真田信幸の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

真田信幸のプロフィール

真田信幸、さなだ・のぶゆき。安土桃山から江戸時代の大名。幼少期は武田家で人質として過ごす。信濃上田藩を経て信濃松代藩初代藩主。5000の兵力の手子丸城を800の手勢で一日で奪還するなどの武功を挙げる。関ヶ原の合戦では徳川家の家臣として活躍した。真田信繁(幸村)の兄。93歳まで生きた

一番首は自分一人が手柄を立てようという行為だ。だが一番乗りは自分の属する軍全体に勝ちをもたらそうとする行為だ。だから身構えが違う。一番首は敵一人の戦い方に目を向けるが、一番乗りはどこから城壁に取りついて攻めれば味方を引き入れることができるかと全体を見わたす。つまり、一番首は自分のことしか考えない。そこへいくと、一番乗りは組織全体のことを考えている。


真田信幸の経歴・略歴

真田信幸、さなだ・のぶゆき。安土桃山から江戸時代の大名。幼少期は武田家で人質として過ごす。信濃上田藩を経て信濃松代藩初代藩主。5000の兵力の手子丸城を800の手勢で一日で奪還するなどの武功を挙げる。関ヶ原の合戦では徳川家の家臣として活躍した。真田信繁(幸村)の兄。93歳まで生きた

ページの先頭へ