田村邦明の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

田村邦明のプロフィール

田村邦明、たむら・くにあき。日本の神職。「筥崎宮」権宮司。福岡県出身。國學院大學文学部神道学専攻科卒業。明治神宮を経て、筥崎宮権宮司を務めた。

ラグビーで学んだのは一人は皆のために、皆は一人のためにの精神です。その集団の組織力によって発揮される凄さという力学、そういう価値観を踏まえたスポーツに取り組み実践出来たことが、今考えると大きな収穫だったと思います。


人間の脳は興味のあることしか覚えないため、さまざまな刺激を与えてあげないと、どんどん凝り固まって偏ってしまうそうです。そのため色々な経験をさせてあげたり、自然に触れさせるなどして、あらゆることに関心を向けさせることが大切ではないでしょうか。


そもそも、子供は炎のようなもの。エネルギーの塊だから、色々な経験をさせてどんどん燃え上がらせてやらないとダメだと思うんです。その火を消そうとしてもダメだと思う。その火を消そう、抑え込もうとしてしまえば、子供の良さがなくなってしまいます。


田村邦明の経歴・略歴

田村邦明、たむら・くにあき。日本の神職。「筥崎宮」権宮司。福岡県出身。國學院大學文学部神道学専攻科卒業。明治神宮を経て、筥崎宮権宮司を務めた。

ページの先頭へ