湯木貞一の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

湯木貞一のプロフィール

湯木貞一、ゆき・ていいち。日本の料理人。兵庫出身。料亭「吉兆」の創業者。鰻料亭「中現長」の跡取りとして誕生。30歳のときに料理に対する考え方の違いから実家を飛び出し「吉兆」を創業。料理人として初の文化功労者となった。

工夫して、心くだくる思いには、花鳥風月みな料理なり。
【覚書き:荒波に岩が当たるように心がくだけても、工夫することを怠ってはいけないという意味の言葉】


湯木貞一の経歴・略歴

湯木貞一、ゆき・ていいち。日本の料理人。兵庫出身。料亭「吉兆」の創業者。鰻料亭「中現長」の跡取りとして誕生。30歳のときに料理に対する考え方の違いから実家を飛び出し「吉兆」を創業。料理人として初の文化功労者となった。

ページの先頭へ