名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

うえやまとちの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

うえやまとちのプロフィール

うえやまとち、うえやま・とち。日本の漫画家。代表作は『クッキングパパ』。福岡県出身。大分県立芸術短期大学卒業。少年画報社『週刊少年キング冬の増刊号』で漫画家デビュー。主な受賞に手塚賞佳作入選、ビッグコミックスピリッツ新人コミック大賞入賞、ちばてつや賞一般部門準入選。そのほかアフタヌーン四季賞の審査員などを務めた。出身地の福岡県で執筆活動を続けた。『クッキングパパ』は掲載1000回を超える長期連載になっており、アニメ化もされた。

うえやまとちの名言 一覧

開き直って、あるジャンルの中で「うわぁ、これ以上のものはないよな」と思わせるところまで徹底的にやるってのがいいんじゃないでしょうか。


個性って、本人にはなかなかわからないものです。僕も『クッキングパパ』以前は、打ち合わせで過激だったりエッチだったりする絵も見せていたけれど、そういう設定案の裏側にチョッチョッと落書きをしていた「子供をおんぶして掃除機をかける自分」みたいな絵を編集者に見つけられて、「こっちじゃないですか?家庭的なほうが似合うと思いますよ」と言われたんです。


うんと若いころには、面白いものさえ描ければ売れなくたって構わないとも思っていたけど、そのうちに、そもそも面白い漫画を描き続ける時間を確保するためには、まずは売れて生活を安定させなければならないとわかりました。そのあたりからなんじゃないかな、わかりやすく読んでもらうという大前提に力を入れ始めたのは。


福岡という地方にいながら、週刊連載という漫画の檜舞台で描き続けるには、よほど、東京で描かれる主流の漫画とは違う持ち味で勝負しなければならなかったんです。敵とバトルをしない、大きな事件を起こさない、というほのぼの味で漫画を描いたのは、主流の漫画と違う、ここにしかないものを求め続けての結果でもあるのかもしれません。


僕の持ち味は「ほのぼの」です。だから、太い線でスッと読める絵柄については、「あまり入れ込んで劇画調にならないように」と心がけています。スタッフにも、「読者の目を止めてしまうような背景は邪魔なので、描き込まないほどいい、というぐらいでね」と伝えています。料理の絵をリアルに見せますからね、それ以外ではとにかくシンプルな絵に、という。


僕にとって、ネームの構成を考えるときのポイントは、リズムです。だから構成案をつくるときには、何回も何回も読み直しては、顔もセリフもコマ割りも、何もかもをよりシンプルに直していきます。枠線も、わかりやすいように、ごくごく単純に引きます。あまり斜めにしたりはしません。


料理のネタに詰まると、ネットなんかで軽く下調べをしてあたりをつけて、ポンと遠くに取材に行っちゃいます。数日前も鹿児島に出かけていました。「前回に鹿児島まで出かけたときに食べられなかったあれは、もうお店でもあんまり出されていないのか。それなら、現地で聞き込みをしてみよう」なんて、連載1000回を超えてからあらかたのレシピを描き尽してしまってからのネタ探しというのは、ほとんど探偵みたいなときもあります。


うえやまとちの経歴・略歴

うえやまとち、うえやま・とち。日本の漫画家。代表作は『クッキングパパ』。福岡県出身。大分県立芸術短期大学卒業。少年画報社『週刊少年キング冬の増刊号』で漫画家デビュー。主な受賞に手塚賞佳作入選、ビッグコミックスピリッツ新人コミック大賞入賞、ちばてつや賞一般部門準入選。そのほかアフタヌーン四季賞の審査員などを務めた。出身地の福岡県で執筆活動を続けた。『クッキングパパ』は掲載1000回を超える長期連載になっており、アニメ化もされた。

他の記事も読んでみる

ジェイ・エイブラハム

自分のクライアントのことをリスペクト(尊重)して真摯に理解すること。クライアントの人生がどうすれば最高のものになるかを予見してあげること。自分たちがクライアントの理想の実現に貢献できたら、クライアントは自分たちのファンになってくれるはずです。


岡野博一

ブランドとは、憧れから来ます。昔は皆、西洋に憧れていましたから、向こうの商品はブランドになりやすかった。しかし、これからは東洋の時代ですから、東洋のブラントが台頭してくるでしょう。私たちの作るブランドも、ここに入っていくのが夢です。


三田紀房

投資というと金儲けだけに注目されすぎる。もちろん、資産形成も大きな目的ですが、株でも土地でも投資をすると、何より経済や歴史を学べるんです。また、世界中の名投資家たちが、引き際の大切さを名言として残すことを知ると、いかに損切りが難しいかという人間心理が怖いほどわかる。そんな知識と大局観のようなものが投資で身につく。それは仕事や人生そのものを潤す力になる。


中村維夫

会社を面白くするためだけの施策はありません。まず、仕事を通じて自然に面白く感じることが大事だと思うのです。私たちの仕事には新しいものがいっぱい転がっているから、いろんなことができます。仕事が生きがい、やりがいにつながるといいと思います。


川島永嗣

自分なりのこだわりを持って妥協のないビジョンを描き、一歩一歩着実にステップを踏んでいきたい。そのためには、思考をシンプルにして、自分を見つめ直す時間がやっぱり重要。


植木義晴

リーダーの中には、部下を叱ったり、危機感をあおってやる気を引き出そうとする人もいますが、私は「自分たちはどんな会社を目指すのか」という夢や理想を社員全員で再確認し、そこに向かって一丸となって進んでいきたい。そのほうが社員の士気は高まると信じているからです。


坂本光司

福利厚生制度についていえば、できることから順番にやっていけばいい。周りの会社と比べる必要もありません。まずは社員とその家族が最も必要としていることは何か。それをしっかり見極めることが第一歩です。


榎本博明

忖度しすぎる人は相手がそこまで望んではいないことまで深読みして勝手な判断でやってしまいます。「手柄を立てて認められたい」という承認欲求が強かったり、出世欲の強い戦略的な人だったりするからです。「忖度」とは相手のことを思いやる気持ちから生まれるものですが、忖度しすぎる人の思考は、「上司のために自分が一肌脱いだ。そんな自分は評価されるだろう」と、自分中心の考え方に陥っているのです。


尾畠春夫

日本で原油が出るって知っていますか。新潟です。新潟で出るんです。でも少ししか出ない。とても足りない。日本は物がない国。だけど「物がないからできない」じゃない。物がないなら知恵を使うのです。


藤原秀次郎

人には良いところもあれば、悪いところもあるでしょう。しかし、悪いところを見てもキリが無いので、良いところを見てその人に最適な部署を見つけていく。それが上司の仕事。


安川英昭

経営者として心がけたことは、他社がやらない技術と製品を、他社より早く手がけさせ、他社よりも早く結果を出させることでした。開発に必要な装置はすべて買い与えました。現場から要求がなくても、必要な装置は私自ら提案しました。


常見陽平

リクルート時代、売上を伸ばそうと同業界だけでなく他業界の営業担当がどんな工夫をしているか、いつも気にかけていました。本や資料に目を通すのはもちろん、セミナーにも多数参加しました。そうやって得た知識をもとに、顧客相手に無料のセミナーを実施しました。自らプレゼンテーター役を務めながら、「どんな内容だったらお客が集まるのか」「どんなことに反応してくれるか」を実験していたのです。そのやり方を内部で共有したら、皆の売上がグンと伸びたのです。