清野智の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

清野智のプロフィール

清野智、せいの・さとし。日本の経営者。JR東日本社長。宮城県仙台市出身。東北大学法学部卒業後、旧国鉄に入職。国鉄仙台鉄道管理局総務部長、JR東日本東北地域本社総務部長、財務部長、人事部長、人材開発部長、取締役、常務、副社長などを経て社長に就任。ベストファーザー賞を受賞。

レールの敷かれていない未知の世界を開拓する自負をもって、新たな顧客価値を想像していきたい。


安全・安定輸送を実現するには、技術だけでなく社員一人一人の意識こそが重要です。


入社以来、一貫してお客様の命をお預かりしているという意識に変化はありません。夜中の間違い電話にも(何かあったのではないかと心配になり)寿命が縮まる思いです。


安全対策にゴールはありませんが「究極の安全」を目指し、ありとあらゆる努力を重ねなくてはなりません。


安全を追求することは鉄道会社として当然の責務ですが、それに加え、鉄道が走る街に住む人々に安全を提供していきたいと考えています。駅で助けが必要な方には社員がすぐに手を差し伸べる。そんなことも含め、ひとつひとつの街、ひいては国の安全と安心に少しでも貢献していければと思っています。


我々の役割はできるだけ早く安全に乗っていただくサービスを提供することです。


弘前市の桜まつりでのセレモニーで挨拶をしたのですが、みんなから「よかった、よかった」と言われて涙がこみ上げてきました。普段は当たり前に切符を売ったり、運転したりしているけれど、私たちはやはりそれだけ重い仕事をしているのだということを感じた。「つなぐ」ということの意味を改めて感じました。
【覚書き|東日本大震災での東北新幹線復旧達成直後に語った言葉】


地域の人たちから、「ありがとう」と言われるときが一番嬉しいですね。社会インフラを支えているという自分たちの役割を今一度再認識させてもらった。


母親というのは、どんな人にとっても、自分に最大の愛情を注いでくれた人ということなんでしょうね。「しつけ」というのもその愛情のあらわれだと思います。


母から学んだことは、嘘をつくなということと、他人のことを思いやれということ。母は私に何事にも「優しくしなさい」と常に言っていました。それから子供同士でケンカになったときも、適当なタイミングで母は「いい加減にしたらどうだい?」と言ってきたのを覚えています。


清野智の経歴・略歴

清野智、せいの・さとし。日本の経営者。JR東日本社長。宮城県仙台市出身。東北大学法学部卒業後、旧国鉄に入職。国鉄仙台鉄道管理局総務部長、JR東日本東北地域本社総務部長、財務部長、人事部長、人材開発部長、取締役、常務、副社長などを経て社長に就任。ベストファーザー賞を受賞。

ページの先頭へ