長谷川裕一(はせがわ)の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

長谷川裕一(はせがわ)のプロフィール

長谷川裕一、はせがわ・ひろかず。日本の経営者。仏具店の「はせがわ」社長・会長。福岡県出身。龍谷大学文学部仏教学科卒業後、家業の長谷川仏具店(のちの「はせがわ」)に入社。専務取締役などを経て社長に就任。そのほか、日本ニュービジネス協議会連合会会長などを務めた。

混乱期、大難の時期は、報いを求める者がリーダーになってはいけない。


リーダーはビジョンを持たなくてはいけない。


痛みを伴いながら、思い切って新しい扉を開き、新しい国づくりをしなければならない。


何百回、何千回も同じことを言われて、ようやく親の言うことが理解できるようになりました。昔は鬱陶しいことを言うなと思いましたが、今は感謝することしきりです。


世界を舞台に羽ばたく人材を育てなくてはならない。そのためには、日本人を優先するのではなく、海外の優秀な人材をどんどん日本に受け入れて、採用し、日本人と競わせる。危機に強い日本人は、そうした経験をすることで目覚めるはず。


長谷川裕一(はせがわ)の経歴・略歴

長谷川裕一、はせがわ・ひろかず。日本の経営者。仏具店の「はせがわ」社長・会長。福岡県出身。龍谷大学文学部仏教学科卒業後、家業の長谷川仏具店(のちの「はせがわ」)に入社。専務取締役などを経て社長に就任。そのほか、日本ニュービジネス協議会連合会会長などを務めた。

ページの先頭へ