いつか(エッセイスト)の名言

いつか(エッセイスト)のプロフィール

いつか、角川いつか。日本の作家、エッセイスト。東京都出身。幅広い分野の著作を執筆。著書に『一流のサービスを受ける人になる方法』『大物に可愛がられる最強の処世術 成功を引き寄せる人脈法則50のルールとタブー』『別れたほうがイイ男 手放してはいけないイイ男』。

いつか(エッセイスト)の名言 一覧

今の日本社会に必要なのは、周囲に流されないこと、他人の視線に縛られないこと、自分を犠牲にしないこと、頑張り過ぎないこと、陰口を言わないこと。


50代になってモノの見方がずいぶん変わったというか、自分自身の中で意識改革があったんです。例えば若いころは恋愛・結婚に執着していましたが、今は「ケ・セラ・セラ」と思うようになりました。


女性活躍推進法が施行され、女性の環境は改善されました。でもそれに甘えて満足していてはいけないと思うんです。問題に対しては「間違っている」と主張し、自ら権利を勝ち取っていくという姿勢があって、初めて女性が活躍できる社会ができるのだと思います。


叔母がアメリカに住んでいたので、20歳でアメリカに渡り、そこで日本のシステムにとらわれていては駄目だと気づきました。日本では他人と同調するのが美徳だとされますが、アメリカでは自己主張し、他人の意見も尊重します。これまでに50か国以上を訪れ、世界中の人々のモノの見方や考え方を知ることができたのは財産です。


いつか(エッセイスト)の経歴・略歴

いつか、角川いつか。日本の作家、エッセイスト。東京都出身。幅広い分野の著作を執筆。著書に『一流のサービスを受ける人になる方法』『大物に可愛がられる最強の処世術 成功を引き寄せる人脈法則50のルールとタブー』『別れたほうがイイ男 手放してはいけないイイ男』。

他の記事も読んでみる

関根純

手帳を使っていることを、幸せだと感じられることが大切です。手帳に仕事の予定が書けるのは、自分が誰かから必要とされていることの証拠。それはビジネスパーソンとして、とても幸せなことではありませんか。年初は真っ白だった手帳は、月日が過ぎるとともに埋まっていきます。それを見ていると、「今年も自分は、ここまでこれだけ頑張ったんだ」と思い、達成感を味わうこともできます。そして、その年の残りの日々も頑張ろうという気持ちが湧いてきます。


林文子

いち営業マンとしてセールスをしていた時代から、私は「相談魔」でした。わからないこと、悩んでいることがあったら、すぐに上司や同僚に相談したものです。それでうっとうしがられたかというとそんなことはなくて、逆にかわいがられるほうだったと思います。


御立尚資

社内の人脈をつくるには、信頼関係を築くことです。相手に有利な情報を教えてあげるなど、自分がその人の役に立つのが一番です。いい会社には利益が相反する部門同士であっても、多くの人とつながっている非公式ハブのような人がいるものです。会社には必ず「彼女(彼)がいうなら」という存在の人がいますよね。つまり、そういう人になってしまえばいいのです。


立川志の春

自己紹介から爆笑を取ってやろうと意気込むと、スベったときのダメージが大きいので、軽いジャブでいいんです。「立川志の春です。でも生まれは夏です」くらいで。たとえ軽くスベったとしても、あいつ自己紹介したときちょっとスベったな、という印象が残っていると覚えてもらいやすい。


森繁久彌

人生には二度や三度はチャンスが来る。意味なく生きているはずはない。人間が人間のために作った社会なのだから。いたずらに焦っても運は向こうから来るもので、ただ眼をふさいでいては見そこなうことがあるということだ。


山田満(経営者)

大研医器の研究者たちには「氷が融けたら何になる?」という問いに対して、「水になる」といった一般的な答えではなく、「春が来る」といった豊かな発想力が求められる。人間味が溢れるような独創性を備えて欲しいのです。


イチロー(鈴木一朗)

食べたくなったら食べるですね。いまの軸は食パンです。アリゾナで食べた食パンがメチャクチャ美味しくて、それをシアトルまで送ってもらってます。
【覚え書き|食生活について聞かれたときの発言】


栗山敏昭

挨拶がいい加減になっていったり、人の気持ちがわからなくなってくると危ない。人の気持ちがわからないというのは、おごりが出ているということですから。挨拶や、感謝の気持ちを忘れないことは重要です。


ルイス・ガースナー

私自身には戦略などと言ったものはない。いまの我々の企業にとってはそんなものは重要ではない。


谷井昭雄

トップになると、一回決めたものを変えるというのは大変なことです。メンツもありますし、コロコロ意見を変えたら「なんや、うちの社長は頼りない」と社員に思われます。考えに考え抜いた決定であっても、世の中の変化によって、正しくない決定になることだってありうる。でも松下電器は、たとえ間違った方向に行ったとしても、正しい道にパッと戻る不思議なところがあります。おそらく「素直な心」「率直に処する」という姿勢が関係しているのではないかと思っています。


齋藤孝(教育学者)

雑談で緩やかに入り、人間関係ができたと思ったらギアチェンジをして要件を簡潔に伝える。これをスムーズにできるのが、優秀な営業パーソンだといえます。


村口和孝

「商品の仕様」「価格」「顧客の存在」「商品供給環境」及び「競合」は、切っても切れない事業成功の最低条件である。


堀紘一(コンサルタント)

コミュニケーションで大事なことは、どこまで心の深い部分で互いをわかり合えたか。その体験が一度でもあれば、あとはムダな議論をせずに済みます。ところが、互いを表面的にしか理解していなければ、同じテーマで何度も議論をしなくてはいけなくなる。結果的に、コミュニケーションで使う時間の総量が増えてしまいます。


石川康晴

接客にも感動がなければなりません。たとえば“アイメッセージ”。「私、初めてワンピースを買うの」というお客様に対して、「その初めての買い物を私がお手伝いできて嬉しかった」という“私”のメッセージです。これは人と人が対面する小売の接客ならではのもので、インターネットでは生まれません。


賀来龍三郎

多角化のために電卓事業に乗り出すべきだと進言し、御手洗(毅社長)さんから反対されました。御手洗さんはソニーの井深大さんに相談し、「電気関係に出ると苦労しますよ」と忠告されたらしい。井深さんは善意でおっしゃったと思いますが、今度は私が怒り「なぜ自分の部下が言うことを聞かず、他社の助言に従うのですか」と食って掛かりました。


ページの先頭へ