犬養道子の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

犬養道子のプロフィール

犬養道子、いぬかい・みちこ。日本の評論家。犬養毅総理の孫。東京出身。女子学習院、津田英学塾で学んだのち留学。欧州に滞在し、聖書の研究の傍ら難民支援の活動を行った。帰国後は多数の大学で教鞭をとった。犬養道子基金を創設し難民支援事業を20年以上も続けた。

愛とは、独白によって自分自身の中に向けて屈折してゆく閉鎖とは正反対のものなのだ。それは、かかわりあいの相手を持つ。相手に向けて、おのれのすべてを発し与える。相手のすべてを受けて答える。これがヨハネのみならず、聖書伝統一切の言う愛なのである。


犬養道子の経歴・略歴

犬養道子、いぬかい・みちこ。日本の評論家。犬養毅総理の孫。東京出身。女子学習院、津田英学塾で学んだのち留学。欧州に滞在し、聖書の研究の傍ら難民支援の活動を行った。帰国後は多数の大学で教鞭をとった。犬養道子基金を創設し難民支援事業を20年以上も続けた。

ページの先頭へ