速水融の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

速水融のプロフィール

速水融、はやみ・あきら。日本の経済学者。専攻は歴史人口学、日本経済史。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業。経済学博士号取得。日本常民文化研究所研究員、慶應義塾大学助手などを経て教授に就任。そのほか国際日本文化研究センター教授、麗澤大学国際経済学部教授などを務めた。

人口減は何も悪いことばっかりじゃない。違った社会を生む。生み得る。


昔のことを言うと、14世紀に欧州でペストの大流行があった。正確には分からないけれども、人口は少なくとも3分の2に減る。しかも短期間でね。当然、市場は非常に狭くなる。そこでイタリアの商人がどうしたかというと、商業はダメだから芸術に投資すると。それでイタリアのルネサンス、新しい形の文化が出てきたと言われている。


速水融の経歴・略歴

速水融、はやみ・あきら。日本の経済学者。専攻は歴史人口学、日本経済史。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業。経済学博士号取得。日本常民文化研究所研究員、慶應義塾大学助手などを経て教授に就任。そのほか国際日本文化研究センター教授、麗澤大学国際経済学部教授などを務めた。

ページの先頭へ