門脇竜一の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

門脇竜一のプロフィール

門脇竜一、かどわき・りゅういち。日本の人材開発コンサルタント。関西大学経済学部卒業。民間企業数社を経て独立。クリアマインを設立。著書に『管理者になった人が最初に読む本』『先輩が部下になったら』『言いたいことが伝わる話し方のコツ』。

リタイアすれば、「ただの人」になるんだからと割り切れば、自分の新しい役割も見えてくるはず。


企業での役割は芝居の配役と同じ。主役を張っていた往年の名優だって、いぶし銀の魅力で脇役を演じたりしますよね。企業でも、再雇用社員はそうした役回りと考えればいい。


企業は、ビジネスマンを「時価」で評価するようになりました。つまり、いま何ができるのか、どんな貢献をしてくれるのかを見るということ。過去の実績や企業への貢献度は通用しません。


このエントリーをはてなブックマークに追加

門脇竜一の経歴・略歴

門脇竜一、かどわき・りゅういち。日本の人材開発コンサルタント。関西大学経済学部卒業。民間企業数社を経て独立。クリアマインを設立。著書に『管理者になった人が最初に読む本』『先輩が部下になったら』『言いたいことが伝わる話し方のコツ』。

ページの先頭へ