花田徹也の名言

花田徹也のプロフィール

花田徹也、はなだ・てつや。日本の英会話教師。「花田塾」社長。南カリフォルニア大学卒業。三菱商事などを経てTOEIC特化型スクール「花田塾」を設立。そのほか、「ビジネス・ブレークスルー大学」経営学部専任講師を務めた。


このエントリーをはてなブックマークに追加

花田徹也の名言 一覧

30歳でも50歳でも、記憶力にそれほど差はない。忘れたものを思い出そうとしたときに記憶が固まります。忘れた自分を責めるのではなく、忘れたあとのケアが大事。


TOEICで大事なことは「答えあわせをしただけで終わらせない」ことです。試験勉強である以上、時間を計って問題を解き、答えあわせをして採点するのは最低限必要。ただ、英語力をつけるという観点からすると、さらに、その先でどう復習するかがとても大事。


私の指導経験では、TOEICで問われるリスニングやリーディングの力と、スピーキングやライティングの力には密接な相関関係があります。聞くのが得意な人は話す能力も高いですし、読む能力が高い人は表現のストックができているので、英文メールを書くような場面でもスムーズに言葉が出てきます。私はよく「TOEICとハサミは使いよう」と言うのですが、TOEICという学習教材を活かしてしっかりと勉強すれば、同時に「使える英語」が身につくのです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

花田徹也の経歴・略歴

花田徹也、はなだ・てつや。日本の英会話教師。「花田塾」社長。南カリフォルニア大学卒業。三菱商事などを経てTOEIC特化型スクール「花田塾」を設立。そのほか、「ビジネス・ブレークスルー大学」経営学部専任講師を務めた。

ページの先頭へ