浅田真央の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

浅田真央のプロフィール

浅田真央、あさだ・まお。日本のフィギュアスケート選手。3歳からバレエのレッスンを受け、5歳でスケートと出会う。幼少期から天才少女と呼ばれた。ジュニアグランプリ優勝、世界ジュニア選手権初出場初優勝。エリック・ボンパール杯でシニアクラス初優勝。その後、バンクーバーオリンピック銀メダルを始め、数多くの優れた成績を残した。

小さい頃から自分の目標を紙に書いて部屋に貼っているんですけど、オリンピックのことも、もちろん書いています。「金メダルを取る!」って。それはもうずっと前から書いてある、同じ言葉なんです。


運命ってだいたい決まっているんじゃないですかね。自分が努力すれば、その先はもう決まっているんじゃないですか。そんな気がします。


誰かに勝ちたいという気持ちはなかった。フィギュアスケートは、リンクに出たら自分一人。だから自分との闘いなんです。


浅田真央の経歴・略歴

浅田真央、あさだ・まお。日本のフィギュアスケート選手。3歳からバレエのレッスンを受け、5歳でスケートと出会う。幼少期から天才少女と呼ばれた。ジュニアグランプリ優勝、世界ジュニア選手権初出場初優勝。エリック・ボンパール杯でシニアクラス初優勝。その後、バンクーバーオリンピック銀メダルを始め、数多くの優れた成績を残した。

ページの先頭へ