LiLiCoの名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

LiLiCoのプロフィール

LiLiCo(LILIKO)、りりこ。スウェーデン・ストックホルム出身のタレント、歌手、映画コメンテーター。各種メディアで活躍した。

お笑いグランプリで優勝した芸人さんだって努力しなければ2年で消えるのが芸能界です。2年後を考えて仕事をしないとね。


ここ数年は前よりずっと多くの映画を見てるんです。「LiLiCoは本当は映画見てないんじゃないの?」と言われたらくやしいから。命をかけてLiLiCoというキャラを貫くの。それも私の誇りかな。


誇りとプライドって一緒にされてるけど、違うと思う。「どこどこで1位になった」とか他人が貼ったレッテルに寄りかかって保つのがプライドで、誇りというのは「私はこの仕事を一生懸命やってます」と心の底から言えること。


映画コメンテーターとしてイベントに出るときは、流行のネタを取り入れたり、雑誌やワイドショーで取り上げられやすい発言をするようにしています。だってイベントはメディアに取り上げてもらうためでしょ。取り上げられなかったら私が出て行く意味がないじゃない?


誇りが持てない仕事はするな! 仕事で誇りを持つとは、なぜ自分がそこにいるのか、そこで何を求められているのかを客観的に理解すること。それから自分が力を発揮するにはどうすればいいかを考えて勉強を続けること。


LiLiCoの経歴・略歴

LiLiCo(LILIKO)、りりこ。スウェーデン・ストックホルム出身のタレント、歌手、映画コメンテーター。各種メディアで活躍した。

ページの先頭へ