名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

あらゐけいいちの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

あらゐけいいちのプロフィール

あらゐけいいち。日本の漫画家、イラストレーター。群馬県出身。マンガ雑誌『月刊コミックフラッパー』でデビュー。『日常』がアニメ化された。

あらゐけいいちの名言 一覧

単純にこういうのを描いてると楽しいんです。それを楽しんでもらえれば、とても嬉しいです。楽しいことを描いて、楽しいと思ってくれたら、最高に最強ですね。


設定はがっつりではなく大まかに決めています。設定のネジを締めすぎると話が窮屈になってしまうので、仮止めの設定という感じです。逆に緩すぎたら少し締めて、締めすぎていたらちょいと緩めて。やりながらバランスをとっていく感じです。


(前作のキャラクターが背景などに登場していることに)気づいてくれた人が前のページを読み返したり、前の巻を読み返したりしてくれたら嬉しいなと思って作っています。でも、当たり前ですがそういうことに気づかなくても読めるマンガですので、気づいたらちょっと得したな、程度に思ってもらえると嬉しいです。また、マンガに出てくるそういった「気づき」に関しては、自分からは語ることは野暮になってしまうので、言わないよう心がけています。


あらゐけいいちの経歴・略歴

あらゐけいいち。日本の漫画家、イラストレーター。群馬県出身。マンガ雑誌『月刊コミックフラッパー』でデビュー。『日常』がアニメ化された。

他の記事も読んでみる

荒川詔四

人を動かしたければ、相手を徹底的に知ることです。結局、これに尽きます。


中島聡(ソフトウェアエンジニア)

すぐやる人は全体を俯瞰していて、ラストスパート型だと万が一のとき破綻することがわかっています。その危機感からスタートダッシュをするのです。


藤沢久美

自分はリーダーに向いていないと感じる内向的な人ほどリーダーに向いている。


木川眞

日本経済の成長に向け、一次産品の海外輸出を今後拡大する必要があります。そこで、「クール宅急便」など日本の誇るべき小口保冷配送の輸送品質を世界標準にしようというプロジェクトをオールジャパンで進めています。世界の事業者がこの基準に基づいて運ぶ時代になれば、届け先までクール宅急便と同等の品質で配送ができる。これを我々は、大きな夢として描いています。


河﨑秋子(河崎秋子)

やはり予備知識がゼロのほうが荒々しい場所に素直に驚いてくれるかと思い、本州在住者を主人公にしました。道民が原生林でサバイバルをして生き延びても「よかったね」で済みますが(笑)、都会のニートならそこから生まれるすごさもあるのかなと。


柏本湊

日々心がけてほしいのが「原価を知る」こと。たとえば私は最近、外食チェーン店の餃子の原価がひとつ5円程度だと知ったのですが、そう考えれば1皿200円の餃子すら高く思えて「家で作ろうか」という発想になります。その商品の原価がどのくらいかを知ると、自然と節約する気持ちが芽生えますし、贅沢をする際の本当の価値もわかるのです。


小松真実

学生のころからバンド活動をしていたのですが、資金調達手段のないミュージシャンの活動を助けるために、ファンドを作ろうと考えたのが創業のきっかけです。ちょうどインターネットも普及し始めて、多くの個人に投資を呼びかけられる環境も追い風になりました。音楽、個人投資家、そしてインターネットの3つの要素が結びついたんです。


藤田晋

人任せにしていては会社の文化は到底変えられない。経営者自身がフルコミットして、社員に示さなければ会社そのものが変わらない。


吉山勇樹

私が手帳を活用し始めたのは、大学2年生でベンチャー企業の創業、運営に役員として携わったときです。目の前には膨大な量の仕事があり、何から手を付けていいのかわかりません。そんなとき、先輩経営者から行動管理手帳の重要性を教えていただきました。


池上遼一

リアルな絵で荒唐無稽な話をやりたいんです。「こんなことがあるわけねえだろう」って、「こんな主人公いるわけないじゃん」ってなるんだけど、絵をリアルに、演出をリアルにすることによって「ひょっとしたら」って思わせる。それが僕の仕事だと思っている。


さだまさし

恋愛は100%の天然果汁ではない。少なくとも最低50%の虚像と、最大50%の実像を含有する。恋愛とは男女なる逆方向に向かう異なったベクトルの合体を示す公式である。ただしこの公式は不思議にも定義を持たないものである。


望月実

課長にとって重要な管理会計の能力は、「部下の数値目標をかみ砕いて小さなプロセスに落とし込む」ことです。優秀な部下は、ノルマなどの数値目標を与えられると、その数字を達成するためのプロセスを自ら組み立てられますが、それができない部下もいます。そうした部下に力を発揮してもらうには、数値目標を与えてほったらかしにするのではなく、さまざまなデータをもとに、目標を達成するために必要なプロセスを一緒に考えていくことが大切です。