甘利信忠(甘利昌忠)の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

甘利信忠(甘利昌忠)のプロフィール

甘利信忠(昌忠)、あまり・のぶただ。戦国時代の武将。武田二十四将の一人。武田信虎、信玄に仕えた。

小辱を甘んじて大道を捨つるは狂するに似たり。


おろか者の誹(そし)りを恥じ、命が助かる可能性に賭けないのは忠孝を忘れた行為。


甘利信忠(甘利昌忠)の経歴・略歴

甘利信忠(昌忠)、あまり・のぶただ。戦国時代の武将。武田二十四将の一人。武田信虎、信玄に仕えた。

ページの先頭へ