野口悠紀雄の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

野口悠紀雄のプロフィール

野口悠紀雄、のぐち・ゆきお。日本の官僚、経済学者(日本経済論、ファイナンス理論)。東京出身。東京大学工学部卒業、東京大学大学院工学系研究科修士課程を経て大蔵省(のちの財務省)に入省。アメリカのカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)で修士号、イェール大学で経済博士号を取得。帰国後、大蔵省から文部省へ出向。埼玉大学教養学部助教授、一橋大学経済学部助教授・教授、東京大学先端科学技術研究センター教授・センター長、青山学院大学大学院国際マネジメント研究科教授、スタンフォード大学客員教授、一橋大学名誉教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを務めた。論文『情報の経済理論』で日経経済図書文化賞、『財政危機の構造を中心として』でサントリー学芸賞を受賞。大ベストセラーになった『超整理法』シリーズの著者でもある。

お金の稼ぎ方の根本は昔から変わっていない。ポイントは、人と違うところに目をつけること。同じことをしていたら絶対儲からない。


アイデアは、思いついた瞬間に書き留めておかないと、すぐに消えてしまう。


アメリカのゴールドラッシュでは、全員の目が金鉱に向かっているときに、違う視点を持った人が成功した。いまとなにも変わらない。


整理や分類というのは、それ自体何かを生み出すものではないのですから、なるべく時間をかけない方法が最上なのです。


日本はいままで社会に出たら勉強をしなくてもOKでまかり通ってきた。でも、これからは生き残れない。刻々変化する状況に対応する力は、勉強で養うしかない。


Gメールは容量が巨大で、検索機能が非常に強力、目的のメールに短時間で苦もなくアクセスすることが可能です。つまり容量を気にして情報を取捨選択する手間もいらないし、後で探しやすいように整理する必要もないのです。ですから、様々なデータを自分宛にメールすれば、非常に有効で使い勝手のいい個人のデータベースをつくることができます。しかも、ネット上でいつでもどこからでも引き出すことができます。


読書をせよ、というと「本を読むには時間がかかる」という人もいますが、それは本の読み方が間違っているからです。ほとんどの本の場合、本当に重要なことが書かれているのは全体の5%程度です。ですからそこを探すつもりで読めば、内容を理解するのにそれほどの時間はかからないはずです。


「社会人になって仕事をしてから大学の講義を聞くと非常に面白い」という人が多いのですが、これは仕事の経験により知識が増え、問題意識が高まったからです。その問題意識の高まりが、さらにたくさんの知識への興味をかき立てます。そして、山の頂上に登れば、平野の状況はよくわかるのと同じように、そうして知識を積み重ねていくことが、問題を把握する能力を高めるのです。


重要なことを見つけ出すという積極的な姿勢で本を読めば、問題意識が高まって、おのずと自分が読むべき本も選べるようになります。そうやって選んだ本が新しい知識を与えてくれます。そしてまた、その新しい知識が問題意識を高めていく。知識と問題意識は、そのように循環的に増えていくのです。


グーグルで言葉の意味を調べられることが「検索力」なのではありません。私たちが最終的に知りたいのは、「現在抱えている問題を解決する答え」なのです。その「いま必要とされるソリューション」に、素早く的確にたどり着けることが、本当の検索力だといえます。それには、何を検索語にして情報を絞り込んでいくかといったことよりも、いったい何が問題なのかを把握する能力の方が重要だといえます。


インターネットの発達により、「何かを知っていること」それ自体の価値は急激に低下しました。その代わり、より大切になったのは、「知識を的確に探し出す能力」です。これからはこの能力、すなわち「検索力」によって、差がつく時代になるでしょう。


私にも、書類や情報を分類しようと試みた時期があります。しかし、すべて失敗した。いわば整理の劣等生だったからこそ、「分類しようとするのが、そもそもの間違いである」という本質に気づくことができた。


30~40代のビジネスマンには「英語と数学」は最低限、身につけてほしい。すでに日本人がなにもしなくても生きていける時代は終わった。今日から勉強を始めた人しか生き残ることはできない。


いまの私の専門分野は、経済学も含めて、独学で身につけた。別に学校に通わなくても勉強はできる。本気で学ぼうと思えば、インターネットでいくらでもテキストが手に入る便利な世の中になりましたから。


音声入力を利用することで、文章を書くスピードは十倍近く速くなりました。ただし、編集や修正の作業があるので、文章が完成するまでの時間はそれほど短縮されたわけではありません。重要なのは、文章を楽に書けるようになったことです。


重要なのが、必要な情報をすぐに見出せる仕組みを作ること。目当ての情報がすぐ見つかるのであれば、わざわざ整理に時間や手間をかけることはありません。


アメリカのゴールドラッシュでは金を掘って大金持ちになった人は誰もいない。1番最初に金脈を掘り当てた人でさえ、惨めな人生を送った。カリフォルニアの農場王のジョン・サッター。彼は農場の建設中に、自分の土地から金が出ることを発見した。あとは、ひたすら金を掘るだけで億万長者になれた。しかし、サッターはその後も農場の建設作業を続行した。途中でやめたら、いままで費やした投資がムダになるからと考えたんですね。あなたはサッターを笑えますか? 株やFX投資で、状況が変わったのに損切りせず、マイナスを増やす人は少なくありません。これを経済学では「サンクコスト(埋没費用)」と呼びます。すでに投下した資金のことです。サンクコストにこだわってしまう。だからこそ、サンクコストにこだわる人は破綻する。


執筆中の書籍の原稿などを除いて、パソコン上で原稿や資料を分類することはありません。こうしたものは編集者とGメールでやりとりするので、相手の「人名」とその文書に含まれているであろうキーワードで過去の送信メールを検索すれば、すぐに目当てのメールを引き出せます。Gメールの検索機能は強力なので、検索すれば10年前に書いた原稿でも即座に見つかります。


多くの人は、「超」整理法を整理するための方法だと思っているようですが、それは誤解です。正しくは「整理しないで済ますための方法」なのです。整理という作業が、何かを生み出すことはありません。ですから私は、整理することに労力と時間を費やすのは、できれば避けたいと考えています。ただ、整理しないと困ることはある。それは、場所がなくなることと、必要な情報をすぐに取り出せないことです。だからやむを得ず整理するのであって、できることならやらずに済ませたいというのが、「超」整理法の目的です。


このエントリーをはてなブックマークに追加

野口悠紀雄の経歴・略歴

野口悠紀雄、のぐち・ゆきお。日本の官僚、経済学者(日本経済論、ファイナンス理論)。東京出身。東京大学工学部卒業、東京大学大学院工学系研究科修士課程を経て大蔵省(のちの財務省)に入省。アメリカのカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)で修士号、イェール大学で経済博士号を取得。帰国後、大蔵省から文部省へ出向。埼玉大学教養学部助教授、一橋大学経済学部助教授・教授、東京大学先端科学技術研究センター教授・センター長、青山学院大学大学院国際マネジメント研究科教授、スタンフォード大学客員教授、一橋大学名誉教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを務めた。論文『情報の経済理論』で日経経済図書文化賞、『財政危機の構造を中心として』でサントリー学芸賞を受賞。大ベストセラーになった『超整理法』シリーズの著者でもある。

ページの先頭へ