名言DB

9413 人 / 110706 名言

いとう伸の名言

twitter Facebook はてブ

いとう伸のプロフィール

いとう伸、いとう・しん。日本の営業コンサルタント。三重県出身。高校卒業後、コーセー化粧品販売に勤務し、化粧品小売店のルート営業を担当。トップセールスとなり同社の新規開拓で6年連続営業コンテストに入賞、また優秀セールスマン賞連続受賞。その後独立し、実演販売業界に入る。ヒット商品を数々開発し総額50億円を超える売上を達成。その後、営業コンサルティング会社を設立。自身のセールス法について教えた。著書に『一夜漬け伝わる!プレゼン』『営業はつかみ1秒、あと楽勝』『10秒営業術』『夢のツカミ方』。武蔵野学院大学大学院国際コミュニケーション研究科国際コミュニケーション専攻修士課程修了。武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部客員教授なども務めた。

いとう伸の名言 一覧

とくに初対面では先方の素性もわからないし、予期せぬ自体が起こることもあります。「もう一度チャンスを!」なんてやり直しもききません。だから、訪問の直前まで準備を怠らない心がけも必要。


営業で大切なのは、いかに「相手のテンションを知り」、「注意を自分に向けさせ」、「心を開いてもらうか」。コツを押さえてしまえば、何も難しいことはありません。


自分の心のありようで、相手があなたに抱く印象も大きく変わります。商談での第一印象で相手に好かれない人は、まず自分の商品や仕事、そして自分自身を承認できているか、いま一度チェックしてみてください。それらをポジティブに捉えられるようになったら、1秒で相手の心をつかむことも決して不可能ではなくなるのです。


商談に自然体で臨めば、「売りたい」というオーラも出なくなります。実はこの売り込みオーラが、第一印象でお客様の心を遠ざけてしまう一番の原因です。「売りたい」という気持ちは営業マン側の都合に過ぎず、それを押し付けてもお客様に受け入れてもらえるわけがありません。頭ではそれを理解していても、訪問前にネクタイをギュッと締め直し、気合を入れる営業マンは多いはずです。気合を入れ過ぎると、売り込みオーラが出て、つかみで失敗するので、くれぐれも注意してください。


商談の最初のつかみで成功したら、次の3分で相手の欲求を探りながら、事前に用意してきたシナリオを修正します。心構えとしては、「天使のように微笑み、刑事のように探る」です。にこやかに話しながらも相手の反応を読み取り、最初のシナリオとは違う部分に相手が興味を示したら、臨機応変に対応していきます。ここでも、相手の欲求を先回りして共感する力と、それに対応できるシナリオをきちんと準備できているかという点が重要になります。


私も高級化粧品の営業をやっていたときに、「他社製品と成分は同じなのに、なぜうちだけ高いのだ」と悩んだ時期がありました。でも、よくよく考えてみると、その会社のブランドは他社に真似できない部分であり、そこに惹かれて買ってくださるお客様も大勢いました。そのことに気づいてから、急にお客様の反応がよくなり、成績もぐんぐん伸びました。自分の心のありようで、相手があなたに抱く印象も大きく変わります。


商談の「つかみ」で大切なのは、事前準備です。相手の欲求を想像して入念にシナリオをつくり、それに沿って第一声を発するからこそ、最初にがっちり心をつかむことができます。相手が不特定多数でもターゲット層についてきちんと調査しておくべきだし、相手がわかっている場合ならなおさらです。「つかみ」の演出は営業に行く前から始まっていることを肝に銘じましょう。


初対面で好かれる営業マンは、最初の10秒でお客様の心をつかみます。そこで重要になってくるのが第一声です。第一声に必要なのは相手への共感です。つまり先回りして相手の気持ちを察し、「あなたの気持ちは理解できていますよ」「こんな欲求があるのですね」ということを伝えれば、相手もまたこちらに共感してくれるのです。


トップ営業マンは、言葉を発する前の気配で、相手の懐に入り込むものです。


初対面の人と会うとき肩の力を抜くには、浅い呼吸が効果的です。あまり息を吸い込まず、長めのリズムで静かに呼吸をすると、脳からセロトニンという鎮静物質が分泌されて、自然にリラックスした気持ちになります。緊張をほぐすために深呼吸をする人もいますが、逆効果なので要注意です。


第一印象で失敗する人にまず心がけてもらいたいのは、肩の力を抜くことです。自分の緊張は相手にも必ず伝わります。相手はただでさえ初対面の人間に会って緊張しているのですから、そこにさらに営業マンが緊張を持ち込めば、緊張感が鏡の反射のようにどんどん増幅されて、場の空気が重たくなるだけです。「この人と話すと何か疲れる」という印象を相手に与えてしまい、商談も上手くいかなくなります。


「つかみ」の重要性は、一般的な営業でも同じです。最初にお客様に嫌われてしまったら、その後どんなに時間をかけても挽回するのは困難です。ただ逆にいえば、つかみでお客様の心を開くことができれば、成約できたも同然。第一印象次第で、売れない営業マンもどんどん売れるようになります。


どうすれば第一印象でお客様に好かれることができるのか。それは営業マンにとっての大きな悩みのひとつでしょう。私は飛び込みで法人を訪問し、その社員の方々に浄水器や超音波美顔器などを売る実演販売をやってきました。私に与えられる時間は、わずか15分。時間をかけて説得したり、何度も足を運んで信頼関係を築いたりという手法が通用しないので、第一印象がすべてでした。最初にお客様の心をつかめるかどうかで結果が決まります。


緊張したときは「目をぎゅっと強くつぶる、そしてパッと開く」。これを繰り返してみてください。リラックスできますよ。目の周りの筋肉と脳は繋がっているので、血流を良くすることでラクになります。おまけに表情筋も緩んで、こわばった顔が柔らかくなります。


私は体が勝手に動くレベルになるまで、繰り返し練習します。緊張すれば短い言葉でも噛みますからね。さらに、その場でどんなアクシデントが起こるかもわかりません。だから、練習中に同僚にケータイを鳴らしてもらうなんてこともします。そこでスムーズに「すみません。失礼いたしました」と着信音を止めて、また笑顔で話を続けられるようにするためです。ここまで準備しておけば、どんな場面に遭遇しても問題なく処理できます。


いとう伸の経歴・略歴

いとう伸、いとう・しん。日本の営業コンサルタント。三重県出身。高校卒業後、コーセー化粧品販売に勤務し、化粧品小売店のルート営業を担当。トップセールスとなり同社の新規開拓で6年連続営業コンテストに入賞、また優秀セールスマン賞連続受賞。その後独立し、実演販売業界に入る。ヒット商品を数々開発し総額50億円を超える売上を達成。その後、営業コンサルティング会社を設立。自身のセールス法について教えた。著書に『一夜漬け伝わる!プレゼン』『営業はつかみ1秒、あと楽勝』『10秒営業術』『夢のツカミ方』。武蔵野学院大学大学院国際コミュニケーション研究科国際コミュニケーション専攻修士課程修了。武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部客員教授なども務めた。

他の記事も読んでみる

松下幸之助

憂事(ゆうじ)に直面しても、これを恐れてはならない。尻込みしてはならない。「心配またよし」である。心配や憂いは新しくものを考え出す一つの転機ではないか、そう思い直して、正々堂々とこれと取り組む。力をしぼる。知恵をしぼる。するとそこから必ず、思いもかけぬ新しいものが生み出されてくるのである。新しい道がひらけてくるのである。まことに不思議なことだが、この不思議さがあればこそ、人の世の味わいは限りもなく深いといえよう。


井阪隆一

アグレッシブで明るく、挫けず挑戦し続ける人を評価します。一度ダメでも、そこで歩みを止めずにチャレンジする人は、組織にとって非常に大事。リーダーになる人は、そんな人です。


神田昌典

「真面目に働く」というのと、「儲かる」ことは、相関関係は無い。残念なことではあるが、真面目にやっても潰れることがある。社長が真剣に社会に貢献しようと頑張っていても、社員が夜中まで血のにじむような努力をしていても、容赦ない。最高にいいやつでもガンになってしまうのと同じように、真面目で、誠実な会社でも潰れる。これが現実である。


佐波正一

英国の企業でまず気が付いたのは、一般にボード(取締役会)の規模が小さいことでした。取締役は16から17人で、活発に議論できました。ところが東芝では、僕が役員になったときが27人で、その後に30人を超えました。しかも、日本では取締役の中にも、副社長、専務、常務といった階層があります。


杉本勇次

1998年からこの業界にいるが、PEファンドの認知度はこの5年で劇的に高まった。昔はハゲタカと揶揄されたこともあり、当時と今を比べると隔世の感がある。昔は企業を訪問しようとしてもアポが全く取れず、行っても会ってくれないことが多かった。今はすぐにトップに会えるし、案件が向こうから転がり込んでくることも増えた。資本効率の向上を意識する経営者が増え、我々ファンドとの共通言語も増えてきたと感じる。PEファンドの役割は今後もどんどん大きくなるだろう。


ヘンリー・フォード

もし世界から五十歳以上の人たちの経験と判断をすべて取り除いてしまったら、世界を動かす脳も才能も残らないだろう。


舩木真由美

仕事と家事や子育てとの両立は大変ですが、「手を抜くところは抜く」と割り切っています。


マザー・テレサ

私の恐れているものはただひとつ。お金です。お金への執着、金銭欲こそは、ユダをしてイエスを裏切らせる動機となったのです。


町田尚

イノベーションというのは、逆境に立ち向かう中で生まれるものなのです。いま苦しんでいる人たちが集まって、何としてもソリューションを導き出そうと格闘するところから生まれてくる。そうしたイノベーションこそ本当に人々に役立つイノベーションです。


高橋大就

仕事に違和感を覚えたら、アクションを起こしてみることが大事です。やりたい仕事や情熱を注ぐ対象があったら、まず動いてみることです。


ロイス・クルーガー

長年、日本企業を見ていて感じることは、「外ばかり気にしてしまう」ということです。市場環境はどうか。ライバル企業の動向はどうか。新聞記事はどうか……。ビジネスを行う上で外部環境は重要ですが、外ばかり気にしていると的確な経営判断ができなくなってしまいます。大事なのは企業自身。何を経営理念として事業を行っているのかということです。


鈴木敏文

成功確率を高めるうえで重要なのは、妥協はしないという「緊張感」が組織の中で共有され、浸透していることです。


小暮真久

社会貢献にはワクワク感が満ち溢れています。そして、もっとワクワクしたいと多くの人が思い、行動を起こせばそれだけ、この世界の歪みは正されていくのです。どうかそういう気持ちを大事にしてください。社会貢献は誰かのためにやるのではなく、自分のためにやる、それでいいのです。


内藤晴夫

社外取締役で構成されている(後継者の)指名委員会から、いつも言われています。「あなたがこの会社の最大のリスクだ。いつまでも経営をやり続けられるわけがないだろう」と。指名委員会はみんなもう私と個人的な接点はほとんどないですから、何かあればすっぱり(引退勧告を)やってもらえれば、スッキリと退きます。生え抜きが指名委員会にいますとなかなかこうはいかないでしょうから、そうならないようにしています。


橋本努

価値観が多様化し、誰からも支持される意見などないのが、今の社会。そこで信頼を勝ち取るには、理論的に首尾一貫した意見を持つことが重要。「みんなに好かれたい」という日和見的な態度が一番嫌われる。