諸橋轍次の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

諸橋轍次のプロフィール

諸橋轍次、もろはし・てつじ。日本の漢学者。新潟県出身。東京高等師範学校(のちの筑波大学)卒業。『大漢和辞典』や『広漢和辞典』の編者。そのほか國學院大學文学部教授、都留文科大学学長などを務めた。三菱商事社長を務めた諸橋晋六の父

  1. 絶対に私利私欲がないことを自分の心に問いただせ。
  2. 礼を尽くして話しているか、上司の気持ちを慮(おもんばか)っているか省みよ。
  3. 自分が話していることが正しいと思っていても、いったんは引け。

【覚書き|息子でのちに三菱商事社長になった諸橋晋六氏が「自分の提案を上司が受け入れてくれない」と相談したときに語った言葉】


諸橋轍次の経歴・略歴

諸橋轍次、もろはし・てつじ。日本の漢学者。新潟県出身。東京高等師範学校(のちの筑波大学)卒業。『大漢和辞典』や『広漢和辞典』の編者。そのほか國學院大學文学部教授、都留文科大学学長などを務めた。三菱商事社長を務めた諸橋晋六の父

ページの先頭へ