田口佳史の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

田口佳史のプロフィール

田口佳史、たぐち・よしふみ。老荘思想研究者、経営コンサルタント。「イメージプラン」社長。東京出身。一般社団法人「日本家庭教育協会」理事長、一般社団法人「東洋と西洋の知の融合研究所」理事長。著書に『タオ・マネジメント』『不変と先端・経営の道理』『人生尊重なき企業は滅びる』『ビジネス戦士のための幸福論』。

「有事」の時に何が重要かというと、みんなが慌てふためいている時に、いかにリーダーが泰然自若として、心を鎮めていけるかが問われる。


想定外の連続が現実の世界。想定外が起こった時のことを考えていかに訓練しておくかが重要。有事は平時の備えにありと。これが大事。


日々刻々変わる状況に対応していくには戦略がないといけない。


何事も生命抜きには考えられません。生きているだけですでに満点。


人間は「いま、ここ」でしか生きられません。いま、ここでやると心を決められるかどうかで人間は変わる。それが覚悟。


私もこれまで顧客に「何を望んでいるか」と問い続けてきましたが、もはやその問いが意味を成す時代ではありません。顧客すら「見えていない」要求に応えていけるかどうかが重要。


リスクヘッジの最大のポイントは「義」です。義が通らないと誰も相手にしてくれないわけです。


よく「明治の人はすごい」と言いますが、その人たちは江戸の教育を受けた人たちであることを忘れてはいけない。


中国古典を紐解けば、義はどういう意味かというと「犠牲」から来た言葉です。つまり、「犠」も「牲」も生贄ですから、生贄とは何かというと己の命を差し出すから全部を助けてくれという意味なんです。そこに義があるということは、私情や私欲が全然ない。あったら義にならない。その覚悟がある人を義人などというんです。


保険を掛ける上では大局観がないといけません。何手先を読むかということが重要で、行く先々まで戦局を見ると。そうやって考えると、戦国武将の最大の特徴は、大局観をもって、要するに、Aが倒れたらBという代案を常に用意している。リスクヘッジの権化みたいな部分がありました。


「グローバル」という言葉は「グローブ(球体)」、つまり地球という言葉から来ています。東洋だけでなく西洋もあります。どちらかに偏ると、昔に逆戻りしてしまいます。ですから私は、「東洋と西洋の知の融合」が必要だと主張しているのです。


今は、ほとんどの人が人からどう見えて、評価はどうなんだろうという「外面志向」になってしまっています。そうではなく、素晴らしい経営者は全て、自己の内面を問い続け、自己の確立を何としてもやり遂げるという人たちです。


もはや欧米の手法ばかりを押し頂いて経営をする時代ではなく、自分の国の伝統を顧みて、日本企業は社員の心、人格、徳義が大事だということを、世界に主張すべき時ではないか。


『四書五経』を現代日本流に訳し直して、それを使った人格・教養教育、リーダーの育成をすべき。技術・知識も大切ですが、人格・教養があって初めて、技術も知識も生きてくる。


江戸期の人間が、幼少期から気を付けたことのひとつに「慎独(しんどく)」があります。悪事は独りの時にする、逆に言えば独りの時に立派な人間は、誰の前でも堂々としていられて繕う必要がないのです。要するに、江戸期には独りの時が勝負だと徹底的に教えたのです。


江戸末期の儒学者・佐藤一斎の「重職心得箇条」には、「政事は大小軽重の弁を失ふべからず」という言葉があります。リーダーは軽重や前後の順番の判断を誤ってはいけないと。


リーダーは自分が信ずるところ、「正義」と「道理」に基づいて行動しなければいけません。また、「私」を捨て無私にならなければリーダーシップの発揮に難が出てきます。


リーダーを志す人間が、きちんとわきまえなければならないのは、どんな状況になっても自らを失わないという状況を、自らに課さなければなりません。それが「不動心」です。この訓練をまずしなければいけません。


円滑に物事が進んでいる時というのは、社長も要らぬ、総理も要らぬという状態。ところが、危機や有事に際して初めて、リーダーの存在意義が出てくる。リーダーたる者は、自分の出番がいつ来るかと待っているくらいじゃないと駄目。


指示を出す時に、みんなで話し合ったり合議していたら間に合いませんから独断で次々と指示を出す。「権力」とはその為にあるのです。だから権力者に不可欠なのが「人格」なのです。権力を持ちながら人格がないということになったら、国家や企業は混乱をして、何のためにリーダーがいるのかわからなくなります。


コストダウンとサービスアップ。これらは矛盾する概念で、どちらかを選べばどちらかは捨てなければならないと考えられてきました。しかし、コストダウンもサービスアップも、考え方次第では補い合う関係になる。たとえば宅配便。配達員が不在宅に何度も行き来するコストを、消費者側に時間指定のひと手間をお願いすることで省き、コストダウンとサービスアップを両立させました。


1日1人に自己の最善を尽くしきるとしましょう。1年で365人と感謝の人間関係ができます。10年で3650人ですね。仮に1万人の組織に尽くしきれば、10年間で日本人の約35パーセントにあたる3650万人があなたのファンになるのです。そうした精神を社員に持たせるのが名リーダーであり、その蓄積を図ってきているのが優れた組織です。


国でも企業でも、トップの運が弱いと大変です。運が強いかどうかは経営の根幹に影響するといえます。運を強くするためには、自己の最善を他者に尽くしきること。感謝の人間関係を成立させていくこと。会社で日々の業務をするということも、そういうことなのです。


社会とは自己と他者から成り立つもの。自己は自分一人で、あとはすべて他者。これは、自己中心になった途端に孤立するということを表しています。自分中心にならないこと。そうすれば社会に出てから協力者がたくさん出てくる。


生きていること自体が修行。生きているということをそのまま活かし、修行と生きることを結びつける。会社員であれば修行として業務を行う。せめて自分の業務を修行と思い、一つひとつの仕事を丁寧に心を込めて行う。その過程で自己を見つめ、自己に目覚める。職場はそういうことを学び合う場なのです。


江戸期は、『四書五経』を人間教育の基本としていました。その結果、未曾有の国難である幕末時代に、あれだけ多士済々のリーダーを輩出できたのは、『四書五経』に基づいた教育があったからです。教育を見つめ直す時に、外国の例を持ち出すのではなく、ほんの150年ほど前に大成功した教育システムがあったではありませんか。それをベースにして現代に応用していくことを考えるべきではないか。


新着Tweet


おすすめ名言


田口佳史の経歴・略歴

田口佳史、たぐち・よしふみ。老荘思想研究者、経営コンサルタント。「イメージプラン」社長。東京出身。一般社団法人「日本家庭教育協会」理事長、一般社団法人「東洋と西洋の知の融合研究所」理事長。著書に『タオ・マネジメント』『不変と先端・経営の道理』『人生尊重なき企業は滅びる』『ビジネス戦士のための幸福論』。

ページの先頭へ