名言DB

9490 人 / 112001 名言

いくえみ綾の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

いくえみ綾のプロフィール

いくえみ綾、いくえみ・りょう。日本の女性漫画家。北海道出身。少女漫画雑誌『別冊マーガレット』でデビュー。『バラ色の明日』で小学館漫画賞、『潔く柔く』で講談社漫画賞少女部門を受賞。『潔く柔く』が実写映画化、『あなたのことはそれほど』がテレビドラマ化された。

いくえみ綾の名言 一覧

いまも悩むときは悩みますけど、昔に比べて決断が早くなりました。(スケジュール的に)悩んでいるヒマがないっていうのもありますが。


自分であんまり「(作品の中で)これを言おう」というようなことは、考えないですね。「物語を描いた、できた、うれしいな!」くらいの感じです。


悩んだときはお風呂ですね。お風呂に入ると血行が良くなって頭が回る感じがして。とくに頭を洗っているときに、いいアイデアが浮かんだりするんですよ。ネーム用紙を持って入って、忘れないうちにその場で描いています。


もともとプロットも立てないし、いきなりネームをやってしまう。いつも、描きながら作っていくんですよね。


このままずっと描き続けても、「描ききった!」と思うことはないと思う。ずっと描いて、いつかなんとなく辞めていくような気がします。歳をとってからも、ゆっくり好きなものだけ……猫漫画だけでもいいから(笑)、少しずつ少しずつ、描けたらいいかなと思います。


わりと私の描く女の人は「性格が悪い」って言われることが多いんですが、自分ではそれがよくわからない。「みんな本当はこう思っているよね?」っていうことを描いたら、そう言われるようになってしまいました。


いくえみ綾の経歴・略歴

いくえみ綾、いくえみ・りょう。日本の女性漫画家。北海道出身。少女漫画雑誌『別冊マーガレット』でデビュー。『バラ色の明日』で小学館漫画賞、『潔く柔く』で講談社漫画賞少女部門を受賞。『潔く柔く』が実写映画化、『あなたのことはそれほど』がテレビドラマ化された。

他の記事も読んでみる

豊田昌洋

牛を売らずしてミルクを売れ。


高田明(ジャパネットたかた)

若い時は、夢は漠然としていてもいい。何かをやると決めても、その通りいかないことが多いですから。チャレンジしてみたら徐々に関心が出て来て、そこから夢へと繋がっていく。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

個人に役割や目標を与える場合にも、それを果たすことがゴールなのではなく、チームがゴールに達するための手段のひとつにすぎないのだということを認識させることが大切です。その認識がないと、与えられた役割以外には関心を向けなくなる人や「それは自分の仕事ではないですから!」などという独りよがりな権利主張をする人も現れかねません。


中西大介

もともとJリーグの「百年構想」には、サッカーではなく、「スポーツでもっと幸せな国へ」と謳われています。単にリーグやクラブだけでなく、スポーツ界を取り巻くステークホルダーの皆さんに貢献し、一緒に成長していくことを目指しています。


山田真哉

たとえば、65%の人が使う商品を、「3人に2人が使う商品」と表現する。商品価格を、「2000円」ではなく「1980円」に設定する。月々の費用を「1日100円」と、1日単位で説明する……。こうした表現は、誰でも無意識に使っているのではないでしょうか。このように、数字を「意図的に」扱う能力があれば、自分が手がける商品やサービスについても、わかりやすく魅力的に説明することができるはずです。営業やプレゼンの場はもちろん、社内文書を作成する際、仕事を外注する際……、コミュニケーションが必要な場面で、「表現としての数字」は大いに力を発揮するのです。


小宮一慶

小器用で頭のいいリーダーというのは、頭で考えてしまうけれど、そうじゃない。人を動かす部分というのは理屈ではありません。古典を重読している人物は、いざというときの言葉の選び方も違うし、常に覚悟と信念に基づいて動いている。だから、部下に教え込んだり管理したりしなくても、人はついてきます。


経沢香保子

当社には若い社員が多くいます。彼らは、もちろん、私よりも人生経験が少ない。彼らに伝えるには、わかるように「翻訳」して伝える必要があります。


茂木友三郎

特に世界史の中での日本を見てほしい。歴史を学ぶというのは、将来を展望する上で欠かすことができない、大切なことです。これからの日本人は、グローバルに活躍することが当然のように求められます。そうなると世界の歴史を知ることは、今以上に大切になってくると思います。


ケラリーノ・サンドロヴィッチ

僕は音楽でも演劇でも、売れることを第一義に考えてやったことが一度もないんです。僕らがやってるようなバンドにとって、商業的な姿勢は格好悪いだけですし、当時は若かったこともあって特にそう感じていた。


塚田公太

私は子供のころ体が弱くて、しょっちゅう身内のものに心配をかけていたものだ。私はいつも「弱い弱い」と言われ通しだったので、世の中に出るまでに何とかして丈夫な体になってやろう、という願いが頭の中から離れなかった。そんな緊張感もプラスになったかもしれない。そんなことで、大学では選手にはならなかったが柔道とボートで体を鍛えたし、学校を出て渡印してからも、暇を見てはテニスをやった。こうして生きていて、どうやら元気で働いていられることは私は何かに感謝したいほど、嬉しく、ありがたい気持ちである。


大薗誠司

売れない物も置いているのはお客様に買い物を楽しいと思ってもらいたいからです。


桑原豊(経営者)

人間性を疑われるようなことを慎む。そんな心がけを日々続けることで、いくつになっても、自分の心は変えることができ、信頼される人になれると信じています。