うえやまとちの名言

うえやまとちのプロフィール

うえやまとち、うえやま・とち。日本の漫画家。代表作は『クッキングパパ』。福岡県出身。大分県立芸術短期大学卒業。少年画報社『週刊少年キング冬の増刊号』で漫画家デビュー。主な受賞に手塚賞佳作入選、ビッグコミックスピリッツ新人コミック大賞入賞、ちばてつや賞一般部門準入選。そのほかアフタヌーン四季賞の審査員などを務めた。出身地の福岡県で執筆活動を続けた。『クッキングパパ』は掲載1000回を超える長期連載になっており、アニメ化もされた。

うえやまとちの名言 一覧

開き直って、あるジャンルの中で「うわぁ、これ以上のものはないよな」と思わせるところまで徹底的にやるってのがいいんじゃないでしょうか。


個性って、本人にはなかなかわからないものです。僕も『クッキングパパ』以前は、打ち合わせで過激だったりエッチだったりする絵も見せていたけれど、そういう設定案の裏側にチョッチョッと落書きをしていた「子供をおんぶして掃除機をかける自分」みたいな絵を編集者に見つけられて、「こっちじゃないですか?家庭的なほうが似合うと思いますよ」と言われたんです。


うんと若いころには、面白いものさえ描ければ売れなくたって構わないとも思っていたけど、そのうちに、そもそも面白い漫画を描き続ける時間を確保するためには、まずは売れて生活を安定させなければならないとわかりました。そのあたりからなんじゃないかな、わかりやすく読んでもらうという大前提に力を入れ始めたのは。


福岡という地方にいながら、週刊連載という漫画の檜舞台で描き続けるには、よほど、東京で描かれる主流の漫画とは違う持ち味で勝負しなければならなかったんです。敵とバトルをしない、大きな事件を起こさない、というほのぼの味で漫画を描いたのは、主流の漫画と違う、ここにしかないものを求め続けての結果でもあるのかもしれません。


僕の持ち味は「ほのぼの」です。だから、太い線でスッと読める絵柄については、「あまり入れ込んで劇画調にならないように」と心がけています。スタッフにも、「読者の目を止めてしまうような背景は邪魔なので、描き込まないほどいい、というぐらいでね」と伝えています。料理の絵をリアルに見せますからね、それ以外ではとにかくシンプルな絵に、という。


僕にとって、ネームの構成を考えるときのポイントは、リズムです。だから構成案をつくるときには、何回も何回も読み直しては、顔もセリフもコマ割りも、何もかもをよりシンプルに直していきます。枠線も、わかりやすいように、ごくごく単純に引きます。あまり斜めにしたりはしません。


料理のネタに詰まると、ネットなんかで軽く下調べをしてあたりをつけて、ポンと遠くに取材に行っちゃいます。数日前も鹿児島に出かけていました。「前回に鹿児島まで出かけたときに食べられなかったあれは、もうお店でもあんまり出されていないのか。それなら、現地で聞き込みをしてみよう」なんて、連載1000回を超えてからあらかたのレシピを描き尽してしまってからのネタ探しというのは、ほとんど探偵みたいなときもあります。


うえやまとちの経歴・略歴

うえやまとち、うえやま・とち。日本の漫画家。代表作は『クッキングパパ』。福岡県出身。大分県立芸術短期大学卒業。少年画報社『週刊少年キング冬の増刊号』で漫画家デビュー。主な受賞に手塚賞佳作入選、ビッグコミックスピリッツ新人コミック大賞入賞、ちばてつや賞一般部門準入選。そのほかアフタヌーン四季賞の審査員などを務めた。出身地の福岡県で執筆活動を続けた。『クッキングパパ』は掲載1000回を超える長期連載になっており、アニメ化もされた。

他の記事も読んでみる

西川りゅうじん

これから話題になりそうなマイナーなものを見つける。インパクトがあり、周りに話したくなり、口コミに乗りやすい。


大西洋

私としては新規事業をどんどんやっていきたいのに、残念ながら丸ごと任せられる社員がいない。ウェブを作ろうと思っても誰も作れないので外部からプロを採用しましたし、スーパーも利益が出ないので中身をチェックしてみたら、やはりプロがいないことが問題だとわかって外部から採用しました。


田原総一朗

仕事でも人生でも、先が読めないからこそ本気になれる。


ニーチェ

私は自分がショーペンハウアーを正しく理解したなどとは思わない。そうではなく、ショーペンハウアーを通して自分自身を少しばかりよりよく理解することを学んだに過ぎない。私が彼に最高に感謝するのはそのためだ。


吉越浩一郎

ドラッカーが言うには、レイヤー(層)がひとつ増えるごとに、上に上がる有益な情報は半減し、雑音は倍増するそうだ。下からのボトムアップを行おうとすると、レイヤーごとに都合の悪い情報は消されてしまい、むしろ上に気に入られようとする雑音のような情報だけが増えてしまう。だから経営者は現場に入り、生の情報を直接入手すべきである。


西岡喬

自分一人が売ったところで、何の意味もないと思ってしまっては駄目です。社員全員が売ろうという気持ちで一丸になれば、目標をしっかりと達成することができるのです。


唐池恒二

組織はお役所的になりがちだからこそ、異端を尊ぶことに意味がある。そして果敢に挑戦した人をほめる。そうすると、放っておいても「みずからつくる」という社風が出来上がる。


織畠潤一

会議室で役職者とだけ話していても、やっぱり市場のことはわかりませんから。現場の声が吸い上げられるような機会を、できるだけ作るようにしています。


庵野秀明

僕への悪口はいいのですが、スタッフやキャストへの悪口はやめて欲しいです。作品の責任は監督にあるし、悪口を言われるのは監督の仕事ですから、文句があるなら僕にぶつけて欲しいです。


青田嘉光

丹青社では、新入社員研修の一環として、職種に関わらず全員に課題制作に取り組ませます。与えられたテーマの元、限られた予算と納期でモノを創り上げる経験を全員にさせています。これによりお互いの仕事に対する理解が深まり、職種や専門性、経験を超えて多様な知恵を結びつけ、新たな価値を生み出していく大切さを知ることができるというわけです。


茂木克祐

幼い頃から家業である会社を間近で見てきましたので、何となく将来は継ぐのかなあ、とぼんやり思っていました。そんな私の気持ちに大きな変化が現れたのが父の大病でした。父は私が中学生くらいの頃から心臓病を患っていて、病院通いをしていました。ある日、父が会社から帰ってくると吐血して血だらけなのです。すぐに病院へ搬送され、大手術をして、結局、半年間くらい入院。そこから父は無理のきかない身体になってしまいました。子供の頃から父の靴磨きやシャツのアイロンがけくらいは当たり前のようにしていましたが、本当の意味で父を支えるには、次は私が頑張るしかない。家業として父を助けなければと。自分が努力して会社を成長させるんだ、と真剣に考えるようになったのです。


安岡正篤

古い友人を持っておる者ほど本物だが、たえず新しい友人を漁(あさ)って歩く者は、それが順境にある者ほど偽者だ。


坂之上洋子

いまは社会全体を良くしようという「公」の精神を持つ人たちと時間を過ごしたいとはっきりと意識しています。それが私にとって一番わくわくして楽しく、また人の役に立つ取り組みができるかもしれないと考えるだけで、自分が幸せな気持ちになれるからです。


和田秀樹

チャンスがないと嘆く人が多いけど、機会は何年かに1度は訪れるものです。でも、準備をしてなければせっかくのチャンスに対応できない。


田中邦彦

経営者としてこれまで一番苦労したのは、カネとヒトです。幸いカネの方は、10年ほど前に株式公開をしてからは資金調達の面であまり悩まないようになりましたが、ヒトについてはまだまだ満足していません。


ページの先頭へ