片倉兼太郎(初代)の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

片倉兼太郎(初代)のプロフィール

片倉兼太郎(初代)、かたくら・かねたろう。日本の実業家。「片倉財閥(片倉組)」創業者。信濃国(のちの長野県)出身。手作業による製糸業をスタート。その後、工場の機械化を行い、最盛期には全国生糸生産高の約20%を占めるほどに成長させた。

天職を全うすれば、その結果自然と発生する報酬を受けることができる。


事業は国家的観念を行動の基本とし、あわせて自分の利益を忘れないように。


家庭は質素に、事業は進取的でなければならない。


片倉兼太郎(初代)の経歴・略歴

片倉兼太郎(初代)、かたくら・かねたろう。日本の実業家。「片倉財閥(片倉組)」創業者。信濃国(のちの長野県)出身。手作業による製糸業をスタート。その後、工場の機械化を行い、最盛期には全国生糸生産高の約20%を占めるほどに成長させた。

ページの先頭へ