砂野仁の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

砂野仁のプロフィール

砂野仁、いさの・まさし。川崎造船(現:川崎重工)社長・会長。神戸商工会議所会頭、日本商工会議所副会頭なども務める

処遇の厚薄は担当する楽器操作の巧拙と難易によって上下する。理想は楽団的事業経営体である。
【覚書き:神戸商工会議所会頭・日本商工会議所会頭などの経験を踏まえ理想的な労使関係を語った言葉】


しみじみと思うことは、いかなる名案であっても時期が到来しなければ現実は困難であり、タイミングさえよければ非常に困難に見える仕事も案外スムーズに運ぶということである。古人はこれを天の時と言った。


処遇の厚薄は担当する楽器操作の巧拙と難易によって上下する。理想は楽団的事業経営体である。【覚書き:理想的な労使関係について語った言葉。】


砂野仁の経歴・略歴

砂野仁、いさの・まさし。川崎造船(現:川崎重工)社長・会長。神戸商工会議所会頭、日本商工会議所副会頭なども務める

ページの先頭へ