野上彌生子の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

野上彌生子のプロフィール

野上弥生子、のがみ・やえこ。日本の小説家。大分県出身。14歳で上京。明治女学校に入学。『ホトトギス』に『縁』を掲載しデビュー。主な受賞に『迷路』で読売文学賞、『秀吉と利休』で女流文学賞、文化功労者、文化勲章、朝日賞、『森』で日本文学大賞を受賞。そのほか、法政大学女子高等学校名誉校長を務めた。

生まれるのは誰でも生まれる。死ぬのは誰でも死ぬが、生きるということだけは、これは千人が千人、万人が万人、皆違った生き方をする。


野上彌生子の経歴・略歴

野上弥生子、のがみ・やえこ。日本の小説家。大分県出身。14歳で上京。明治女学校に入学。『ホトトギス』に『縁』を掲載しデビュー。主な受賞に『迷路』で読売文学賞、『秀吉と利休』で女流文学賞、文化功労者、文化勲章、朝日賞、『森』で日本文学大賞を受賞。そのほか、法政大学女子高等学校名誉校長を務めた。

ページの先頭へ