名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

かわぐちかいじの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

かわぐちかいじのプロフィール

かわぐちかいじ、かわぐち・かいじ。日本の漫画家。広島県尾道市出身。明治大学文学部日本文学科卒業。明治大学漫画研究会に入会し漫画を描きはじめる。大学在学中の21歳のとき雑誌『ヤングコミック』で漫画家デビュー。10年近く売れない状況を経験したのち、麻雀漫画で頭角を現し始める。その後、『モーニング』や『ビックコミック』などの漫画雑誌で数々のヒット作を生み出した。『アクター』『沈黙の艦隊』『ジパング』でそれぞれ講談社漫画賞、『太陽の黙示録』で小学館漫画賞・文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞。

かわぐちかいじの名言 一覧

こっちが楽しんで描いて、どこを楽しんでいるかを、読者は汲み取ってくれる。楽しんで描いていると、無駄ゴマがない。


いま描いているのを最高に面白い傑作にしたいなあと、思いながら描いているんです。


面白い仕事でよかったなという気がするね。すごく刺激的な場を与えてくれて。本当、よかったよね。
【覚え書き|漫画家の仕事について】


自分の手が魔法の杖みたいになりますから、自分の世界をつくれるっていうんですかね、それはとんでもなく面白いこと。


楽しんでいるか、楽しんでないかが結構気になるんだよ。このコマを描いていて「楽しんで自分は描いているのかな」っていうのがすごく気になる。


発見を一番楽しむっていうか、やっぱり一番興奮しますからね、わかったときが。わかると演出がもっと楽しくなるんですよ。


編集者との打ち合わせについては、僕は、何人かで餅をついて美味しくしていくように、最後まで何回も相談を重ねて漫画を練り上げます。もちろん、編集者にあんまりいろいろ言われたくない側面もあります。不備を指摘されたものの次にいいアイデアが出るとは限らない側面もある。でも、やはり漫画は読者が面白がるべきものだから、読者が一番楽しめるものをとなると、作者一人の欲望は越えなければならない。


作者は新人であってもキャリアを重ねていても、「いい意味では感情過多、悪い意味では独りよがり」で、自分の描いたものを冷静には見られないんです。「これはわかりにくいですね」と言ってもらって初めて思い込みから抜けられる。それほど当事者って見えないし、わからないんですよ。


連載なんて持ったら「必ず」追い詰められるでしょう?そうなれば、絵を描くことが本当に好きでなければ、どこかで耐えられなくなる。このことは、実際に相当きつい作業を追い詰められてやるという経験からしかわからないけれども、漫画の仕事を続けていくならば絶対に通らなければならない分岐点なのでしょう。苦しくても逃げないで「まぁ、好きだから仕方がないだろう」と踏みとどまって漫画を描く。週刊連載をしていれば、一週間のうち2日や3日は「食事と睡眠時間以外は仕事だけ行う」という生活が永遠と続いていく。だから、よほど好きでもなければね。この仕事を続けるために必要な資質は、単純にいうなら「それだけ」でしょう。


絵を描くことが好きなのか、それとも絵を描いている自分が好きなのか。そういう試金石になるような分岐点があるのです。後者はなかなかハードルを越えていけないのだけれど、前者は何よりもまず我慢ができて仕事を投げないから、いつしかそういうハードルを越えていける。絵を描いている自分が好きというだけでは、追い詰められたら絵を描くことがどうしても苦しくなるんです。しかも、苦痛に満ちた局面は、この仕事をしていたらいくらでもやってくるもの。だから、絵を心底好きでなければ、やってられないなぁと思って続けていけなくなるのでしょう。


連載漫画家に必要な資質は、おそらく「絵を描くのが好きである」ということでしょう。経験上、背景などを描いてくれるアシスタントのスタッフもそうなのですが、「何よりも絵を描くことが好きである」という人であるなら、次から次へと出てくる色々なハードルをクリアできるように感じています。


ずっと好きなものを描いてきたのでヒット作が出なかった時期も不遇だとは思っていませんでしたが、ひとつ大きかったのは双子の弟がいたことかな。金銭的・状況的に苦しいときでも漫画を描き続けていられたのは、「同じように漫画が好きだったのに、弟はひとりだけ漫画をやめてオヤジの跡を継いだ」ということに申し訳ないと思っていたからでしょう。仕事が軌道に乗らないうちは、弟に対して「負けた」ことになる。いつも、それは悔しいなぁ、負けたくないなぁと思って漫画を描いていました。


いま、漫画を描くのをやめて、一本も描かないとなったとき、すごく不安だよね。何のために生きているのかわからなくなるから。どこかで次の作品に生かそうという意識がある。


漫画を描きたいという若い人には「絵を描くことが好きなのか、絵を描いている自分が好きなのか、どっちか見極めた方がいいよ」って言うんだ。自分を追い詰めて、一日中絵を描き続けられると思ったら、たぶんそれは絵を描くことが好きな人で、絵を描いている自分が好きな人は無理だと。やっぱり絵が好きでありたいよね。


1ページ5コマとして、20ページ100コマ。それを2日ぐらいで描いちゃうんだけど、それが全部「お仕事」になってしまうと、すごくつらい仕事だよ。


キャラクターを突き詰めていくときに、考えるというよりも「声を聞いてあげる」という感じが一番近いかも。このキャラクターが何を一番言いたいのかなっていう。こっちができるだけ虚心坦懐になって聞いてあげる。


一番大事なのは「劇」なんですよ。どういうキャラクターが、どういう芝居をしていくかっていうことなんですよね。演出するのが楽しいんですよね、劇を。


かわぐちかいじの経歴・略歴

かわぐちかいじ、かわぐち・かいじ。日本の漫画家。広島県尾道市出身。明治大学文学部日本文学科卒業。明治大学漫画研究会に入会し漫画を描きはじめる。大学在学中の21歳のとき雑誌『ヤングコミック』で漫画家デビュー。10年近く売れない状況を経験したのち、麻雀漫画で頭角を現し始める。その後、『モーニング』や『ビックコミック』などの漫画雑誌で数々のヒット作を生み出した。『アクター』『沈黙の艦隊』『ジパング』でそれぞれ講談社漫画賞、『太陽の黙示録』で小学館漫画賞・文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞。

他の記事も読んでみる

佐藤東里

近頃、アジアの台頭が目覚ましく、先端品であっても、日本で開発してアジアで量産するというパターンが増えています。開発そのものがアジアに移っていくようであれば、それこそ日本のモノつくりはおしまいです。日本企業が日本を基盤にして生き残っていくためには、他に真似ができない技術や製品の開発が不可欠です。そのために経営者にできることは、発想が柔軟な人間を要所に配置することであると確信しています。


水野雅浩

歩き方を見ると、仕事ができる人かどうかわかる。私はニューヨークや香港で働いていた時、優秀なビジネスマンほど、大股で猛然と歩いていることに気付いた。大股歩きにより、「脳の血流がよくなる」からです。ふくらはぎは「第2の心臓」と言われますが、大股歩きでふくらはぎや太ももの筋肉を活発に動かすと、血液の巡りが良くなり、脳に新鮮な血液が行き渡ります。


内田和成

情報の収集と分析をデジタルに依存することの弊害は、たいした仕事をしていなくても「仕事をした気分」になってしまうことだ。誰もが知る情報を切り貼りし、最新のツールで体裁を整えても、内容に付加価値がなければ人の琴線には触れない。


守本正宏

アプライドマテリアルズにいた頃、全グループの中でも日本人はとても優秀だと感じました。私自身も熱心に勉強してこの分野では誰にも負けない自信がありました。ただ、どうしても日本人が弱いと思うのは、自分を主張しないことです。だから日本人は外資系企業のボードメンバー(取締役)になかなかなれません。


榊原定征

1926年、レーヨン製造会社としてスタートし、ナイロンの研究を始めて、戦前にナイロン繊維を自社生産しました。生物化学の名でバイオ研究を始めたのも当社が日本初です。絶えず技術のフロンティアに挑戦する。これが当社のDNAです。


羅怡文

社長就任当初、厳しい状況が続いていた。だが常に前を向いて経営にあたり、免税品の販売という競争力あるビジネスモデルを確立できた。


高橋淳(経営者)

肉がおいしいだけではまだ足りません。お客様の満足につながる要素のひとつにすぎません。店内の居心地にもこだわり、内装にもコストをかけました。お客様にゆっくりくつろいでいただけるよう、テーブルごとに壁や仕切りを設けて個室感覚を演出するようにしました。


南部靖之

創業当時、結婚などで会社を離れた多くの主婦の方が、自分のスキルを活かせる仕事がなくて困っていた。そんな悩みを見聞きして、自分に何ができるのかを考えて挑戦したのが、人材派遣の仕組みでした。私には先見力はありませんが、いろいろな人から話を聞いて、その声を吸収する力は、人一倍あるかもしれません。わからないことは率直に聞いて、教えてもらう。それは今も変わりません。


岡野雅行(岡野工業)

自動車を作るというのは大変なことだと思う。同じモノづくりでも、家電とは全く違う世界だ。なぜなら自動車は一度作り始めると、4年か5年は同じものを作り続けなければならないからね。試作して走らせて、問題点を改善していく作業には、ものすごい時間を要する。その余裕がなければ、自動車は作れないし、その実績のもとに、走る、止まる、曲がるという基本が蓄積される。そうでなきゃ100%安全な車は作れない。


飯田亮

人間は弱い存在。多少の成功で満足してしまい、パッション(情熱)を維持するのは難しい。どうすればいいかというと、あえて自分を厳しいところへ追い込むのです。


平本清

店舗責任者は、万が一クレームが発生したときに矢面に立つ係であって、その店で一番偉いわけではないのです。


日覺昭廣

日本の製造業で苦戦している企業を見ると現場での課題の追究が足りないのではないか、と感じることがあります。競合他社や市場環境に左右されている面は大きいと思いますが、課題が分からなければ対策を立てられません。答えはすべて現場にあるのです。