名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

いとう伸の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

いとう伸のプロフィール

いとう伸、いとう・しん。日本の営業コンサルタント。三重県出身。高校卒業後、コーセー化粧品販売に勤務し、化粧品小売店のルート営業を担当。トップセールスとなり同社の新規開拓で6年連続営業コンテストに入賞、また優秀セールスマン賞連続受賞。その後独立し、実演販売業界に入る。ヒット商品を数々開発し総額50億円を超える売上を達成。その後、営業コンサルティング会社を設立。自身のセールス法について教えた。著書に『一夜漬け伝わる!プレゼン』『営業はつかみ1秒、あと楽勝』『10秒営業術』『夢のツカミ方』。武蔵野学院大学大学院国際コミュニケーション研究科国際コミュニケーション専攻修士課程修了。武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部客員教授なども務めた。

いとう伸の名言 一覧

とくに初対面では先方の素性もわからないし、予期せぬ自体が起こることもあります。「もう一度チャンスを!」なんてやり直しもききません。だから、訪問の直前まで準備を怠らない心がけも必要。


営業で大切なのは、いかに「相手のテンションを知り」、「注意を自分に向けさせ」、「心を開いてもらうか」。コツを押さえてしまえば、何も難しいことはありません。


自分の心のありようで、相手があなたに抱く印象も大きく変わります。商談での第一印象で相手に好かれない人は、まず自分の商品や仕事、そして自分自身を承認できているか、いま一度チェックしてみてください。それらをポジティブに捉えられるようになったら、1秒で相手の心をつかむことも決して不可能ではなくなるのです。


商談に自然体で臨めば、「売りたい」というオーラも出なくなります。実はこの売り込みオーラが、第一印象でお客様の心を遠ざけてしまう一番の原因です。「売りたい」という気持ちは営業マン側の都合に過ぎず、それを押し付けてもお客様に受け入れてもらえるわけがありません。頭ではそれを理解していても、訪問前にネクタイをギュッと締め直し、気合を入れる営業マンは多いはずです。気合を入れ過ぎると、売り込みオーラが出て、つかみで失敗するので、くれぐれも注意してください。


商談の最初のつかみで成功したら、次の3分で相手の欲求を探りながら、事前に用意してきたシナリオを修正します。心構えとしては、「天使のように微笑み、刑事のように探る」です。にこやかに話しながらも相手の反応を読み取り、最初のシナリオとは違う部分に相手が興味を示したら、臨機応変に対応していきます。ここでも、相手の欲求を先回りして共感する力と、それに対応できるシナリオをきちんと準備できているかという点が重要になります。


私も高級化粧品の営業をやっていたときに、「他社製品と成分は同じなのに、なぜうちだけ高いのだ」と悩んだ時期がありました。でも、よくよく考えてみると、その会社のブランドは他社に真似できない部分であり、そこに惹かれて買ってくださるお客様も大勢いました。そのことに気づいてから、急にお客様の反応がよくなり、成績もぐんぐん伸びました。自分の心のありようで、相手があなたに抱く印象も大きく変わります。


商談の「つかみ」で大切なのは、事前準備です。相手の欲求を想像して入念にシナリオをつくり、それに沿って第一声を発するからこそ、最初にがっちり心をつかむことができます。相手が不特定多数でもターゲット層についてきちんと調査しておくべきだし、相手がわかっている場合ならなおさらです。「つかみ」の演出は営業に行く前から始まっていることを肝に銘じましょう。


初対面で好かれる営業マンは、最初の10秒でお客様の心をつかみます。そこで重要になってくるのが第一声です。第一声に必要なのは相手への共感です。つまり先回りして相手の気持ちを察し、「あなたの気持ちは理解できていますよ」「こんな欲求があるのですね」ということを伝えれば、相手もまたこちらに共感してくれるのです。


トップ営業マンは、言葉を発する前の気配で、相手の懐に入り込むものです。


初対面の人と会うとき肩の力を抜くには、浅い呼吸が効果的です。あまり息を吸い込まず、長めのリズムで静かに呼吸をすると、脳からセロトニンという鎮静物質が分泌されて、自然にリラックスした気持ちになります。緊張をほぐすために深呼吸をする人もいますが、逆効果なので要注意です。


第一印象で失敗する人にまず心がけてもらいたいのは、肩の力を抜くことです。自分の緊張は相手にも必ず伝わります。相手はただでさえ初対面の人間に会って緊張しているのですから、そこにさらに営業マンが緊張を持ち込めば、緊張感が鏡の反射のようにどんどん増幅されて、場の空気が重たくなるだけです。「この人と話すと何か疲れる」という印象を相手に与えてしまい、商談も上手くいかなくなります。


「つかみ」の重要性は、一般的な営業でも同じです。最初にお客様に嫌われてしまったら、その後どんなに時間をかけても挽回するのは困難です。ただ逆にいえば、つかみでお客様の心を開くことができれば、成約できたも同然。第一印象次第で、売れない営業マンもどんどん売れるようになります。


どうすれば第一印象でお客様に好かれることができるのか。それは営業マンにとっての大きな悩みのひとつでしょう。私は飛び込みで法人を訪問し、その社員の方々に浄水器や超音波美顔器などを売る実演販売をやってきました。私に与えられる時間は、わずか15分。時間をかけて説得したり、何度も足を運んで信頼関係を築いたりという手法が通用しないので、第一印象がすべてでした。最初にお客様の心をつかめるかどうかで結果が決まります。


緊張したときは「目をぎゅっと強くつぶる、そしてパッと開く」。これを繰り返してみてください。リラックスできますよ。目の周りの筋肉と脳は繋がっているので、血流を良くすることでラクになります。おまけに表情筋も緩んで、こわばった顔が柔らかくなります。


私は体が勝手に動くレベルになるまで、繰り返し練習します。緊張すれば短い言葉でも噛みますからね。さらに、その場でどんなアクシデントが起こるかもわかりません。だから、練習中に同僚にケータイを鳴らしてもらうなんてこともします。そこでスムーズに「すみません。失礼いたしました」と着信音を止めて、また笑顔で話を続けられるようにするためです。ここまで準備しておけば、どんな場面に遭遇しても問題なく処理できます。


いとう伸の経歴・略歴

いとう伸、いとう・しん。日本の営業コンサルタント。三重県出身。高校卒業後、コーセー化粧品販売に勤務し、化粧品小売店のルート営業を担当。トップセールスとなり同社の新規開拓で6年連続営業コンテストに入賞、また優秀セールスマン賞連続受賞。その後独立し、実演販売業界に入る。ヒット商品を数々開発し総額50億円を超える売上を達成。その後、営業コンサルティング会社を設立。自身のセールス法について教えた。著書に『一夜漬け伝わる!プレゼン』『営業はつかみ1秒、あと楽勝』『10秒営業術』『夢のツカミ方』。武蔵野学院大学大学院国際コミュニケーション研究科国際コミュニケーション専攻修士課程修了。武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部客員教授なども務めた。

他の記事も読んでみる

田中良和(GREE)

イノベーションを生み出すために重要なのは、突然何かを思いつくことではなく、変化の兆しに気づくことです。そのためには他社のサービスを研究するよりも、やはりユーザーの声に耳を傾けるのが第一です。グーグルはヤフーを研究し尽くした結果、検索エンジンを始めたわけではないでしょう。また、ツイッターもグーグルを研究して生み出されたわけではないはずです。多くの人たちに受け入れられるイノベーションが生まれるのは、常にユーザーの求めるものが何なのかを考えた結果です。


黒田武志

中部地域は東京並みに有効求人倍率が高く、景気が良くなると、現場で働くパートやアルバイトが採用しづらくなります。そこで、発想を変えて、小さい子どもを持つ主婦も働けるようにパートは午後3時で退社できるようにしました。子どもたちが帰ってくる前に帰宅したい主婦の働き方のニーズに応えたことで、求人が集まるようになりました。


加藤暠

明日の朝には、私の首がその辺に転がっているかも知れない。弱い立場の個人投資家を団結させ、大手証券に負けない力を持ちたい。


小路明善

場長に相談して、良かれと思ったら、足を一歩踏み出して手をつけなさい。考えてばかりいては駄目。自分の経験から振り返って、成功と失敗は51勝49敗で勝ち越せばいい。それを99勝1敗というような意識でいると、手も足も出なくなってしまう。


東英弥

本気になると集中力を増す。情報にも物事にも気を配るようになる。新聞をパッと見て、自分の探しているニュースはないかなと気を配る。気を配ると、ものの動きに対して敏感になりますから気配がわかるようになる。


佐藤孝幸

せっかく捻出した時間を有効活用するためには、効果の低い勉強方法を見直して、ムダなことをしないことも大切。


ショーペンハウエル

富は海水に似ている。飲めば飲むほど、のどが渇くのだ。名声についても同じことが言える。


中島武

失敗を恐れてアクセルを踏むのをためらう人もいますが、それではいつまでたってもスピードが出ません。悪くなったものへの対応策は、悪くなったときに考えればいい。ただ、手遅れにならないように、次の準備も全力でやっておく必要があります。つまり、ブレーキをかけながら調整するのではなく、2つのアクセルを思い切って踏み込め、ということです。それでこそ、企業は成長を続けられるのです。


中村貞裕

自分ができることよりも、「何ができないか」ということをよく考え、知っておくことが必要です。何ができないかさえ知っておけば、不足している部分を補うためにはどうすればいいのか、どのような人に補ってもらえばいいのか、ということを考えれば済みます。足りないところはプロに任せてしまう。人を巻き込んで仕事をしてしまう方が、よりスムーズに進むというケースはよくあることです。


和田秀樹

損得を見極めるには、いろんな角度で眺めることが大事です。たとえば、貧乏クジを引かされたような仕事が回ってくることはないですか? 誰かの代理の役目であるとか、誰かの補佐に回るような仕事です。でも、見方を変えればチャンスであり、得かもしれません。代理の仕事はそつなくこなすだけで合格点がもらえます。補佐する相手は仕事ができる人間が多いので、そのやり方を間近に学ぶこともできます。目先の利益だけを追わずに、長期的な視点を忘れないでください。


川淵三郎

仕事の上で困難に立ち向かうのは勇気のいることかもしれません。目の前の仲間や関係者、お客様の不興を買うこともあるでしょう。しかし、長い目で見れば、それがお互いの関係を良くしていく土台となっていきます。人と向き合うときも、事業に取り組むときも、一生懸命に勝るものはない。これが僕の仕事を通じて得た結論です。


杉山知之

デジタルにはデジタルの、アナログにはアナログの良さがあります。両者を融合することで、これまでよりもクリエイティブな授業、新しい学びが可能になる。