ぐっどうぃる博士の名言

ぐっどうぃる博士のプロフィール

ぐっどうぃる博士。日本の理学博士、恋愛カウンセラー。恋愛相談サイト「恋愛ユニバーシティ」を運営。生命化学などの視点から独自の恋愛メソッドを編み出し、恋愛カウンセラーとなる。著書に『恋愛マトリックス 相手を思い通りにする究極の恋愛戦略』『結婚を考えはじめた女(あなた)へ』『諦めきれない彼を手に入れる恋愛の極意 2人の関係に奇跡が起きる!』『彼に本気で愛されるための24の処方箋 ぐっどうぃる博士の恋愛相談室』『ぐっどうぃる博士の恋愛相談室 男が本当に考えていることを知る方法』ほか。

ぐっどうぃる博士の名言 一覧

実は、ちゃんと「ゴマをする」というのは結構高度なテクニックが必要なんです。まず、相手の価値観を100%理解しないといけない。つまり、その上司の重視するサバイバルスキルは何かということです。以前、僕がいた研究室を例に挙げると、アメリカの大学から来たボスは、死ぬほど働くことを重視していましたが、欧州から来た部下はのんびりと結果を出すのをよしとしていました。結果、両者は理解し合えず、プロジェクトは失敗しました。もし、ボスに気に入られたかったなら、死ぬほど働くブリをする必要があったということです。


ワンマン上司が、自分の価値観に盲目的に従い、かつ仕事もできない部下をかわいがるような事態が長く続く組織には、「周りがイエスマンばかりになる」リスクが高まります。トップが少しでも間違うと、それを誰も正さず、ともすれば組織ごと崩壊するという結果につながりかねません。


男性であれ、女性であれ、本当にマネジメントカが高い人は、異質な人の力も上手に生かし、同質でも能力のない部下は遠ざけていくものです。


性別や能力を問わず、価値観の近い人がかわいがられるという傾向はやはりあります。人の性質として「ホモフィリー」という概念があります。同じ価値観や性質を持っている者同士はつながりやすく、そのつながりは強固なのです。誰が自分と味方(=同質)で誰が敵(=異質)かということを我々は常に判断して生きている。だから仕事があまりできなくても、上手にホモフィリーの関係であることをアピールできる人間が取り立てられるという現象は、実は男女ともに起こりやすいのです。


例えば営業職で、新規開拓至上主義の上司に、旧来の顧客を大事にするという自分の考えを理解させたいなら、まず新規開拓という上司の戦略を肯定し、さらに数字を上げて利益を出す。ここでやっと上司は自分の言うことを聞いてくれます。価値観の違うことを言っても「おまえの言うことも一理あるな」となる。ここで初めて、ゴマすりは意味がある戦略となるのです。


ゴマすりは短期間しか通用しません。利益を出さない部下は、一時的には可愛がられても、最終的には切られます。利益といっても「(上司の好きな)野球の試合のチケットとりました」という表面的なことではダメで、仕事に直結する利益です。「俺と同じ価値観で、しかも俺に利益を与えてくれる」。これが男のボスから見た一番優秀な部下なんですね。ここで大事なのは順番で、まずはゴマをすって次に利益を出す。この逆はダメです。最初に利益を出そうとしても、ボスに協力をしてもらえず、足を引っ張られる可能性が高いからです。


男性は自分のサバイバルスキルが別の人より優れているか常に気にしています。だから心のどこかで自らのサバイバルスキルに自信かない男性上司ほど、自分のスキルの欠陥を指摘しない、気づかない男を傍に置こうとします。要するにスキルが自分より劣っている「できない男」です。また、自分より優秀な部下を傍に置けば、いつか自分が蹴落とされて序列が下位になってしまう可能性が強くなる。それを極度に恐れる男性上司であれば、あえて能力の高くない部下を傍に置くかもしれません。


ぐっどうぃる博士の経歴・略歴

ぐっどうぃる博士。日本の理学博士、恋愛カウンセラー。恋愛相談サイト「恋愛ユニバーシティ」を運営。生命化学などの視点から独自の恋愛メソッドを編み出し、恋愛カウンセラーとなる。著書に『恋愛マトリックス 相手を思い通りにする究極の恋愛戦略』『結婚を考えはじめた女(あなた)へ』『諦めきれない彼を手に入れる恋愛の極意 2人の関係に奇跡が起きる!』『彼に本気で愛されるための24の処方箋 ぐっどうぃる博士の恋愛相談室』『ぐっどうぃる博士の恋愛相談室 男が本当に考えていることを知る方法』ほか。

他の記事も読んでみる

ロバート・キヨサキ

勤務評価が、10段階評価で「5」の社員がいたら、その人の評価が「7」や「8」になるように励ますのが、リーダーとしてのあなたの役目だ。評価を上げるために、さらにトレーニングが必要になる場合もあるし、降格や解雇という厳しい結果になる場合もあるだろう。


高田明(ジャパネットたかた)

分かりやすく伝えることは難しいことです。伝えたつもりになってしまっていることが一番恐ろしい。


工藤公康

この年齢になると、心の部分だけが突出し、何が起こっても折れなくなりました。戦力外通告を受けても「ヨッシャー、次行くぞ!」って。単なる強がりや気合いではなく、周りが見えるようになったんだと思います。自分の状態もそれぞれの人や立場や考え方も冷静に見つめ判断し、よりよい行動に移せる。気力で体力を補うことができるということです。


成毛眞

大事なのはコストをかけずにやるということです。できることなら、何かにかこつけたりして、工夫してダダでやる。できることなら、他の会社にやってもらうのがいいでしょう。


松野小百合

新興国でモノを売りたいなら、相手に合わせる姿勢が必要。


阿部祐二

どんな状況に置かれても、そこから一歩でも前に進むことを考える。そう見方を変えれば、やれることはたくさんある。


前澤友作

当社では、物流にしてもシステムの構築にしても、極力アウトソーシングしません。会社の理念を理解してもらう時間を考えたら、自分たちで一から勉強してやった方が、結局は速いですから。


高城幸司

LINEなどだと、メールよりも簡単に、よりスピーディに返信ができてしまう。でも、だからこそ、勘違いや誤解も招きやすい。スピード勝負のコミュニケーションのなかで、あえてブレーキを踏んで、ひと呼吸おくことも大切。


山田邦雄

新しいことをしないと企業として生き残れないという危機感がとてもあります。


木村皓一

何でも本気になったらいけるんや。


小坂敬

チャンスは二度と来ない可能性がある。「次に」「今度は」と考えるのではなく、「今、これを覚悟を持ってやり遂げる」。その思いで物事に臨むことが、人生を彩り豊かにするのではないかと思っています。


藤村正宏

企画書を書こうとせずに「映画の予告編」を作る気持ちで作ればいい。映画の予告編って、期待感を高めてワクワクさせてくれるでしょう? 「観たい」と思わせる作りになっていますよね。それと同じ要領で「この企画、おもしろい。やってみたい」と思わせればいい。「書いてある内容がいいのになぜか通らない」という人は、見せ方をちょっと変えるだけで通るようになる。


坂本孝

競合が真似するならすればいい。その頃には自分たちは次のステップに進んでいるから。


出口治明

会社の都合に従う代わりに毎月給料が支払われる。それが会社員の仕事の基本です。上司から仕事を命じられたら、それがつまらない仕事に見えてもすべてやるのが当たり前です。ただし、どうせやるなら楽しくやった方がいい。自分の頭でやり方を考えるというのは、仕事の能力をあげるためのテクニックでもあるのです。


梶原しげる

雑談で欠かせないのは「自己開示」をプラスした話題を提供することです。雑談といってもプロフィールや情報の交換をしているだけでは、相手との関係性は発展しません。相手に心を開いてもらうには、「まず自分から」が基本です。自分がどう考え、感じているかを相手に伝える。それによって相手も開示しやすくなり、共通点も見つかりやすくなります。


ページの先頭へ