名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

いつか(エッセイスト)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

いつか(エッセイスト)のプロフィール

いつか、角川いつか。日本の作家、エッセイスト。東京都出身。幅広い分野の著作を執筆。著書に『一流のサービスを受ける人になる方法』『大物に可愛がられる最強の処世術 成功を引き寄せる人脈法則50のルールとタブー』『別れたほうがイイ男 手放してはいけないイイ男』。

いつか(エッセイスト)の名言 一覧

今の日本社会に必要なのは、周囲に流されないこと、他人の視線に縛られないこと、自分を犠牲にしないこと、頑張り過ぎないこと、陰口を言わないこと。


50代になってモノの見方がずいぶん変わったというか、自分自身の中で意識改革があったんです。例えば若いころは恋愛・結婚に執着していましたが、今は「ケ・セラ・セラ」と思うようになりました。


女性活躍推進法が施行され、女性の環境は改善されました。でもそれに甘えて満足していてはいけないと思うんです。問題に対しては「間違っている」と主張し、自ら権利を勝ち取っていくという姿勢があって、初めて女性が活躍できる社会ができるのだと思います。


叔母がアメリカに住んでいたので、20歳でアメリカに渡り、そこで日本のシステムにとらわれていては駄目だと気づきました。日本では他人と同調するのが美徳だとされますが、アメリカでは自己主張し、他人の意見も尊重します。これまでに50か国以上を訪れ、世界中の人々のモノの見方や考え方を知ることができたのは財産です。


いつか(エッセイスト)の経歴・略歴

いつか、角川いつか。日本の作家、エッセイスト。東京都出身。幅広い分野の著作を執筆。著書に『一流のサービスを受ける人になる方法』『大物に可愛がられる最強の処世術 成功を引き寄せる人脈法則50のルールとタブー』『別れたほうがイイ男 手放してはいけないイイ男』。

他の記事も読んでみる

田村友一

私が社長に就任したとき、父(創業者)は「私が会社にいるとやりにくいだろうから」と新規事業に集中し、実質、私に会社を任せてくれ、大所高所から私を支えてくれました。


橘玲

潜在意識に働きかけて相手をコントロールする手法は、コマーシャリズムからマルチ商法や詐欺商法、政治の世界まで、いまやあらゆるところで形を変えて使われています。こうした「神経マーケテイング」が、生活に侵入してくることは避けられませんから、私たちはいたずらに恐れることなく、できるだけ支配されないようにすることが大事です。そのためにはまず、相手の理論と技法を知ることです。「他人を支配する方法」があらかじめわかっていれば、それを使われても相手にのせられずに済みます。


手倉森誠

もし試合でいいパフォーマンスを出せずに落ち込んでいる選手に、「おまえ、あのプレーは何なんだ」といきなりダメ出ししてしまうと、その瞬間にどんなアドバイスも受け付けなくなる。でも、次の日の朝一番に、「昨日の試合のことを振り返ってみろ」と声を掛けたら、「ああ、監督は昨日の俺のことを気にしてくれていたんだ」と思うもの。そうなれば、自分からいろいろと話してくれるようになりますよ。


渋沢健(渋澤健)

仕事の社会的意義というと堅苦しく感じますが、そう窮屈にとらえる必要はないのではないでしょうか。どんな仕事にも社会的な意義はあるし、人を雇用し、富を創出しているだけで、企業は社会に貢献しています。もう少し気楽に考えて、まず自分の仕事を楽しむことをお勧めします。


村上太一

重要だと思うことは、一流の人と会うこと。これが大きかったかもしれません。


水田信二

個人的には「屁理屈漫才」と言われるのは、喜び100%ではありませんでした。この呼び名、ちょっと引っかかるじゃないですか(笑)。僕は正論のつもりで言ってるのに。ただ、ホンマの正論やったら笑いは生まれないので、飲み込んで納得しましたけど。


伊藤雅俊(イトーヨーカドー)

いつの間にか気づいたら、やっていたりすることがある。ポケットに手をつっこんで売り場を歩くことなど、頭を下げて商品を買ってもらっていた時代を完全に忘れてしまって、お客様の目線がわからなくなっている証拠でしょう。それから、腕組みをして商談するというものをよく見かける光景なのですが、こちらも頭を下げて商品を集めていた時代からすると、取引先が売りに来てくれるようになって、姿勢が高くなってしまったということです。そのどちらも商人の道にあるまじき姿勢だと思います。そして、その何気ない姿勢や態度にこそ、商売がつぶれていく火種があると思うのです。


原口兼正

創業者のDNAを全部引き継いでいきます。どこかひとつということではなく全部です。飯田(亮)はあれでもバランスをとっているのです。飯田の一部、野獣のような部分だけを継承している先輩もいましたが、それではバランスが悪い。全部を継承していくことが大切だと考えています。


小宮山宏

イノベーションのシーズは日本各地で生まれています。それらの方向性を一にして、前に進む体制をどうやって作るかが課題。お互いに知恵を出し合い自律分散協調を実現していくことが重要。


名越達彦

創業時から目指してきたのは、自社の事業拡大だけでなく、電力業界そのものの発展、そして日本、世界の電気代を下げていくこと。そのためにも、今後も自社の技術力に磨きをかけていきたい。


小口英噐(小口英器)

当社は今年、創業30年を迎えます。ゼロからスタートし、ある段階に至るまでは神経をすり減らすことも多くありました。それこそ体を酷使して仕事をしてきましたが、それでも人と会うときには私は必ず、無理にでも気持ちを高揚させ、元気はつらつでいることを心がけてきました。


小山昇

世の中のトレンドが変わっているのに、「人が来ない」「ものが売れない」「銀行がお金を貸してくれない」などと文句を言う。しかし、世の中は「我が社の都合」に合わせてくれないもの。