係に今も自分を支えてもらっている感覚があるんです。


こざき亜衣の経歴・略歴

こざき亜衣、こざき・あい。日本の漫画家、イラストレーター。千葉県出身。多摩美術大学映像演劇学科中退後、漫画家アシスタントなどを経て、『さよならジル様』で「ちばてつや賞」一般部門大賞を受賞しデビュー。代表作に『あさひなぐ』。

他の記事も読んでみる

池田謙蔵

私は常々こう言ってきた。「企業経営は雪だるまを押していくようなものだ」と。雪だるまは最初に芯を作るときは骨が折れるが、あとは転がしておれば、だるま自身がふくらむ。押す時よりも、芯を作るときの方が力はいる。


遠藤功

日本企業はこれまでは、非凡な現場力で何とか対応してきました。ところが、難易度の高い挑戦に加え、一方で早く出荷して売り上げを上げろ、利益も上げろ、という強烈なプレッシャーがかかってきていました。その結果、現場は本来なら出荷してはいけないようなものを出さざるを得なくなってしまった。データを偽造・改ざんして出荷するという行為をしてしまったわけです。現場をそこまで追い込んでしまった背景に目を向けるべきです。


ターレス今井

どんな会社の営業担当者も、買おうとするお客にもっとも多くの情報を提供するもの。ですから、会社が機器や備品を購入しようとする場合、自分が担当者となって見込み客となり、営業担当者と接するのです。そうすれば、一個人では入手不可能な詳しい新製品の情報や市場動向も、スムーズに聞き出せますよ。


高松孝年

安定飛行に入った今後はさらなる次のステップを見据えて市場を拡大させたい。より多くを供給することで値段を下げ、より多くの方の手が届くような商品展開をできるようにする。


なかにし礼

世の中には、「昨日と今日を同じように生きていき、来年も再来年も平坦でいいんだよ。人間だもの」という価値観があります。ぎりぎりの選択などしなくてもいい。人間だもの、と。これは楽ですよね。しかし、あなたが自分自身の命を意味のあるものにしたいと望むなら、その価値観に身を委ねることを許してはいけません。なぜなら、人間は進化してこそ、人間だからです。


藤木俊明

企画書をつくるときは、5つのつぶやきからスタート。「企画をひと言で」「なぜそう思うか」「相手にどんなメリットがあるか」「予算はだいたいいくらかかるか」そして「いつ実施できるか」。どれも当たり前の内容ですよね。ポイントは「つぶやく」こと。すべて、ひと言で端的に言い切る。具体的には、1つの項目を70文字以内で書き出すんですよ。「70文字」と最初からワクをあてはめて企画をまとめ上げるわけです。わずか70字ですから、言いたいことは絞られるし、文章も簡潔になる。結果として、読み手にスピーディに企画意図が伝わる。誰でもできるシンプルな作りでしょう?


高橋英樹(俳優)

自分を成長させたいと思うなら、いかに自分を吸い取り紙状態にしていくかが重要です。仕組みとしてはとてもシンプルです。余裕を持ち、好奇心のおもむくまま、物事をとことんまで楽しむこと。嫌だなと思った瞬間から、成長はガクッと止まりますからね。新しいものを際限なく吸い込む。


片田珠美

人間の性格は、18歳までにだいたい決まってしまいます。肉親や友人の死など、ショックな出来事を経験することで、大人でも性格が変化することもありますが、ちょっとやそっとの経験では根っこは変わりません。「そのままではまわりに嫌われて苦労するよ」とアドバイスしても、本人はびくともしないでしょう。それどころか、「あの人は私の悪口を言った」とターゲットにされてしまう可能性大です。性格を変えられないなら、あとはつきあい方を模索するしかありません。


三木雄信

人は自分が関心のない話を聞かされたところで何の感動も生まれず、「この相手と一緒に何かをやろう」という気には到底ならないものです。


佐藤綾子(心理学者)

会社でも根本精神がくるくる変わったら、社員はどこに照準を合わせたらいいかわからなくなります。根本は同じ。その上で、どれだけ流行を追っていけるか。これがトップの発信のポイントであり、腕の見せ所だと思われます。


山崎奈保子

ロンドンのウエストエンドは、まさに劇場の街。大好きなんです。3泊5日とかで、一人でパッと出かけていました。語学力が万全ではないので、芝居内容の分析まではできませんでしたが、劇場近くのパブに寄ったりレストランにいったりして、楽しみました。もちろん、お国柄や文化が違うので、見聞きしたものをそのまま日本で反映させることはできませんが、観客の立場になって考えるうえで、そんな経験がいま、たいへん役立っています。


盛田昭夫

会社とはあくまで儲けるための団体である。血みどろの戦いの場である。楽しみ自体に目的を持たれてはたまったものではない。楽しみを追っかける小市民的な夢に安住している人間を、私はビジネスマン失格者と見なす。安閑としていては、会社の成長についていくことは難しい。口うるさいほどに言いたいのは、会社とは欲と二人連れの儲けるための団体である。この儲けの精神を忘れた時、すべてのサラリーマンは失格者として進歩から見放されるであろう。