鈴木清一の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴木清一のプロフィール

鈴木清一、すずき・せいいち。ダスキンの創業者。高校卒業後、老舗の蝋問屋に入社しワックスの開発を行う。その後、ユシロ航空油剤製造株式会社を設立。社名をケントク産業に変更。ビルメンテナンスや清掃用品販売分野に進出し、ダスキンへとつながっていく。

相手が喜んでくれるのなら、損の道をゆこう。


自分に対しては、損と得とあれば損の道をゆくこと。他人に対しては、喜びの種まきをすること。


何が正しいか正しくないか、いったい誰が判断するのでしょうか。世界中の戦争や争いごとはすべて自分は正しいと思い込むところから起きています。正しいか正しくないかは神さましかわかりません。


加盟店と本部は車の両輪。本部は商品やシステムを開発するが、最終的に販売・接客するのは加盟店なのだから、どちらが良くても、どちらが悪くても、車はまっすぐ走らない。だから開発する本部と販売する加盟店は運命共同体だ。


加盟店と本部の関係は、契約書ではなく夫婦間のように婚姻届みたいなかたちで、もちろんたまには議論もしくは喧嘩もするだろう、でも一緒に助けあって将来的には良き家庭を築いていこう、良きダスキンブランド、良きミスタードーナツブランドを築いていこうという目指すところは一緒なんだ。


鈴木清一の経歴・略歴

鈴木清一、すずき・せいいち。ダスキンの創業者。高校卒業後、老舗の蝋問屋に入社しワックスの開発を行う。その後、ユシロ航空油剤製造株式会社を設立。社名をケントク産業に変更。ビルメンテナンスや清掃用品販売分野に進出し、ダスキンへとつながっていく。

ページの先頭へ