角倉護の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

角倉護のプロフィール

角倉護、かどくら・まもる。日本の経営者。「カネカ」社長。大阪出身。京都大学大学院工学研究科博士後期課程修了後、鐘淵化学工業(のちのカネカ)に入社。機能性樹脂事業部長、執行役員、取締役常務執行役員R&D企画部長などを経て社長に就任。

商売以前に、信頼関係が大事。


これからは世の中の変化をとらえながら、スピードを上げていかなければならない。


従来からある技術でも新しい組み合わせを見付けることで、社内ベンチャーのような新規事業を生み出せる環境が当社にはある。


市場開発をする上では、製品スペックだけでは顧客が採用・購入する理由になりにくい。儀礼的な会社同士のつきあいだけでなく、人・技術の信頼関係が重要。


垣根がないことが当社の特性であり核。それぞれが、全く関係がなさそうに見える事業でも、基礎技術の部分では組み合わせをしていたり、応用しながら進んでいます。


角倉護の経歴・略歴

角倉護、かどくら・まもる。日本の経営者。「カネカ」社長。大阪出身。京都大学大学院工学研究科博士後期課程修了後、鐘淵化学工業(のちのカネカ)に入社。機能性樹脂事業部長、執行役員、取締役常務執行役員R&D企画部長などを経て社長に就任。

ページの先頭へ