名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

こざき亜衣の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

こざき亜衣のプロフィール

こざき亜衣、こざき・あい。日本の漫画家、イラストレーター。千葉県出身。多摩美術大学映像演劇学科中退後、漫画家アシスタントなどを経て、『さよならジル様』で「ちばてつや賞」一般部門大賞を受賞しデビュー。代表作に『あさひなぐ』。

こざき亜衣の名言 一覧

真剣にやるってことの大切さは部活でも仕事でもなんでも同じ。結局は自分と向き合うことに繋がる。


いつも大切にしていることは、目の前の1話がどうやったら面白くなるのかな、と。そのために必要なのは、こういう展開になるとこの子はこういう気持ちになるよなとか、こっちの子はいい気がしないだろうなとか、登場人物ひとりひひとりの感情を丁寧に考えていくことだと思っています。


(『あさひなぐ』は)旭が高2のインターハイで終わりにする、ということはずっと前から決めていました。一生懸命、描ききります。いまはもう大変すぎて、その後は引退して好きな絵でも描いて暮らしたいという気持ちでいっぱいですが(笑)、終わったらまた新しいものを描きたくなるんだろうなと。結局はそこにしか私の幸せはないのだと思います。


出来事の連なりだけで、主人公がひたすら活躍して「イェーイ、強~い」ってなるものも読者として読んでいるぶんには気持ちいいんですけど、自分で描きたいのはそれだけじゃなくって。あなたは勝って嬉しいかもしれないけど、裏で負けた人が泣いていること忘れるなよ、と。主人の周りの人の気持ちも丁寧に考えていくと、勝ち負けだけじゃない喜びとか、勝っても悲しいとか、そういう感情がどんどん見つかってくるんですよね。そこが一番、マンガを描いていて面白いと思っているところなんです。


この作品(『あさひなぐ』)の裏テーマは、親の知らない人間関係を築くこと、なんです。それまで家族の中でしか社会生活を営んでこなかった子供が、家族以外の場所に自分のことをより深く知ってくれる人ができたり、家族よりも濃密な時間を過ごす、初めての瞬間を描きたかった。私自身がそうだったんですよ。高校の時に初めて「家族といるよりも一緒にいて楽しい」と思えるような友達ができたし、そういう関係に今も自分を支えてもらっている感覚があるんです。


こざき亜衣の経歴・略歴

こざき亜衣、こざき・あい。日本の漫画家、イラストレーター。千葉県出身。多摩美術大学映像演劇学科中退後、漫画家アシスタントなどを経て、『さよならジル様』で「ちばてつや賞」一般部門大賞を受賞しデビュー。代表作に『あさひなぐ』。

他の記事も読んでみる

北尾吉孝

今も昔も人間はそんなに変わっていません。このことを知ると、新たなビジネスのヒントになります。


大西賢

ある強い思いをもってひとつの道を選択すると、それを実現するために必死になります。強い思いをもって取り組んだからこそ、あらゆる努力を惜しまなくなります。


出口治明

地頭の良さとは何かといった抽象的なことを考えるより、まず必死に勉強することが大事だと思います。


三谷宏治

30~40代は、プライベートからビジネスまであらゆる局面で決断を迫られる時期だと思いますが、リスクこそが成長のチャンスと捉え、積極的に大きな決断をしてみてください。


管祥紅(コワン・シアンホン)

日本は大手信仰がありますが、ゼネコン形式で専門性は育ちません。また、経営者の目も行き届かない。


高杉良

連載が始まった『最強の経営者小説・樋口廣太郎』では、アサヒビールの中興の祖と言われる樋口廣太郎さんのことを書いています。どの作品でもそうですが、今回も重きを置いているのは取材によるリアリティです。しかし、樋口さんご本人はお亡くなりになっているので、取材できません。そこで、ご健在である奥様にお話をうかがい、過去のインタビュー記事に目を通す。すると、自身を「瞬間湯沸器」と評していたという発言があり、「部下をすごい勢いで叱りつけていた」と。その代わり、「悪い。さっきは言い過ぎたと、褒めながらフォローするのも早いんだ」とも言っているわけです。こうした逸話を知ると、今度は当の部下たちはどう感じていたのかを聞きたくなるでしょう。それで、樋口さんの薫陶を受けた人たちに会いに行く。そんなふうにして事実にこだわり、書き進めていくのが僕の小説の作法です。


大江英樹

株価が下がった理由が大切。その銘柄が業績不振なら売るべき、外部要因なら焦って売る必要はない。そうでないと合理的に判断できず、買値を基準とした不合理な判断をしてしまう。


長澤まさみ

一度逃げると、戻るには倍以上の勇気がいる。自分の小ささが成長を妨げる。


メンタリストDaiGo

世界的企業のCEOでさえ、朝の4~5時に起きて、他人に邪魔されない時間を確保しています。普通の人なら、なおさら早起きすべき。皆が7時に起きる中、自分だけが5時起きを習慣化できれば、自信にもつながります。


岩崎裕美子

私たちは無添加で作っているので、矢継ぎ早に新製品を繰り出すことはできません。他社製品との差別化が出来ないものに関しては、私たちがわざわざ出す必要はありませんので、作らないという選択肢を取っています。


三枝匡

開発者が開発だけ、企画を担当する人が企画だけ、販売担当者が販売だけを考えるというスタイルでは、お客様のニーズに応えることはできません。また社員も喜びを感じる機会が少ない。


金森重樹

できる人ほど出勤時間が早いとよく言われますが、人が少ない早朝は周りが静かで集中しやすく、頭がクリアな状態なので、じっくり物事を考えたり、効率よく仕事を片付けたりすることに適している。