溝口勇児の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

溝口勇児のプロフィール

溝口勇児、みぞぐち・ゆうじ。日本の経営者。オンラインダイエットサービスなどを展開する「FiNC」社長。東京出身。高校卒業後、スポーツクラブに入社。スポーツクラブ支配人などを経てFiNCを創業。

成功する人は運がいいのではなく、社会から応援されることをやっているからこそ、顧客から応援され、協力者も得られる。


自分に足りない力があれば、そこを補ってくれる人を探して協力を仰げばいい。


「どんな課題を解決するのか」を考え続けること。ビジネスの外枠より、中身のあるビジョンを持つことが大切。


掲げているゴールから逆算したとき、私一人だと到達できそうにないなと思いまして。いま社内には、経営者経験のある人が15人います。


これまで世の中を変えてきた会社の多くは、市場が伸び始める黎明期にサービスを始めている。


上場を目指しています。大きな会社になれば世の中に与える影響力も大きくなるので、やはり規模は追求したい。


最も重要なのは、「どんな課題を解決するのか」を考えること。成し遂げたいと思っているビジョン、軸があれば、回り道してもブレることはない。


起業したいという願望が起業するぞという決断に変わったのは、東日本大震災がきっかけでした。報道を見ていて、いても立ってもいられなくなり、会社の送迎バスに物資を積んで、7~8人で宮城の閖上(ゆりあげ)までいったんです。当時はまだ散々な状況で、被災者の方から、防波堤のところで多くの人が浮かんでいたという話も聞きました。私は親戚が少なくてお葬式に出たこともなかったので、人の死についてリアルに触れたのはこのときがほぼ初めて。経験を積んでから経営者になろうとか、悠長なことをいっている場合ではないぞと痛感しました。


私自身、知識や知恵が足りないことは自覚していたので、何でも吸収してやろうという思いも強かった。手前味噌ですが、おかげで成長は速かったと思います。


専門家のニーズは高いのに、育児や介護強どの事情で働けない専門家も多く、現在は供給が足りていない状況です。その需給ギャップをテクノロジーで埋めています。


私たちは、続けられなくてリバウンドするようなサービスを提供したくない。一人ひとりの体質に合わせて、五大栄養素をバランスよく摂りつつ、二カ月経ったときには正しい知識と知恵が身についているというサービスにしています。


多くのスポーツクラブを見てきましたが、ひざや腰などを悪くして健康を損なう人が多くいます。成人病で亡くなった方の大半は運動不足や心理的要因に加えて、食生活がとても大きく影響していると感じます。栄養に対する意識を高めることがアンチエイジングの近道なのではないでしょうか。


ビジネスの発想は、トレーナー時代の経験から。自分のお客さまがどんどん増え、指名に対応しきれなくなり、「より多くの人に、より安価で対応できる仕組みを提供できたら」という気持ちが源。


フィットネスクラブ勤務時代、赤字施設の閉鎖処理を経験し、従業員をリストラする苦しみ、お客さんに迷惑をかけるつらさを味わった。誰も苦しまない経営を実現したいと強く思ったことが起業のきっかけとなりました。


溝口勇児の経歴・略歴

溝口勇児、みぞぐち・ゆうじ。日本の経営者。オンラインダイエットサービスなどを展開する「FiNC」社長。東京出身。高校卒業後、スポーツクラブに入社。スポーツクラブ支配人などを経てFiNCを創業。

ページの先頭へ