かわぐちかいじの名言

かわぐちかいじのプロフィール

かわぐちかいじ、かわぐち・かいじ。日本の漫画家。広島県尾道市出身。明治大学文学部日本文学科卒業。明治大学漫画研究会に入会し漫画を描きはじめる。大学在学中の21歳のとき雑誌『ヤングコミック』で漫画家デビュー。10年近く売れない状況を経験したのち、麻雀漫画で頭角を現し始める。その後、『モーニング』や『ビックコミック』などの漫画雑誌で数々のヒット作を生み出した。『アクター』『沈黙の艦隊』『ジパング』でそれぞれ講談社漫画賞、『太陽の黙示録』で小学館漫画賞・文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞。

かわぐちかいじの名言 一覧

こっちが楽しんで描いて、どこを楽しんでいるかを、読者は汲み取ってくれる。楽しんで描いていると、無駄ゴマがない。


いま描いているのを最高に面白い傑作にしたいなあと、思いながら描いているんです。


面白い仕事でよかったなという気がするね。すごく刺激的な場を与えてくれて。本当、よかったよね。
【覚え書き|漫画家の仕事について】


自分の手が魔法の杖みたいになりますから、自分の世界をつくれるっていうんですかね、それはとんでもなく面白いこと。


楽しんでいるか、楽しんでないかが結構気になるんだよ。このコマを描いていて「楽しんで自分は描いているのかな」っていうのがすごく気になる。


発見を一番楽しむっていうか、やっぱり一番興奮しますからね、わかったときが。わかると演出がもっと楽しくなるんですよ。


編集者との打ち合わせについては、僕は、何人かで餅をついて美味しくしていくように、最後まで何回も相談を重ねて漫画を練り上げます。もちろん、編集者にあんまりいろいろ言われたくない側面もあります。不備を指摘されたものの次にいいアイデアが出るとは限らない側面もある。でも、やはり漫画は読者が面白がるべきものだから、読者が一番楽しめるものをとなると、作者一人の欲望は越えなければならない。


作者は新人であってもキャリアを重ねていても、「いい意味では感情過多、悪い意味では独りよがり」で、自分の描いたものを冷静には見られないんです。「これはわかりにくいですね」と言ってもらって初めて思い込みから抜けられる。それほど当事者って見えないし、わからないんですよ。


連載なんて持ったら「必ず」追い詰められるでしょう?そうなれば、絵を描くことが本当に好きでなければ、どこかで耐えられなくなる。このことは、実際に相当きつい作業を追い詰められてやるという経験からしかわからないけれども、漫画の仕事を続けていくならば絶対に通らなければならない分岐点なのでしょう。苦しくても逃げないで「まぁ、好きだから仕方がないだろう」と踏みとどまって漫画を描く。週刊連載をしていれば、一週間のうち2日や3日は「食事と睡眠時間以外は仕事だけ行う」という生活が永遠と続いていく。だから、よほど好きでもなければね。この仕事を続けるために必要な資質は、単純にいうなら「それだけ」でしょう。


絵を描くことが好きなのか、それとも絵を描いている自分が好きなのか。そういう試金石になるような分岐点があるのです。後者はなかなかハードルを越えていけないのだけれど、前者は何よりもまず我慢ができて仕事を投げないから、いつしかそういうハードルを越えていける。絵を描いている自分が好きというだけでは、追い詰められたら絵を描くことがどうしても苦しくなるんです。しかも、苦痛に満ちた局面は、この仕事をしていたらいくらでもやってくるもの。だから、絵を心底好きでなければ、やってられないなぁと思って続けていけなくなるのでしょう。


連載漫画家に必要な資質は、おそらく「絵を描くのが好きである」ということでしょう。経験上、背景などを描いてくれるアシスタントのスタッフもそうなのですが、「何よりも絵を描くことが好きである」という人であるなら、次から次へと出てくる色々なハードルをクリアできるように感じています。


ずっと好きなものを描いてきたのでヒット作が出なかった時期も不遇だとは思っていませんでしたが、ひとつ大きかったのは双子の弟がいたことかな。金銭的・状況的に苦しいときでも漫画を描き続けていられたのは、「同じように漫画が好きだったのに、弟はひとりだけ漫画をやめてオヤジの跡を継いだ」ということに申し訳ないと思っていたからでしょう。仕事が軌道に乗らないうちは、弟に対して「負けた」ことになる。いつも、それは悔しいなぁ、負けたくないなぁと思って漫画を描いていました。


いま、漫画を描くのをやめて、一本も描かないとなったとき、すごく不安だよね。何のために生きているのかわからなくなるから。どこかで次の作品に生かそうという意識がある。


漫画を描きたいという若い人には「絵を描くことが好きなのか、絵を描いている自分が好きなのか、どっちか見極めた方がいいよ」って言うんだ。自分を追い詰めて、一日中絵を描き続けられると思ったら、たぶんそれは絵を描くことが好きな人で、絵を描いている自分が好きな人は無理だと。やっぱり絵が好きでありたいよね。


1ページ5コマとして、20ページ100コマ。それを2日ぐらいで描いちゃうんだけど、それが全部「お仕事」になってしまうと、すごくつらい仕事だよ。


キャラクターを突き詰めていくときに、考えるというよりも「声を聞いてあげる」という感じが一番近いかも。このキャラクターが何を一番言いたいのかなっていう。こっちができるだけ虚心坦懐になって聞いてあげる。


一番大事なのは「劇」なんですよ。どういうキャラクターが、どういう芝居をしていくかっていうことなんですよね。演出するのが楽しいんですよね、劇を。


かわぐちかいじの経歴・略歴

かわぐちかいじ、かわぐち・かいじ。日本の漫画家。広島県尾道市出身。明治大学文学部日本文学科卒業。明治大学漫画研究会に入会し漫画を描きはじめる。大学在学中の21歳のとき雑誌『ヤングコミック』で漫画家デビュー。10年近く売れない状況を経験したのち、麻雀漫画で頭角を現し始める。その後、『モーニング』や『ビックコミック』などの漫画雑誌で数々のヒット作を生み出した。『アクター』『沈黙の艦隊』『ジパング』でそれぞれ講談社漫画賞、『太陽の黙示録』で小学館漫画賞・文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞。

他の記事も読んでみる

海野つなみ

人と人とは、完全にはわかりあえないのかな、と思っています。だから、相手に想像してもらうのではなく、きちんと気持ちを伝えあうのは大事なことではないでしょうか。


深野康彦

「コツコツ貯める」を成功させる最大の要因は、どんなときでも継続するという強い意志です。「余ったら」貯蓄するという考えでは、いつまで経っても貯まりません。ですから、収入がいくらであろうと、「最初に貯蓄分を除いて」残りを生活費にする、という原則を徹底することが肝心。


大村浩次

リーマンショック前の数年間で、不動産ファンドやREIT(不動産投資信託)事業などを拡大してしまいました。私の判断ミスです。本業である賃貸仲介や賃貸管理を深掘りし、入居者やオーナー様に、高いサービスを提供することだけに経営資源を使わなくてはならないのに、変な下心が生じました。いまは真摯に反省しています。


美崎栄一郎

アイデアを発酵させるためにもノートを活用しますが、ここでも図解やイラストを多用します。ひとつのベースとなるキーワードをノートの中心に書いて、そこから派生する言葉を書き続けていくのです。図解にすると、時間がたって読み返したときでも理解しやすいのです。


植村甲午郎

23年余の官僚生活と戦後の経団連を通じて私が痛感したのは、一億同胞の資質が優秀でしかも勤勉なこと、貯蓄性向が高いこと、自由経済性のもとで創意工夫と自由活発な活動ができること、この三本柱こそが明治以来日本経済を今日まで発展させた原動力であったということである。この三本柱が揺るがない限り、日本経済の前途は洋々たるものと信ずる。


山極寿一(山極壽一)

以前は、総長室という特別な部署があったのですが、私はそれを廃止しました。そして、執行部の7人の理事や部局長と対等に付き合い、割と距離を置いた体制をつくっています。大学のリーダーというのは、自分の理念を持ちながら、6千人以上の教職員の実力を発揮させなければなりません。私は、自分のことを「猛獣使い」と言っているのですが、猛獣である教職員に実力を発揮してもらうために、手綱をつくるのでもなく、餌を与えるのでもなく、みんながやりたいようにやれる環境をつくらねばならないのです。その時に、ある特定の部局なり、人を支援していたら、あいつはえこひいきすると思われてしまう。だから、そういう意味では、私は孤独なんです。でも、それをゴリラから学んだのです。背中で語らなきゃならないのです。


星野佳路

ハードの部分は、競合他社が真似することは可能です。しかし、我々の顧客が、定型サービス以外に何を望んでいるかは競合には分からない。例えばアンケートに「部屋のCDがもっと多ければよかった」と書いたお客さんが次に来られた時には、部屋にCDを多く用意しておく。そうした情報こそリピート率を高めるためにすごく重要なので、それを得るシステムに投資した方がいい。


鈴木貴子(経営者)

社長就任後に最も力を入れたのは、組織の方針や価値観を社内に浸透させること。それらを端的なキーワードに落とし込み、何度も繰り返し言い続けることを心がけています。


平井正修

禅の修行では、よく「徳を積め」と言われるが、この徳とは一般の社会で考えられている善行とはかなりニュアンスが異なる。禅的な徳とは、「○○のために」という要素をまったく含んでいない行いのことを指す。自由な心の持ち主は、人が見ているところでも、見ていないところでも、ただ、行うのみだ。電車のドアが開いてお年寄りが乗り込んできたら、パッと席を立つ。いい人だと思われたいから立つのではない。まして、席を譲ったのに礼を言わないなどといって憤慨することなど、ありえない。周囲の人からどう思われようと、感謝されようとされまいと、ただ、パッと席を立つのみである。それが禅的な徳であり、真に自由な境地なのである。


守屋洋

五分五分でも、現実には戦わざるを得ない場合もある。その際には、次の二つの前提が満たされなければならない。

  1. 始める前に、五分しかない勝算を六分、七分まで引き上げる。最善の努力を尽くす。
  2. 半分の確率で負ける可能性があるのだから、負けたらどうするのか、そのときの対策くらいは事前に用意してかからなければならない。

松田憲幸

社長の私が販売店を回ることで、社員だけではなかなか面談の機会がもらいにくい店長の方にもお会いできます。これも社長の仕事のひとつです。


見目信樹

このような見通しの利かない経営環境では、この先の10年後、20年後を見据えて、グループが進んでいく際の、依るべき羅針盤となる中長期的な計画、すなわち当社グループの「あるべき姿」と「ありたい姿」を実現するための経営計画が必要と考え、策定に着手したところです。


中村邦夫

経営とは合理性の追求だ。


ショーペンハウエル

犬がいないなら死んだほうがましだ。


荒井邦彦

初めてのオフィスはマンションの一室。当時は経済的に厳しかったので、家賃をシェアするため、同じく独立して別の仕事をしていた先輩の人と共同でこの一室を間借りしていました。しかし入居して驚いたのは、このマンションは当時でも築約30年という古い建物だったこともあって、床に穴が空いているところがあったり、冬場にゴキブリの死骸が転がっていたり、という酷いところだったのです。「これは大変なところに来てしまった」、というのが正直な気持ちでした。何とか早くここから抜け出さなくてはいけない、という思いで仕事をしていました。しかしそれが却って、頑張りの原動力になったのだと思います。


ページの先頭へ