名言DB

9490 人 / 112001 名言

いつか(エッセイスト)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

いつか(エッセイスト)のプロフィール

いつか、角川いつか。日本の作家、エッセイスト。東京都出身。幅広い分野の著作を執筆。著書に『一流のサービスを受ける人になる方法』『大物に可愛がられる最強の処世術 成功を引き寄せる人脈法則50のルールとタブー』『別れたほうがイイ男 手放してはいけないイイ男』。

いつか(エッセイスト)の名言 一覧

今の日本社会に必要なのは、周囲に流されないこと、他人の視線に縛られないこと、自分を犠牲にしないこと、頑張り過ぎないこと、陰口を言わないこと。


50代になってモノの見方がずいぶん変わったというか、自分自身の中で意識改革があったんです。例えば若いころは恋愛・結婚に執着していましたが、今は「ケ・セラ・セラ」と思うようになりました。


女性活躍推進法が施行され、女性の環境は改善されました。でもそれに甘えて満足していてはいけないと思うんです。問題に対しては「間違っている」と主張し、自ら権利を勝ち取っていくという姿勢があって、初めて女性が活躍できる社会ができるのだと思います。


叔母がアメリカに住んでいたので、20歳でアメリカに渡り、そこで日本のシステムにとらわれていては駄目だと気づきました。日本では他人と同調するのが美徳だとされますが、アメリカでは自己主張し、他人の意見も尊重します。これまでに50か国以上を訪れ、世界中の人々のモノの見方や考え方を知ることができたのは財産です。


いつか(エッセイスト)の経歴・略歴

いつか、角川いつか。日本の作家、エッセイスト。東京都出身。幅広い分野の著作を執筆。著書に『一流のサービスを受ける人になる方法』『大物に可愛がられる最強の処世術 成功を引き寄せる人脈法則50のルールとタブー』『別れたほうがイイ男 手放してはいけないイイ男』。

他の記事も読んでみる

窪田良

今や、たった一人の発想から始まった事業でも、仲間やお金を集めて、挑戦しやすい環境が整ってきた。面白い時代ですよ。


奥村綱雄

株価暴落の原因は供給の過剰にあるんだから、この過剰を吸収するプール機関をつくったらどうかということに一致した。そうしてそれはいいということになったが、それではどのくらい出してくれるかとなったら、10億だという。私のハラづもりでは、どうしても100億は必要だ。10億ぐらいならドブに捨てるようなものでものの役に立たぬ。この際100億出してくれと頼んだが、とても駄目だとなったので私はこのプール案を諦めた。
【覚書き|太平洋戦争後の株価暴落時に富国生命社長と日銀総裁にかけあったことについて語った言葉。その後、このプール案は投資信託という別の形で結実する】


宗次徳二

道なき道を切り拓いてきたという感じです。手探りで、失敗もありました。ただ、迷ったときの答えは現場にあった。


松村厚久

異業種の経営者の方と幅広くお付き合いさせていただいています。1200名が集う起業家交流会の理事を務めていまして、いつもいい刺激をもらっています。


成井弦

仮に、オープンソース方式で100人の技術者が開発に参加する場合は、間違いなく100人全員がその開発プロジェクトに個人的な興味や熱意があります。一方、企業が100人の技術者を投入する開発プロジェクトではそのプロジェクトに個人的な興味や熱意を持つ人はほんのひと握りです。大半の技術者は好き嫌いとは関係なく社命として開発業務に従事します。両者を比較した場合、明らかにオープンソース方式で開発されたソフトウェアの方が良いソフトウェアとなります。プログラムのバグ(不具合)を修正する、地道なデバッキングといった作業ではこの差はもっと顕著に現れます。リナックスの開発スピードが早くまた完成度が高いのは当然だと言えるかもしれません。


藤森義明

GEでの評価軸は2つあって、ひとつは「GEバリュー」と呼ばれるDNA的な価値観を強く持っているかどうかです。コミットメントした目標を諦めずに達成する、常に革新を起こす、人から学ぶ、オープンな組織を目指す……といったGEバリューに関する項目について、上司、同僚、部下から360度評価を受けます。そしてもうひとつが、パフォーマンスです。ゴールをどのくらい達成できたかです。


永守重信

リターンを早く求めたいからすぐ首を切る、資産を売却する。そうすることで企業価値は確かに上がるかもしらんけど、多くの従業員の生活が犠牲になる。従業員の首を切ってまで利益を上げなくてはならなかったら、僕は辞めます。


近藤太香巳

会社経営で一番大切なのは、ちょっとでもピンチになったら、まず経営者が社員に伝えること。僕の経験から言うと、始まったばかりのピンチはみんなの努力で何とかできるはずなんです。それを黙っていて大ピンチになってから言ったってどうしようもないんですよ。資産が10億円あっても100億円あっても、100人のうち50人の社員が頑張らなかったら倒産ということだけは、どんな会社でも覚えておくべきです。


西藤彰

私は社会人になった時に最初に大阪に出たわけですが、その際、風を一生の仕事にしようと心に決めました。そう思って西ドイツにも行ったわけですが、(西ドイツの技術を見て)これは頑張らないといけないと強く思いました。日本のために頑張らないといけないという思いが芽生えてきたのはこの頃です。


田中健一(経営者)

嘆いてばかりいては、うまくいくもんもうまくいかなくなる。不遇を不遇にするのは自分の心。人生は必ず自分が思った通りになる。だから、どんな状況に陥っても、きっといい方向に進むと信じることが大事。


葛西敬之

英語を勉強する時に我々の時は、まとまった本を読みました。そこには起承転結のストーリーがあり、面白く感じます。ところが最近の教科書はワンパラグラフが長文解釈の教材になっており、それを様々な本から集めてきています。あれでは英語を読む面白さは身に付かない気がします。


晝馬明

我々の製品そのものが社会貢献。研究機関や医療機器などに使ってもらい、科学技術の発展そのものに貢献している。それが社員のプライドでもある。