深田晶恵の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

深田晶恵のプロフィール

深田晶恵、ふかた・あきえ。日本のファイナンシャルプランナー。北海道出身。外資系電機メーカーを経てファイナンシャルプランナーとして独立。著書に『図解 老後のお金安心読本』『投資で失敗したくないと思ったら、まず読む本』『お金はこうして殖やしなさい』『共働き夫婦のためのお金の教科書』。

若いうちに「身の丈に合った生活」を習慣づけることが大切。これができるかどうかが、その後の人生を大きく左右する。


月々の支出を把握しておくことは、金銭管理の欠かせないポイント。


独身時代と、結婚して子供が生まれるまでの時期は「貯蓄の黄金期」。


家計簿に支出を記録するだけでは、ただ日記をつけているのと同じ。家計の収支改善には、決算と検証こそが肝。


「貯まらない人」にはいくつかの共通項がある。「お金をちょこちょこ下ろす」「通帳の記帳もネットバンキングの利用もしていない」「銀行口座から毎月いくら引き落とされているか、自分が毎月いくら使っているか分からない」……。こうした特徴が当てはまる人は、注意が必要だろう。


お金が貯まる人になるために、私が提案したいのは、仕事と同じように、家計にも「予算管理」や「決算」の考え方を取り入れること。具体的には「支出に予算(支出上限)を決め、その範囲内で暮らす習慣をつける」「月ごとに収支を把握する」こと。


自己投資費を集計する際は、「この支出は本当に自己投資になったのか」と自問自答すること。「自分への投資」が言い訳になり、支出が膨らむ人は少なくない。


趣味にお金をかけるのは全く構わない。だが、1年間の支出を見たうえで「限られたお金をどう配分しているのか、配分に納得できるのか」を考えることも必要。


支出管理の目的は、貯蓄額を増やすことだけではない。支出管理の意味は、「自分のお金の使い方を振り返り、その都度、調整する習慣を身につけること」。


人生にはお金を貯めやすい「タメキ(貯め期)」が何度か到来する。第1のタメキは、実は独身時代。自分1人でシンプルに収支を管理できるので、一定額を積立貯蓄する習慣さえ身につけられれば、お金を貯めるのはそう難しくない。そして第2のタメキは、結婚してから子供が生まれるまでの間。昨今主流の夫婦共働きなら、2人分の収入があるので貯蓄ペースを容易に上げられる。


貯金ができる「タメ期」は一生のうちに3度来ます。1度目は独身時代から結婚して子供が生まれるまで、2度目は子供が小学生の時期で、3度側は子供が大学を卒業してから自分が定年を迎えるまで。「タメ期」を知っているか知らないかで貯蓄額に大きな差が生じます。だから、人生の流れをイメージすることはとても大切なのです。


投資商品は、専門家が眉をひそめるようなものが売れていることが少なくない。「売れ筋なら良い商品だろう」という考えは、投資商品には当てはまらない。


新着Tweet


おすすめ名言


深田晶恵の経歴・略歴

深田晶恵、ふかた・あきえ。日本のファイナンシャルプランナー。北海道出身。外資系電機メーカーを経てファイナンシャルプランナーとして独立。著書に『図解 老後のお金安心読本』『投資で失敗したくないと思ったら、まず読む本』『お金はこうして殖やしなさい』『共働き夫婦のためのお金の教科書』。

ページの先頭へ