神野元基の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

神野元基のプロフィール

神野元基、じんの・げんき。日本の教育者、経営者。「COMPASS」社長。北海道出身。慶應義塾大学総合政策学部在学中、アメリカラスベガスのポーカー世界大会 World Series Of Pokerに出場し19位になる。その後、米国シリコンバレーでの起業を経て、八王子で中学生専門塾COMPASSを設立。世界初のAI型学習教材「Qubena(キュビナ)」を開発。

どうせなら本場のシリコンバレーで勝負してみたかった。それで2010年に向こうに渡りました。


世界を良い方向に進めるためには、やはり教育が重要。


新しい職業を生み出すには、極める力が重要だと考えています。何かを極めたら、人々はそれに感謝して対価を払ってくれるかもしれない。


極める対象はなんだっていいと思っています。たとえばドラクエを極めるときも、世界最高の腕時計をつくるときも、問題を発見して解決するというプロセスは基本的に同じです。そのプロセスを自分で発見して行動していく力を身に付ければ、シンギュラリティ(技術的特異点)がやってきてもたくましく生きていけるはず。


(人口知能型学習教材キュビナを)使えば32時間で1学年が終わります。普通はだいたい210~300時間かかりますから、7~10倍のスピードで学習できます。いまの悩みは、早くマスターした生徒が卒業してしまうことですね。


湘南藤沢キャンパスに行って、ものすごく救われました。まわりも変人ばかりなので、自分が変人っぷりを爆発させても目立たないんです(笑)。ならば好きなことをしてみようと。


4歳のとき母親から「あなたはいつも私のことを元気にしてくれる」と言われたのが僕の原体験。小さい子は大人にほめられたことを何度も繰り返しやりますが、僕もうれしくて、どうすれば母に喜んでもらえるのかばかり考えていました。


教師が要らなくなることはありません。大学受験前までの子どもたちは、自分で勉強する動機づけをすることが難しい。そして、勉強に対するモチベーションを湧かせてあげられるのは、いまのところ人だけです。また、学校にクラス制度があるかぎりイジメはなくならず、それに対してアプローチしていけるのも先生だけです。さらにいうと、未来を生き抜く力を身に付けさせるというところも、いまはまだ人間しかできない。人工知能でティーチングのところは効率化できますが、教育の根幹にある仕事は人間が必要だというのが僕の考えです。


中学生くらいになると、社会の在り方にも疑問を持つようになりました。たとえば警察官は駐車違反の切符を切っています。路上駐車がよくないことは確かですが、それは人が生きるうえでの高度なルール。本当はそれらを守る前に、人を殴るなとか、人を殺すなというような最低限のルールを守らないといけない。そのベーシックなところを達成しないかぎり、人間の生き方も何も語れないのではないか。ベーシックなところを変えるにはどうすればいいのかと考えて、政治や教育にも関心が広がっていきました。


僕の実家から網走刑務所まで車で15分です。網走は本当に田舎でした。都会は人の個性を生かすことができるといいますか、異端な人でも、人口が多いので仲間に出会えます。でも田舎だと、ちょっと変わっているだけで浮いてしまう。僕も小学生のときは宇宙人と呼ばれていました。


新着Tweet


おすすめ名言


神野元基の経歴・略歴

神野元基、じんの・げんき。日本の教育者、経営者。「COMPASS」社長。北海道出身。慶應義塾大学総合政策学部在学中、アメリカラスベガスのポーカー世界大会 World Series Of Pokerに出場し19位になる。その後、米国シリコンバレーでの起業を経て、八王子で中学生専門塾COMPASSを設立。世界初のAI型学習教材「Qubena(キュビナ)」を開発。

ページの先頭へ