矢野薫(NEC)の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

矢野薫(NEC)のプロフィール

矢野薫、やの・かおる。NEC社長。神奈川県出身。東京大学工学部電子工学科卒業後、日本電気(NEC)に入社。スタンフォード大学電気工学科修士課程修了、NECアメリカ法人出向、本社伝送通信事業部長、伝送事業本部長、取締役支配人、NECアメリカ法人社長、本社取締役常務、NECネットワークス・カンパニー副社長・社長、取締役専務、取締役副社長などを経て社長に就任。

自分たちの額に汗して、がむしゃらに働けばいい。何事にも諦めずに頑張れば道は必ず開ける。


若い人には無限の可能性がある。


会社の業績や状況が厳しくなったときには意識改革が何よりも大事になる。


イノベーションが会社のビジョンだと頭に焼き付くほど思い込ませ、自助が大事だと唱えるからこそ意識が高まる。


私はビジョンや考え方も社員と話し合ってつくりました。そうしたからこそ、いろんな意見が出やすくなったし、議論が活発になる素地が出来たと思います。


分かりやすい言葉を掲げ、社員がそれを咀嚼して考えるようにする。意識改革はそんなところから始まるのではないでしょうか。


それまで長い間成長できずに伸び悩んだ原因の一つを私は大企業病だったように思いました。だからこそ、私は、それを変えるために社員がなすべきことを価値観や行動原理として表したのです。


厳しい時代だからこそ、自分たちで仕事をつくろうという気概があってもいいのではないか。


昨日と違う明日をつくろう。夢と情熱こそがNECがイノベーションを生み出し続ける原動力です。


自らイノベーションを起こしていくというDNAが、100年以上の会社の歴史を通してすべての社員に脈々と受け継がれてきました。イノベーションへの熱い思い、その歴史と継承こそがNECの強さなのです。


矢野薫(NEC)の経歴・略歴

矢野薫、やの・かおる。NEC社長。神奈川県出身。東京大学工学部電子工学科卒業後、日本電気(NEC)に入社。スタンフォード大学電気工学科修士課程修了、NECアメリカ法人出向、本社伝送通信事業部長、伝送事業本部長、取締役支配人、NECアメリカ法人社長、本社取締役常務、NECネットワークス・カンパニー副社長・社長、取締役専務、取締役副社長などを経て社長に就任。

ページの先頭へ