鈴木茂晴の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴木茂晴のプロフィール

鈴木茂晴、すずき・しげはる。日本の経営者。大和証券グループ社長。京都府出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、大和証券に入社。引受第一部長、事業法人本部担当、取締役、インベストメント・バンキング本部長、大和証券常務、大和証券経営企画・IR・広報担当、大和証券SMBC専務、大和証券グループ本社常務、投資銀行本部長などを経て本社社長に就任。

学生時代、重要な試験の前日には、しっかり寝て明日に備えたはずだ。働く上で重要でない日はない。


どんな部署も「自分は特別」という事情を抱えているもの。だが、そこに改革のタネが潜んでいる。昔からの常識で続いてきた不合理な仕組みを取り除き、生産性を向上するのだ。


10年以上働き方改革を進めてきた我が社でも、まだ幹部以上は「長時間残業のDNA」がある人が多い。不断の改革が必要だと気を引き締めている。


はるかに年配の先輩がたゆまずに自己研鑽を積む姿は、そばで見ている若手社員にも好影響を与える。新人からベテランに至るまで自己研鑽を続けることが重要。


会社が何もしないのにロイヤルティ(忠誠心)を得ることは無理だ。社員のプライベートも重視していることが伝わるような具体的な施策を打ち続ける必要がある。


トップとしてのメッセージをガツンと出しておかないと、いつまでたっても変わらない。


自分のことをちゃんと見てくれていると思わなければ、社員は働かない。社員が最大のステークホルダーだと会社が認識するのが、最も大切な部分。


利益だけが企業の目的ではないけど、水や空気と同じで、生きていくためには、利益は絶対に必要なもの。


トップとしてのメッセージをガツンと出しておかないと、いつまでたっても変わらない。


私の哲学は「決めたら徹底してやる」です。最高の戦略が徹底されないで終わるよりは、最高の戦略ではなくても、徹底した作戦をとって実行した方が勝つ。


自分のことをちゃんと見てくれていると思わなければ、社員は働かない。


どうすれば幸せな気持ちでいられるか。それは仕事も遊びも全力投球すること。


どんなに能力が高くても、どんなにお金を持っていても、「幸せな気持ちでいる習慣」がなかったら絶対に幸せにはなれない。


ルールや制度を作るだけでは意味がない。きちんと守られているか、制度が運用できているかに常に目を光らせる。


会社が自分のことを考えてくれていると実感した社員は、自分の力を高めながらこの会社でずっと働いていこうという気になってくれる。「働き方改革」と会社の競争力は直結している。


利益だけが企業の目的ではないけど、水や空気と同じで、生きていくためには、利益は絶対に必要。要は利益を出して、たくさんの人をきちんと雇用するということが重要。


大事なのは「マインド」であり「ハート」。それを持ってもらうためにも、「いい会社だ」と思ってもらい、団結心を持ってもらうことが大事。


自分の時間がコントロールできないのは、やはりどこかおかしい。だいいち、毎日夜遅くまで働いたら、心身ともに持ちません。以前から仕事の時間効率の見直しを考えていました。
【覚書き|社内に19時退社のルールを徹底させたことについて語った言葉】


会社にロイヤリティ(忠誠度)の高い営業マンほど、お客様のリスクに対して敏感になります。そして、細かい点にまで気を配った商品の説明を行い、長期的な信頼関係を築き、成績をあげていくものなのです。


学生が入社したい会社であるほど、社員も家族もいい会社で働いているという誇りを持てるようになります。
【覚書き|大学生の就職人気ランキングで50位以内を目指すことにした理由について語った言葉】


時々手綱を締めないと、すぐ元に戻ってしまいます。
【覚書き|グループ内の業務改革について語った言葉】


かつてのような株式の売買手数料中心から、どれだけお金を預けていただくかに、証券会社のビジネスモデルは大きく変わっています。そこでは顧客の立場になってものごとをとらえられる人間性豊かな社員が、粘り強く信頼関係を築き上げていくことが重要になります。ですから、そうした人材を育てて大切にしていく働き方にシフトするのは、当然のことなのです。


社長時代、夜7時以降の残業を原則禁止にした。だが、最初は7時15分までといった具合に、社員にちょっとずつ残業をさせる支店がほとんどだった。制度をつくっても、きちんと運用されなければ意味がない。そこで人事担当者に、最も残業が多い支店の支店長を呼び出して注意させた。効果はてきめんだった。あっという間に全支店に情報が駆け巡り、こうした行為はやんだ。


女性が活躍できるかどうかは、会社が本気かどうかに尽きる。肝は時間管理だ。長時間労働が前提の会社では、女性が働き続けることはできない。


自分の会社に対して、全く不満のない人っていうのは、あんまりいないと思うけれど、そうは言っても最後には「ウチはいい会社だよな」と社員から一言出てくるような会社は素晴らしいと思うんですね。私はそこを目指しているんだと昔からよく言ってきました。


働き方改革の最大のポイントは長時間労働の撲滅である。睡眠時間を削って働くことが続けば、当然のことながら健康に悪影響があり、日々の生産性は落ち、社員が自己学習する時間もなくなる。当たり前のことがやっと社会的に認識され、残業削減を打ち出す会社が増えてきた。


「社員はもっと働きたがっています」と言われることもある。私はいつも「どうかもっと働いてくれ。ただし、時間内に」と答えている。始業のベルが鳴ってから本気で仕事し続けたら、夜遅くまでもつはずがない。フラフラになるまで働くのは昼だけで十分。


今の時代に、「女性が戦力でない」という会社はないはずだ。母親が保育園に間に合わないような働き方は持続的ではない。時間内に必ず仕事を終えなければいけないのだ。そこからはみ出して業務を続けることは、不正をしているも同然だ。


最近、ワーク・ライフ・バランスが注目されるようになりました。これはとてもよいことだと思います。我々の世代が若かった頃は、人生のすべてを会社に捧げる時代でしたが、もはやそれではダメです。働き方も持続可能でなければいけません。


私自身が若い頃、朝早く出社し、夜は22時、23時退社がざらという働き方をしていました。毎日夜遅く、いつ帰れるかもわからないので友人と会う約束もできないし、何も自分のことができません。自分が社長になったときは、もうそこまでひどい状況ではありませんでしたが、それでも遅くまで社員が仕事をしている実態がありました。私は女性にもっと活躍してもらう必要があると考えていたので、これではいけないと思いました。毎日帰りが遅い職場では、女性は活躍できずに辞めてしまいます。終業時間をきちんと決める必要がありました。


遊びだけでなく、家族との時間も大切です。私は毎朝、妻と一緒に散歩しています。40分くらいぶらぶらしながら「あれをしよう、これをしよう」と考える。これが私の健康法でもあります。


いつ、趣味や遊びに使う時間があるのかと尋ねられることがありますが、私の場合、何かに凝ると一生懸命時間をつくっちゃう。「時間がない」といっても、好きならいくらでも見つかるものです。


私のモットーは「ワーク・ハード、ライフ・ハード」です。余裕を残すより、いろんなことを全力でやっていると道が開けてくるし、何よりそのほうが楽しく取り組めます。


自分が嫌なことをやっているときは一分でさえ非常に長く感じますが、好きなことをやっているとすぐに時間は過ぎていき、一時間が一分くらいに感じます。やはりいかに楽しく過ごすかが大切で、それは人間の幸福そのものであると思います。


重視しているのが、新人教育。新人教育を行うインストラクターやチューターには、現場で最も優秀な人材を就かせるようにしている。新人は最初の上司から、仕事の技術面のみならず、取り組む姿勢など精神面にも大きな影響を受けるからだ。


決めたら徹底してやる。最高の戦略、これ以上ないと思われる戦略が徹底されないで終わるよりは、最高の戦略ではなくても、徹底した作戦をとって実行した方が勝つ。


自分の会社に対して、全く不満のない人っていうのは、あんまりいないと思うけれど、そうは言っても最後には「ウチはいい会社だよな」と社員から一言出てくるような会社は素晴らしいと思うんです。私はそこを目指している。


社長時代には、様々な改革に取り組みました。今までのやり方を大きく変えることですから社内からの反発もありました。しかし当時副社長の前(まえ)哲夫さんなど賛同してくれた人たちと「我々は理想を追っていこう」と決めました。評価の仕方も変え、それを徹底したことで社内も確信に変わり、その方向に走り出すことができました。


私は若手社員時代から、仕事に関して「違う」と思うことがあれば意見を言っていました。上司から見れば扱いにくい部下だったと思います。そんな私が社長になるとは、指名される直前まで思ってもいませんでした。


仕組みを整えても、悪意を持って行動する人がいた場合に不正を防ぐことは困難だ。健全な精神を持つ人材をいかに企業トップに選ぶかが問われる。


最近、女性が集まる場所でうちの社員に話すのは、とにかく辞めたらいかんと。自分たちだけの問題ではないぞと言っているんです。せっかく新規採用でも男女比率を五分五分にしているのに、女性がどんどん辞めていくと、やっぱり女性は駄目だということになってしまいます。君たちの力を、この社会に還元してほしい。自分の能力を信じて、意欲を持って生きていってほしいと強く言っているんです。


労働時間削減において一番悩ましいのは、社外との接点だ。午後7時以降の残業禁止を徹底した時、ある支店長から相談を受けた。支店全体の売り上げを左右する大口顧客に必ず毎日午後8時に電話しているが、先方の仕事の都合があり時間を変えられないという。悩んだが、「理解してもらえなければ、取引が打ち切りになっても仕方がない」と指示した。社会常識にのっとったことを納得してもらえない顧客とは、いつかトラブルになる可能性が大きいからだ。結局、大きなお客様を担当しているような優秀な営業員がきちんと説明したら、納得してもらえたという落ちがついた。


鈴木茂晴の経歴・略歴

鈴木茂晴、すずき・しげはる。日本の経営者。大和証券グループ社長。京都府出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、大和証券に入社。引受第一部長、事業法人本部担当、取締役、インベストメント・バンキング本部長、大和証券常務、大和証券経営企画・IR・広報担当、大和証券SMBC専務、大和証券グループ本社常務、投資銀行本部長などを経て本社社長に就任。

ページの先頭へ