郷治友孝の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

郷治友孝のプロフィール

郷治友孝、ごうじ・ともたか。日本のベンチャーキャピタリスト。「東京大学エッジキャピタル(UTEC)」社長。愛知県出身。東京大学法学部卒業、スタンフォード大学でMBAを取得。通商産業省を経て東京大学エッジキャピタル設立に参画。ベンチャー企業育成に尽力した。そのほか、日本ベンチャーキャピタル協会常任理事を務めた。

経営トップには、多様な人材から成る会社全体を、成果を出す観点からマネジメントできる人材が求められる。


研究室の延長で事業をしても、企業として伸びない。成長するためには、経営陣が、その技術の事業化によって世の中に貢献したいという共通の目的と情熱を持った、様々な強みを持つ人々で構成され、領域や専門を超えて意思疎通を図り、事業全体を前進させるのでなければならない。


ベンチャーキャピタルという仕事柄、「大学発ベンチャーが成功するための条件は何ですか」という質問を受ける。すべての企業で言えることと思うが、技術だけではなく、製品とサービスの開発、ビジネスモデルを含めた事業の開発、資金管理や経営を含めた諸条件が必要で、それらを担う全員が協力し合って仕事をしていなければならないと思う。


事業に詳しい起業家がベンチャーキャピタリストを説得することもあるし、様々な視点を持つベンチャーキャピタリストが経営方針の転換を求めることもあるが、それぞれに互いの認識の根拠をよく理解して最善の選択肢を取ることが重要である。


投資家は起業家の成功を、起業家は投資家の成功のことも考えながら活動しなければならない。自分の利益だけを追求しようとすると、起業家が興す事業に投資するベンチャーキャピタリストはいなくなるし、ベンチャーキャピタリストからの投資を受けいれたい起業家もいなくなる。


ベンチャーキャピタリストと起業家は、深い信頼関は係を築いたとしても、一体化はしない。互いの立場をわきまえる規律を持ったうえで、信頼関係を築くことが重要だ。


郷治友孝の経歴・略歴

郷治友孝、ごうじ・ともたか。日本のベンチャーキャピタリスト。「東京大学エッジキャピタル(UTEC)」社長。愛知県出身。東京大学法学部卒業、スタンフォード大学でMBAを取得。通商産業省を経て東京大学エッジキャピタル設立に参画。ベンチャー企業育成に尽力した。そのほか、日本ベンチャーキャピタル協会常任理事を務めた。

ページの先頭へ