金指潔の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

金指潔のプロフィール

金指潔、かなざし・きよし。日本の経営者。「東急不動産」社長・会長。東京出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、東急不動産に入社。東急ホーム取締役、常務、専務、東急不動産取締役、常務、専務、東急ホーム社長、東急不動産副社長などを経て社長に就任。

個人の「思い」がなければ、新しいものは生み出せない。


持っている資産を、軸を少し変えてみると、新しい価値が出てくる。


やりよう、やりがい、やり方を変えよう。


その場所にいかに相応しいものをつくり、地域にどう貢献できるかが重要。


一緒に仕事をしている人たちは立場を越えて、お互いの理解を深めることが最も大事。


経営計画を策定しても、それをきちんと推進していくためには企業の風土が大事。


表の目線または社会の目線を変えて新しい価値の目線で見ると違った価値を見つけ出すことができる。


世の中は激しく動いており、新しい価値が求められています。組織で仕事をしていても、個人のやりたいことをぶつけられるかどうか。それを実現するために、一生懸命考えて行動できるかどうか。


入社当時、新規事業を担う部署の上司が、最初に出会った師匠と呼べる存在でした。「思い」を具体化するためには、頭の中が血だらけになるまで考え抜け――。当時の上司の教えを、いまでも大切にしています。


世の中を俯瞰的にとらえて、会社や仕事の意味を考え直す力を強く持って欲しい。そうでないと、与えられた目標が揺らいだとき自分で目標をつくり出せないことがあるからです。


自分たちの若いころを考えると、権威に反発し、拒否反応があるのが当たり前でした。話を全部受け止めてしまうのではなく、僕ならこう考えるという学生の方が、健全だと感じます。


企業経営で大事なのは双方向。経営としてものを決めるときには「トップダウン」です。これだけスピードを要求され、世の中が変革する時期では、上の立場に立った人が物事を決めて引っ張っていくことが大事だと思います。ただし、そのときに下からの意見に対して聞く耳を持つ風土をつくっておかないといけません。それはある意味では「ボトムアップ」の要素ですね。


社員を1チーム約10人に分けて、私と直接話をしたいと思う社員と会社について話し合いの場を設けました。ここでは私が話すのではなくて、社員に会社の風土や体質について、どう感じているかを話してもらったんです。50歳代後半のベテランから一昨年に入社した若手まで、世代は限定しません。若い社員からは耳の痛いことを言われました(笑)。


金指潔の経歴・略歴

金指潔、かなざし・きよし。日本の経営者。「東急不動産」社長・会長。東京出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、東急不動産に入社。東急ホーム取締役、常務、専務、東急不動産取締役、常務、専務、東急ホーム社長、東急不動産副社長などを経て社長に就任。

ページの先頭へ