名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

かわぐちかいじの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

かわぐちかいじのプロフィール

かわぐちかいじ、かわぐち・かいじ。日本の漫画家。広島県尾道市出身。明治大学文学部日本文学科卒業。明治大学漫画研究会に入会し漫画を描きはじめる。大学在学中の21歳のとき雑誌『ヤングコミック』で漫画家デビュー。10年近く売れない状況を経験したのち、麻雀漫画で頭角を現し始める。その後、『モーニング』や『ビックコミック』などの漫画雑誌で数々のヒット作を生み出した。『アクター』『沈黙の艦隊』『ジパング』でそれぞれ講談社漫画賞、『太陽の黙示録』で小学館漫画賞・文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞。

かわぐちかいじの名言 一覧

こっちが楽しんで描いて、どこを楽しんでいるかを、読者は汲み取ってくれる。楽しんで描いていると、無駄ゴマがない。


いま描いているのを最高に面白い傑作にしたいなあと、思いながら描いているんです。


面白い仕事でよかったなという気がするね。すごく刺激的な場を与えてくれて。本当、よかったよね。
【覚え書き|漫画家の仕事について】


自分の手が魔法の杖みたいになりますから、自分の世界をつくれるっていうんですかね、それはとんでもなく面白いこと。


楽しんでいるか、楽しんでないかが結構気になるんだよ。このコマを描いていて「楽しんで自分は描いているのかな」っていうのがすごく気になる。


発見を一番楽しむっていうか、やっぱり一番興奮しますからね、わかったときが。わかると演出がもっと楽しくなるんですよ。


編集者との打ち合わせについては、僕は、何人かで餅をついて美味しくしていくように、最後まで何回も相談を重ねて漫画を練り上げます。もちろん、編集者にあんまりいろいろ言われたくない側面もあります。不備を指摘されたものの次にいいアイデアが出るとは限らない側面もある。でも、やはり漫画は読者が面白がるべきものだから、読者が一番楽しめるものをとなると、作者一人の欲望は越えなければならない。


作者は新人であってもキャリアを重ねていても、「いい意味では感情過多、悪い意味では独りよがり」で、自分の描いたものを冷静には見られないんです。「これはわかりにくいですね」と言ってもらって初めて思い込みから抜けられる。それほど当事者って見えないし、わからないんですよ。


連載なんて持ったら「必ず」追い詰められるでしょう?そうなれば、絵を描くことが本当に好きでなければ、どこかで耐えられなくなる。このことは、実際に相当きつい作業を追い詰められてやるという経験からしかわからないけれども、漫画の仕事を続けていくならば絶対に通らなければならない分岐点なのでしょう。苦しくても逃げないで「まぁ、好きだから仕方がないだろう」と踏みとどまって漫画を描く。週刊連載をしていれば、一週間のうち2日や3日は「食事と睡眠時間以外は仕事だけ行う」という生活が永遠と続いていく。だから、よほど好きでもなければね。この仕事を続けるために必要な資質は、単純にいうなら「それだけ」でしょう。


絵を描くことが好きなのか、それとも絵を描いている自分が好きなのか。そういう試金石になるような分岐点があるのです。後者はなかなかハードルを越えていけないのだけれど、前者は何よりもまず我慢ができて仕事を投げないから、いつしかそういうハードルを越えていける。絵を描いている自分が好きというだけでは、追い詰められたら絵を描くことがどうしても苦しくなるんです。しかも、苦痛に満ちた局面は、この仕事をしていたらいくらでもやってくるもの。だから、絵を心底好きでなければ、やってられないなぁと思って続けていけなくなるのでしょう。


連載漫画家に必要な資質は、おそらく「絵を描くのが好きである」ということでしょう。経験上、背景などを描いてくれるアシスタントのスタッフもそうなのですが、「何よりも絵を描くことが好きである」という人であるなら、次から次へと出てくる色々なハードルをクリアできるように感じています。


ずっと好きなものを描いてきたのでヒット作が出なかった時期も不遇だとは思っていませんでしたが、ひとつ大きかったのは双子の弟がいたことかな。金銭的・状況的に苦しいときでも漫画を描き続けていられたのは、「同じように漫画が好きだったのに、弟はひとりだけ漫画をやめてオヤジの跡を継いだ」ということに申し訳ないと思っていたからでしょう。仕事が軌道に乗らないうちは、弟に対して「負けた」ことになる。いつも、それは悔しいなぁ、負けたくないなぁと思って漫画を描いていました。


いま、漫画を描くのをやめて、一本も描かないとなったとき、すごく不安だよね。何のために生きているのかわからなくなるから。どこかで次の作品に生かそうという意識がある。


漫画を描きたいという若い人には「絵を描くことが好きなのか、絵を描いている自分が好きなのか、どっちか見極めた方がいいよ」って言うんだ。自分を追い詰めて、一日中絵を描き続けられると思ったら、たぶんそれは絵を描くことが好きな人で、絵を描いている自分が好きな人は無理だと。やっぱり絵が好きでありたいよね。


1ページ5コマとして、20ページ100コマ。それを2日ぐらいで描いちゃうんだけど、それが全部「お仕事」になってしまうと、すごくつらい仕事だよ。


キャラクターを突き詰めていくときに、考えるというよりも「声を聞いてあげる」という感じが一番近いかも。このキャラクターが何を一番言いたいのかなっていう。こっちができるだけ虚心坦懐になって聞いてあげる。


一番大事なのは「劇」なんですよ。どういうキャラクターが、どういう芝居をしていくかっていうことなんですよね。演出するのが楽しいんですよね、劇を。


かわぐちかいじの経歴・略歴

かわぐちかいじ、かわぐち・かいじ。日本の漫画家。広島県尾道市出身。明治大学文学部日本文学科卒業。明治大学漫画研究会に入会し漫画を描きはじめる。大学在学中の21歳のとき雑誌『ヤングコミック』で漫画家デビュー。10年近く売れない状況を経験したのち、麻雀漫画で頭角を現し始める。その後、『モーニング』や『ビックコミック』などの漫画雑誌で数々のヒット作を生み出した。『アクター』『沈黙の艦隊』『ジパング』でそれぞれ講談社漫画賞、『太陽の黙示録』で小学館漫画賞・文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞。

他の記事も読んでみる

石黒和義

一人の人間として「善く生きる」ことについて、この際、見つめ直すのはどうだろう。自分が産業人として現場でもって経験したこと、さらに読書でその体験を補うことによって、その周りを固めることぐらいはできる。読書には先人の肩に乗って遠くを見渡せる強みがあり、この永遠のテーマの輪郭だけでもおぼろげに掴めれば、それはそれで良しとすべきである。


橋本正徳

これから英語を話せるようになりたい人には、まずは中学英語の復習がおすすめです。参考書などを毎日少し読むだけでもいいと思います。私は、事業の海外展開を決めた時、当時たまたま中学生だった息子に教科書を借りて読みました。さらっと読んだだけでも基礎力を鍛え直すのに役立ちます。


山田満(経営者)

一番充実していたのはいつごろかと聞かれたときに、今現在であると即答できます。それは現状に満足せず、常に成長を考えているからだと思います。


井上高志

経営者としての表現スタイルは、会社の成長に合わせて変化してきました。創業当時は「素」に近い、エモーショナルな話し方をしていました。しかし従業員が30人を超えてからは、より正確な共通理解のために、データやフレームワークを使った論理的表現を心がけるようになりました。さらに規模が大きくなった今は、分析的データよりもさらに大きなビジョンを語る必要を感じ、再びエモーショナルな表現を取り入れつつあります。


桜井章一

不安の強い人は自分を守ろうとしていろいろなものを身につけ、自らを重くしてしまう。重い荷物を抱えている人に運は味方しない。


石坂泰三

自分は決して英雄だとは思わない。もし英雄だとすれば、君たちが英雄にしてくれたんだ。


古森重隆

当社では、イノベーションを追求することが、重要な企業活動方針になっている。既存の商品・サービスとほとんど違いがないようなものを世の中に出したら、不毛な価格競争に陥ってしまう。


柳井正

自分のお金で会社を経営して、100%自分でリスクをとってきたので、責任が自分以外の人間にあるとか、他の要因にあると思った瞬間、僕は自分に負けるような気になるんです。言い訳をせずに全部自分に責任があると割り切った方が気持ちがいいんです。だいいち、失敗を直視し、かつ客観的に原因を分析してこなければ、生き延びてこられなかったでしょう。


小野守男

毎朝社内を回っている。さまざまな情報がいっぱい入ってくるから。社員も声をかけてくれる。


佐藤洋治

今、非常に殺伐として夢がなくなっている社会になっていますから、どういうふうにこの世界が変わっていくか、今ちょうどターニングポイントというか、今までやってきたことの作り直しが必要になっているのだと思う。


上野金太郎

履歴書を持って設立間もないメルセデス・ベンツ日本の受付に行きました。完全な飛び込み就活です(笑)。たぶん、向こうもいきなり学生が履歴書持ってきたからびっくりしたんだと思いますが、翌日、二人の副社長が面接をしてくれて、「オレはいいと思うけど、どう?」「うん、いいんじゃないの?」という感じで、結局、わずか一週間で採用が決まってしまったのです。


西山昌彦

柔軟に対応する前に、相手は何を求めているのか、その目的は何なのか、どんな結果なら相手に最も満足してもらえるのか、そのために自分はどのようにすれば効果的なのか等、物事の本質を考えなければなりません。