泉谷直木の名言

泉谷直木のプロフィール

泉谷直木、いずみや・なおき。日本の経営者。「アサヒグループホールディングス」社長・会長。京都府出身。京都産業大学法学部卒業後、アサヒビールに入社。広報部長、経営戦略部長、取締役、常務酒類本部長、専務を経てアサヒビール社長。その後、アサヒグループホールディングス社長を務めた。


気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

泉谷直木の名言 一覧

1 / 512345

私個人の人生としては管理職や役員時代も含めていろいろな経験をしましたが、それが全部生きているように思います。


「やったことがない仕事だから」と言って逃げてしまうとチャンスは来ない。挑戦している人間ほど、チャンスがやって来る。そう自分の中で信じながら生きてきた。


いろいろな仕事をする機会をいただきましたが、常にそれは自分にとってチャンスだと考えていましたし、もしそれを断っていたら、今日の私はないと思っています。


何かに虚心坦懐に突っ込んでいく。そういうパワーがあれば、どこにでも勉強の要素がたくさんある。


会社がチャレンジして現地の社員も含めて夢を共有していくことが必要。国内外にいる社員が燃えていく。その燃える油を染み込ませていかないと会社の活力は生まれてこない。


世界全般を見て世界戦略をどう考えるかと机の上で考えるだけでは不十分。実際のビジネスはローカルですから、各国の状態をきちんと見ながらやらないとうまくいかない。


我々は、いかなる経営環境になろうとも、企業をどう成長させていくか、企業価値をどうやって上げていくかを考えなければならない。


マーケットの変化はよく見なければならない。市場を分析して仮説を立てていく。その仮説に対して検証をしながらマーケティング戦略を打っていくということが大事。


新たなイノベーションに取り組まないといけない。そうなると、過去の経験の蓄積だけではできない。新しい知恵が必要。そう考えると、新しい発想やアイデアが出せる人材が必要になる。


企業が中長期的に成長していくためには「経営資源を育てる経営」が重要であり、そのためには「全社員の英知を集結させる経営」が重要。


競争に負けて、会社がおかしくなるのではない。ライバルに点を取られるよりも、自分の失点の方が多いのではないか。


現役のビジネスパーソンでいる限りは、成長し続けたい。


いままでと同じやり方では対抗できない。新しいやり方をする必要がある。


新しい需要は必ず掘り起こせる。


どんなに良いときでもミスがあり、どんなに悪いときでもチャンスがある。


いま見えている現象をきちんと掴み、対応していく。その積み重ねが、結果的に、見えない時代を見えるようにしていく。


経営者は結果を出してナンボ。そのために組織の力を高めることが非常に大事。


実行して恥をかいたり、冷や汗をかいたりする経験が必要。頭で勉強して、体で覚えることが大切。


自分の得意技を1つ作れば、だんだんほかの技が付いてくるようになる。基本形をビシッと持つと、それに対して応用の幅が広がる。


嫌な仕事でも拒んだら駄目。追い込まれることもありますが、そこを超えたときの力が一番大きい。


組織とは要するに人の集まりですから、個人の力をいかに高めるかに焦点を当てなければいけない。


会計上の数字に表れない会社の資産はいろいろありますが、人材は非常に大事な含み資産です。


経営者がいくら旗振りをしても現場が動かなければ回っていかない。だからまず大事なのは現場。


点ではなく面での展開をすることで、営業力や提案力も増す。


食品の場合、売り上げは人口と相関関係にありますが、今後さらに顧客の評価を得られるような活動を行えば、国内での成長は十分望める。


新しい価値を提案できれば、適正価格で買っていただける。


社員自らが現地で手に入れてきた情報こそ価値がある。


動いているものを予測しながら仮説を立てて、手を先に打っていく。そうしなければ、よそよりも速く手が打てない。


できるだけ現場を歩いて、現場を見て商売をしていくことが大事。


いまはいろいろなものが複雑に出てくる。だから平均的にものを見たのでは何も見えない。


どんなに厳しいときでも、チャンスはある。


我々の海外事業の戦略は何かというと、ポジション、これをどうして取るかです。ポジションをしっかり取っていくことが重要。


同じパターンでは成功しない。新しいことをやるときは新しいリーダーで臨む。


知らないことが減るのが成長だといわれますが、僕は逆で、知らないことが増えるのが成長だと思っている。


危機感がなければ、いつでも会社は潰れます。そのためにも、現場に行き、謙虚に事実と向き合うことが非常に重要。


経営者は、どんなときでも課題を持っています。業績が良いから課題がない、などという会社はすぐに潰れてしまう。


手段と目的を間違えないことが大切。手段だけはいっぱいあるけれど、結局、業績が上がらないのでは何の意味もありません。


少子高齢化や景気低迷という平均値で物事を語ってはダメで、もっとメッシュを小さくして市場をつぶさに見ていけば、ものすごいチャンスが出てくる。


従来の延長線上ではない時代がくる。いままでと同じことをやっていたのでは対抗できない。


自ら手を挙げる、意欲のある社員をどんどん伸ばす。チャンスをつかめるかどうかは社員自身の意志と力量次第です。


最終的に取引が成立するかどうかは、人間関係が築けるかどうかによるところが大きい。


どんなに優れた能力があっても、一匹狼で、他の人と協力して仕事ができないと、仕事の幅が広がりません。


今は、今日ある仕事が明日もあるとは限らない時代です。一つの仕事を長年しているだけの「ベテラン」では通用しません。


「接近戦のマーケティング」が重要。現場へ行って経験できるというマーケティングが大事。


経営者には基本的に3つの能力が必要です。ひとつは「戦略構築能力」、2つめは「目標達成能力」、3つめは「リーダーシップ」です。


社長の仕事は毎日が挑戦の日々です。重要問題を先送りしてサボったら、結局、リスクが手に負えないほど大きくなってしまう。


買収されるリスクを避けるためには、我々が代替性なきアイデンティティーをどのように作り上げていくかが重要だ。


買収交渉ではまず、現地でビジネスを担って、成功してきた人材が辞めずに組織に残るかどうかが重要だ。


報告ラインをきちんと作っておくことも大切です。意思決定のルールや権限規定などをしっかり定めておかないと経営が見えなくなってしまいます。


私どもは人を喜ばしてなんぼの商売。お客様に喜んでもらうことが、商品を買っていただくことにつながる。


気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 / 512345

泉谷直木の経歴・略歴

泉谷直木、いずみや・なおき。日本の経営者。「アサヒグループホールディングス」社長・会長。京都府出身。京都産業大学法学部卒業後、アサヒビールに入社。広報部長、経営戦略部長、取締役、常務酒類本部長、専務を経てアサヒビール社長。その後、アサヒグループホールディングス社長を務めた。

ページの先頭へ