若田光一の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

若田光一のプロフィール

若田光一、わかた・こういち。日本の宇宙飛行士。埼玉県出身。九州大学工学部航空工学科卒業、九州大学大学院工学研究科応用力学専攻修士課程修了後、日本航空に入社。整備訓練部、成田整備工場点検整備部、技術部システム技術室機体技術グループなどに勤務。その後、新聞に掲載されたNASDA(宇宙開発事業団)の宇宙飛行士候補募集に応募。スペースシャトル・エンデバー号に搭乗。国際宇宙ステーション建設にロボットアーム操縦者として参加。日本人初のISSコマンダー(国際宇宙ステーション司令官)に選ばれた。

NASDA(宇宙開発事業団)の宇宙飛行士候補試験を受けたのは、試験に落ちてしまったとしても、自分の知らない世界に目を向けたり、挑戦してみるという経験が自分のこれからの人生に必ずプラスになると思ったから。


少人数のプロジェクトで短期間で最大の成果を上げるにはフォロワーシップが欠かせない。聞く力だけではなく、リーダーに的確で建設的なフィードバックできる力も大切。


宇宙飛行士の仕事は、局面や状況に応じて、ある時はリーダーになり、ある時はフォロワーになるという柔軟性が欠かせません。一番習熟していることに関しては自分がリーダーシップを発揮し、他の仕事では自分がリーダーを支えるのです。


国際宇宙ステーションでの仕事は、役割や内容が異なる世界各国の乗組員と協力して行わないといけません。そこで求められる資質は4つあります。「自己管理能力」「リーダーシップ」「チームワーク」、そして「フォロワーシップ」。フォロワーシップとは、リーダーを支援し、リーダーが仕事をしやすい環境を作る力。


新着Tweet


おすすめ名言


若田光一の経歴・略歴

若田光一、わかた・こういち。日本の宇宙飛行士。埼玉県出身。九州大学工学部航空工学科卒業、九州大学大学院工学研究科応用力学専攻修士課程修了後、日本航空に入社。整備訓練部、成田整備工場点検整備部、技術部システム技術室機体技術グループなどに勤務。その後、新聞に掲載されたNASDA(宇宙開発事業団)の宇宙飛行士候補募集に応募。スペースシャトル・エンデバー号に搭乗。国際宇宙ステーション建設にロボットアーム操縦者として参加。日本人初のISSコマンダー(国際宇宙ステーション司令官)に選ばれた。

ページの先頭へ