名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

うえやまとちの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

うえやまとちのプロフィール

うえやまとち、うえやま・とち。日本の漫画家。代表作は『クッキングパパ』。福岡県出身。大分県立芸術短期大学卒業。少年画報社『週刊少年キング冬の増刊号』で漫画家デビュー。主な受賞に手塚賞佳作入選、ビッグコミックスピリッツ新人コミック大賞入賞、ちばてつや賞一般部門準入選。そのほかアフタヌーン四季賞の審査員などを務めた。出身地の福岡県で執筆活動を続けた。『クッキングパパ』は掲載1000回を超える長期連載になっており、アニメ化もされた。

うえやまとちの名言 一覧

開き直って、あるジャンルの中で「うわぁ、これ以上のものはないよな」と思わせるところまで徹底的にやるってのがいいんじゃないでしょうか。


個性って、本人にはなかなかわからないものです。僕も『クッキングパパ』以前は、打ち合わせで過激だったりエッチだったりする絵も見せていたけれど、そういう設定案の裏側にチョッチョッと落書きをしていた「子供をおんぶして掃除機をかける自分」みたいな絵を編集者に見つけられて、「こっちじゃないですか?家庭的なほうが似合うと思いますよ」と言われたんです。


うんと若いころには、面白いものさえ描ければ売れなくたって構わないとも思っていたけど、そのうちに、そもそも面白い漫画を描き続ける時間を確保するためには、まずは売れて生活を安定させなければならないとわかりました。そのあたりからなんじゃないかな、わかりやすく読んでもらうという大前提に力を入れ始めたのは。


福岡という地方にいながら、週刊連載という漫画の檜舞台で描き続けるには、よほど、東京で描かれる主流の漫画とは違う持ち味で勝負しなければならなかったんです。敵とバトルをしない、大きな事件を起こさない、というほのぼの味で漫画を描いたのは、主流の漫画と違う、ここにしかないものを求め続けての結果でもあるのかもしれません。


僕の持ち味は「ほのぼの」です。だから、太い線でスッと読める絵柄については、「あまり入れ込んで劇画調にならないように」と心がけています。スタッフにも、「読者の目を止めてしまうような背景は邪魔なので、描き込まないほどいい、というぐらいでね」と伝えています。料理の絵をリアルに見せますからね、それ以外ではとにかくシンプルな絵に、という。


僕にとって、ネームの構成を考えるときのポイントは、リズムです。だから構成案をつくるときには、何回も何回も読み直しては、顔もセリフもコマ割りも、何もかもをよりシンプルに直していきます。枠線も、わかりやすいように、ごくごく単純に引きます。あまり斜めにしたりはしません。


料理のネタに詰まると、ネットなんかで軽く下調べをしてあたりをつけて、ポンと遠くに取材に行っちゃいます。数日前も鹿児島に出かけていました。「前回に鹿児島まで出かけたときに食べられなかったあれは、もうお店でもあんまり出されていないのか。それなら、現地で聞き込みをしてみよう」なんて、連載1000回を超えてからあらかたのレシピを描き尽してしまってからのネタ探しというのは、ほとんど探偵みたいなときもあります。


うえやまとちの経歴・略歴

うえやまとち、うえやま・とち。日本の漫画家。代表作は『クッキングパパ』。福岡県出身。大分県立芸術短期大学卒業。少年画報社『週刊少年キング冬の増刊号』で漫画家デビュー。主な受賞に手塚賞佳作入選、ビッグコミックスピリッツ新人コミック大賞入賞、ちばてつや賞一般部門準入選。そのほかアフタヌーン四季賞の審査員などを務めた。出身地の福岡県で執筆活動を続けた。『クッキングパパ』は掲載1000回を超える長期連載になっており、アニメ化もされた。

他の記事も読んでみる

岡崎慎司

これまで「上手い人はいっぱいいる」と思ったけど、「超えられない」と諦めたことはない。元々、這い上がりたい気持ちは人より強いし、あんまり出番がなくても「自分が下手やからや。もっと上手くなっていかなあかん」と切り替えられる。その早さが強みかもしれないですね。


陰山孔貴

私は授業以外のときはなるべく外に出て、経営者など現場の方々の話を聞くようにしています。最新の情報を得るためではあるのですが、健康維持にひと役買っているかもしれません。


南壮一郎

三木谷(浩史・楽天創業者)さんに教えてもらったのは、「ビジネスに大義名分があるか」ということでした。この事業があれば多くの人の役に立てる。社会の問題を解決できる。そういうビジネスでないかぎり発展しないと。


國分利治

25歳のとき、下町の店舗の再生に失敗したんです。「オレが立て直してやる」なんて意気込みだったのに、まったく上向かない。ガムシャラにやるだけでは失敗する。そこから学び、目標設定を明確にした。「20店舗で年収2000万円」と目標を掲げたんです。数値を入れた目標によって、自ずとやるべきことも明確になりました。


俣野成敏

社内ベンチャーを立ち上げたとき、起業家ですから、社内にオフィスを間借りするための家賃交渉もしなければいけない。今まで一方的に決められていた給与も、自分で自分を査定し交渉する。こうした、「分析」「決断」の繰り返しが、ただのサラリーマンだった僕を鍛えてくれました。親会社の決裁を待たずに独断で「ここぞ」という出店の話を決めてきた時は、さすがに大目玉を食らいましたがね(笑)。こうして普通のサラリーマンではできない経験を重ねる度に、目の前の視野が開けていきました。判断を会社に任せ、言われた仕事をこなす以上に成長していることを実感したのです。


鈴鹿可奈子

nikinikiでは、私自身が本当に好きだと思うものをつくっているにすぎません。心がけているのは、自分の価値観から離れて、お客様受けを狙うようなことは絶対にしないということ。そういった考えは結構伝わるんですよね。


荒川静香

今までの生活をどう変化させれば、クオリティーの高い仕事ができるのかを考え、その時の自身の状態に適応できるような変化する力が必要だと思っています。


西加奈子

私はすぐ揺らぐんですよ。人にどう思われてるだろうとか、正しいのかとか。そういうときは誰かに相談させてもらって、ものすごい力をもらう。


梅原誠

入社8年目、営業部門へ異動になりました。配属された時は上司を恨みましたよ。「技術者で入社したはずなのに、なぜオレが?」と憤った。しかし、これも商社勤務の義兄に話すと、「むしろ取引先や社会を知るチャンスだよ」と言われて、踏みとどまった。


鈴木徹哉(経営者)

紙の手帳は、何より頭の整理ができるのがいい。「管理」というよりも、予定をどう作っていくかという「作り出す」ことに向いています。予定を作るということは、「仕事を作っていく」ということですから、やはり紙の手帳は手放せません。


井上高志

「働く」ことを通じて社会の役に立っていることが実感できれば「僕のやっていることが、こんなに喜ばれている。もっと頑張ろう」となる。自分の存在が認められている人は幸せです。幸せな人には金銭的なものが後からついてきます。


船ヶ山哲

新しい広告の取り組みを行なう際は、今までの常識を一度、脳から追い出し、フラットな状態で顧客開拓を行なってください。そうすることで、今までとは違った顧客層を開拓することができ、新たな収益の柱ができる可能性が生まれます。