良寛の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

良寛のプロフィール

良寛、りょうかん。江戸時代後期の曹洞宗の僧侶、歌人、漢詩人、書家。越後国(のちの新潟県)出身。18歳で出家し、玉島(のちの岡山県倉敷市)円通寺の国仙和尚に師事し諸国を回る。生涯、寺を持たず各地を回り布教を行った。自ら質素に生き、民衆にわかりやすく仏法を説いた。

散る桜 残る桜も 散る桜
【覚書き|辞世の句】


災難に遭う時節には災難に遭うがよく候。死ぬる時節には死ぬがよく候。これはこれ災難を逃るる妙法にて候。


良寛の経歴・略歴

良寛、りょうかん。江戸時代後期の曹洞宗の僧侶、歌人、漢詩人、書家。越後国(のちの新潟県)出身。18歳で出家し、玉島(のちの岡山県倉敷市)円通寺の国仙和尚に師事し諸国を回る。生涯、寺を持たず各地を回り布教を行った。自ら質素に生き、民衆にわかりやすく仏法を説いた。

ページの先頭へ