萩原朔太郎の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

萩原朔太郎のプロフィール

萩原朔太郎、はぎわら・さくたろう。日本の詩人。大正時代の近代詩に影響を与え「日本近代詩の父」と呼ばれた。群馬県出身。学生時代から短歌をつくり、与謝野鉄幹主宰の『明星』に掲載される。慶應義塾大学予備門中退し、詩人として創作活動に入る。主な作品集に『月に吠える』『青猫』『純情小曲集』『氷島』『猫町』など。享年55歳。

社交の秘訣は、真実を語らないということではない。真実を語ることによってさえも、相手を怒らせないようにすることの技術である。


羞恥心は塩のようなものである。それは微妙な問題に味を付け、情緒をひとしお深くする。


幸福人とは、過去の自分の生涯から満足だけを記憶している人々であり、不幸人とは、その反対を記憶している人々である。


非常な善人と、非常な悪人とは、感じがほとんど同じです。


萩原朔太郎の経歴・略歴

萩原朔太郎、はぎわら・さくたろう。日本の詩人。大正時代の近代詩に影響を与え「日本近代詩の父」と呼ばれた。群馬県出身。学生時代から短歌をつくり、与謝野鉄幹主宰の『明星』に掲載される。慶應義塾大学予備門中退し、詩人として創作活動に入る。主な作品集に『月に吠える』『青猫』『純情小曲集』『氷島』『猫町』など。享年55歳。

ページの先頭へ