浅野敏雄の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

浅野敏雄のプロフィール

浅野敏雄、あさの・としお。日本の経営者、薬学博士。「旭化成」社長。富山県出身。東京大学薬学部薬学科卒業後、旭化成に入社。旭化成ライフサイエンス総合研究所長、旭化成ファーマ執行役、医薬製品戦略部長、常務執行役員、旭化成ファーマ社長、旭化成メディカル社長などを経て旭化成社長に就任。

大事なのは、コア技術だけにしがみついていたらいつかは衰退するかもしれないという危機感を持つこと。


コア技術を意識するとともに、今の製品にしがみついていたらいつかは事業も会社も衰退する危機感が、次を考える原動力になる。


世界になかったものを提供して世界に貢献していく。みんながそういう思いになって初めて、素晴らしい技術や製品、サービスを創造できる。


人材は必要ですが、それよりも必要なのは経営の意思。経営がしっかりと、グローバルに展開するんだという意思と戦略を示せば成功できる。


業績が良い今だからこそ体制を大きく変え、足腰の強い組織を作り上げる必要がある。


実験科学や事実だけでは物事は前に進まない。


研究開発と経営は基本的には同じ。現状を把握して将来を見通し、次に何をやるか決める。ダメな場合は撤退する。


バックグラウンドの異なる多様な部門の担当役員や、これまで付き合いのなかった業界の人たちから話を聞くのが楽しみだ。これらをヒントに経営の変革に挑みたい。


旭化成の強みは何であるのかということを原点に立ち返って議論し、次はどうするのかという骨格をしっかり組み立てる。さらなる成長のために何が必要かということを固めていきたい。


基盤が違う事業領域を理解しよう、違う事業同士で新しいものを生み出そうというバックグラウンドが旭化成にはありました。ですから、違った領域同士がシナジーを生んで、一体感を生み出せるという意識はお互いに持っています。


物事を決めるときは十分に資料を検討して、いろんな意見を聞いて決めます。私のバックグラウンドが十分でない事柄については、各部門の代表取締役がエキスパートですから、彼らと相談しながら的確な判断ができるのが今の体制のメリットです。


井上靖の『孔子』を読んで啓発され、「仁」を座右の銘とするようになった。「仁」とは「人が二人」と書く。つまり人間は一人では何もできない。技術革新など事を成すには、「仁の心」で仲間と協力してやるべきだと考えるようになった。


今日の旭化成で成功している製品はみんな素晴らしいマーケティングをやっているので、我々の強みは技術だけではないと思っています。ただ、1つだけあえて言うなら、グローバルに展開するマーケティング力はまだ欠けていると思います。生産力もマネージメント力もすべてにおいてグローバルに展開する力が求められます。


20代の頃、私がかかわっていた薬の研究で、前臨床の段階でデータが再現できず、大きなプロジェクトが中止になったことがあります。それは研究者の責任ですから、普通なら周囲から責められるところですが、全く責められなかった。むしろ、上の人からは次は何に取り組むんだ、次は成功させようというポジティブな意見をもらいました。30年前の出来事ですが、そういう社風は今でも残っていると思います。


浅野敏雄の経歴・略歴

浅野敏雄、あさの・としお。日本の経営者、薬学博士。「旭化成」社長。富山県出身。東京大学薬学部薬学科卒業後、旭化成に入社。旭化成ライフサイエンス総合研究所長、旭化成ファーマ執行役、医薬製品戦略部長、常務執行役員、旭化成ファーマ社長、旭化成メディカル社長などを経て旭化成社長に就任。

ページの先頭へ