名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

おかざき真里の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

おかざき真里のプロフィール

おかざき真里、おかざき・まり。日本の漫画家、イラストレーター。長野県出身。多摩美術大学卒業後、博報堂を経て『バスルーム寓話』で、少女漫画雑誌『ぶ~け』新人長編部門第1席を受賞し漫画家デビュー。『サプリ』がテレビドラマ化、『渋谷区円山町』が実写映画化された。

おかざき真里の名言 一覧

誰かと触れあうことで人は初めて他人との境界線を認識し、同時に自分の存在を確かなものとして実感できるのではないか。折に触れて重なり合う手を描いているのは、そんな思いがあるからかもしれません。


だめだったら次へ行こうと思える選択肢があるのって大事ですよね。それは仕事に限ったことではなくて、家族と一緒にいるのがちょっとしんどかったら友達、そうでなければ職場、というように人間関係も居場所を複数もつことはその人を救うことに繋がる気がします。


どんなに近づいても自分と他人が完全に混ざり合うことはないと思ってはいるけれど、境界線を溶かすことはできる。境界線はときに自分の限界を示すものかもしれないし、あるいは生と死の区別かもしれない。あらゆる境界線にとらわれず、しなやかに自由に人生を泳ぐこと。その象徴として魚を描くことも多いです。


(『阿・吽』の)1巻から2巻にかけては物語のほとんどが山中で展開していたので、だったら樹を描くことを極めてやろうと、一時期は葉っぱの写真ばかりを撮ってひたすら練習してました。葉っぱって、気温や湿度とかによって全然違う顔を見せてくれるので、挑戦しがいがありました。


(『阿・吽』は)チャレンジできる原作はないかと探していたところにいただいたお話だったんです。できることなら普段自分が描きがちなものからは遠い、広い視野をもった作品を手がけたいと思っていた私には渡りに船に見えてしまいました。


昔、熱帯魚を飼っていたんですけど、毎日餌をあげるたびに彼らは寄ってくるんですよ。だけどときどき、寄ってくることも食べることもしなくなる魚がいる。だいたいそういう魚から死んでいくんですよね。それを見て、ああ、食べられているうちは大丈夫なんだなあと思って。


単純に好きなんです。細かい絵をひたすら描いていくのが。暇さえあればオリジナルの文様やトーンを描いちゃうくらい(笑)。これまでの作品ではデザインバランスを崩しかねないからとセーブしていたものを、『阿・吽』ではむしろ世界観が色濃く出る気がして、思い切って解放してみました。おかげさまでものすごく楽しいです。


私が就職したのはマンガを描くという自分と向き合いながら孤独に作業していくしかない毎日に、きっと耐えられないだろうと思ったから。その経験をもとに『サプリ』を描いたし、副業という逃げ道をもつ大切さを知っているから『& -アンド-』を、結婚して子供を産んだから『ひねもす暦』というエッセイマンガも描けた。いまは結局、専業のマンガ家として作品を描き続けているけれど、「人生で何が助けになるかわからないな」という実感はあります。それに今の時代、ひとつの事だけをやって生きていくには人生長すぎますから。


実は二人(空海と最澄)に関してはっきりわかっていることは、それほど多くはなくて。それぞれのエピソードは布教用に整えられたものですし、来歴については、何年に大学へ入ったとか唐へ渡ったとか客観的な事実ばかり。どんな人物だったかを知るに至っては「書」、つまり手ずから書いた文字しか残されていません。でも、二人の書を比べてみるだけで案外、いろんなことがイメージできるんですよ。最澄は本当に美しくきっちりと書くのに対し、空海は自由自在にいろんな書体を使い分け、ときにオリジナルの書体さえ作り出していることもある。数少ない手がかりからも二人の性格が浮かんできて、そこから私なりに造型を深めていきました。


『サプリ』『& -アンド-』、どちらも長期間かけて、働くことや女性の生き方について描いてきましたが、どんなに角度を変えてみても当時の私が辿りつく先はけ結局同じだと気づいたんです。私は物語をクローズアップしながら描くタイプなので、どうしてもテーマをそのつど狭く深く掘っていくことになる。次も現代女性を主人公に描いて、また同じところに辿りついてしまったら、掘るもの自体がなくなってしまうんじゃないかと思ったんです。雨宮まみさん原作の『ずっと独身でいるつもり?』をコミカライズしたのは、テーマは似ているかもしれないけれど、私ではない方の眼差しが入った作品ならばアプローチを変えられると思ったから。


おかざき真里の経歴・略歴

おかざき真里、おかざき・まり。日本の漫画家、イラストレーター。長野県出身。多摩美術大学卒業後、博報堂を経て『バスルーム寓話』で、少女漫画雑誌『ぶ~け』新人長編部門第1席を受賞し漫画家デビュー。『サプリ』がテレビドラマ化、『渋谷区円山町』が実写映画化された。

他の記事も読んでみる

西野裕

社員の納得を得るには経営層、人事が一枚岩となって人員削減をする必要があります。面談では質疑応答のマニュアルをつくり、ロールプレーをして何を聞かれても同じように答えられるようにすること。部下を前にすると、上司も長く一緒に働いてきた人間を無下にはできないものです。社員も人によってさまざまな事情を抱えています。だからといって面談する上司が情に流されていては会社の再生はできません。


茂木健一郎

実は、勉強が苦手だった人のほうが、社長に向いているということもある。子供の頃から勉強ができる優等生だった人は、何でも自分でやる習慣が身についている。大学入試までのペーパーテストは、結局「個人競技」である。ひとりの人間として、どれくらいの点数がとれるかが問われる。一方、社長の役割は、自分が仕事をすることはもちろんだが、社員にいかに気持ちよく能力を発揮してもらうか心を砕くところにある。30人の社員がいる会社ならば、それぞれにいかに効率よく働いてもらうかがポイントになる。


浅野ヨシオ

モットーは軽やかに楽しく。「この人、面白そう」と思わせるのがコツ。基本的に機嫌がよくて明るい人のところに人は集まるものなんですよ。


加藤智治

私がアメフトから学んだことは目標を高く持つことが大切ということです。どういうことかというと、大学からアメフトを始めて、社会人になるとアサヒシルバースターでプレーし3年目に日本一になりました。決勝の相手は皆社員選手で練習場のグランドもしっかりとしたチームでしたが、シルバースターはアサヒビールの支援を受けてはいましたが、皆、別の仕事を持つ社会人の寄せ集めです。ですが、当時のキャプテンによってしっかりまとまっていたこともありますが、日本一になることを義務づけられたチームだったのです。だから、日本一になれた。一方、私の学生時代、東大が初めてプレーオフにまで進出したものの、関東大会準決勝で強豪の日本大学とぶつかり、結果は敗戦。その違いは、シルバースターでは「日本一」を義務付けられていましたが、東大の目標は「プレーオフ進出」だったのです。だから、目標を果たしたら安心してしまった。日本一は目標を高く持つ必要性を教えてくれたのです。


ブルース・ヘンダーソン

どんな組織でも、十分なプレッシャーがかかれば変化する。


井上直美(経営者)

事業の種は自分でも考えますし、みんなも巻き込んで考えました。例えば、50周年のときには大口株主様や一般のお客様に記念グッズを作ろうと企画した際、担当者が持ってきたのは今治のタオル。もちろん、温泉地ですからいいのですが、もっと50周年ならではのインパクトのあるものがいいのではないかと。そこで私から提案したのがフィギュア。担当者を秋葉原に行かせてきました(笑)。そして担当者に日本で最もフィギュアを作っているのは海洋堂さんだと教えると、交渉してフラガールのフィギュアを作っていただいたんです。これが好評でした。


永持孝之進

不運に見舞われても努力し続ける経営者は運を呼び込む。誰も助けてはくれない。己の日々の努力だけが頼り。


尾山基

外部から登用する人の場合なら、いかにアシックスの社内文化や業務プロセスに合うかがポイントです。その人が転職前からやっている仕事にマッチすれば、フィットしやすい。だから専門性の高い仕事、すなわち法務、IT、人事などに強い人を採ってきた。でも、経営はその上ですから、得意、不得意が出てくるはずです。社内外を問わず、CEOになる人はそれらを全部理解しなければ、本当の経営者になれません。


遊川和彦

なぜストレッチとかダンベルをやるかというと、その間はパソコンからも離れる。つまり、自分の仕事から離れるわけですよ。だんだんダンベルがきつくなってきて、肉体のことしか考えなくなってくると、嫌なことも忘れる。ああつらい、あと10回で終わりだとか。そうやって汗をかいて、はーっと風呂に入って、「離れる」というのが大事なんです。


間塚道義

スーパーコンピュータはIT技術の集大成。「京」で世界一を目指すことは、ベテラン技術者の力を結集させ、若い技術者を飛躍的に伸ばすはずという信念で取り組みました。


西田文郎

否定的な脳になって苦しんでいる人でも、簡単に変えることができます。それは脳と心のスイッチを切り替えることで可能です。パソコンでいえば、否定的なソフトを肯定的なソフトに入れ替えればいいのです。感情脳が人を動かすことがわかってきました。感情脳が快の状態になれば肯定的な思考ができるようになります。そのためには「言葉」「イメージ」「ボディランゲージ」の3つを変えることが有効です。


桜井章一

一生懸命、「頑張って努力する」のは良くないな。だいたい、「力」というのはウソっぽいんだよ。力なしでやるのが一番いい。勝負する時も、ちょっと体調が優れないぐらいの方が勝てるものだ。体調がいいと、どうしても力みが入ってしまって、だんだん崩れていく。風邪を引いたりして少し調子が悪いと、いい具合に力が抜ける。