高見和徳の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

高見和徳のプロフィール

高見和徳、たかみ・かずのり。日本の経営者。「パナソニック」副社長、「ホームアプライアンス社」社長。松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。松下冷機取締役、ナショナルアプライアンスマーケティング本部長、常務役員、ホームアプライアンス社社長、パナソニック専務、副社長などを務めた。

製造サイドの都合でこしらえた独りよがりの製品など絶対に売れない。


他社にはない尖ったアイデアが肝。


その地域で現在売れている商品が本当に求められているモノなのかを見定めることがボリュームゾーンへのアプローチには重要。


今後は製品を生み出す側も、消費者が今どんなモノを必要とし、どのタイミングで宣伝をかけるのが最も良いか、という感度の鋭いモノづくりへと変わっていく。


高見和徳の経歴・略歴

高見和徳、たかみ・かずのり。日本の経営者。「パナソニック」副社長、「ホームアプライアンス社」社長。松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。松下冷機取締役、ナショナルアプライアンスマーケティング本部長、常務役員、ホームアプライアンス社社長、パナソニック専務、副社長などを務めた。

ページの先頭へ