池口龍法の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

池口龍法のプロフィール

池口龍法、いけぐち・りゅうほう。日本の僧(浄土宗)。兵庫県出身。京都大学文学部卒業、京都大学大学院文学研究科仏教学専修中退。浄土宗総本山知恩院に奉職。広報、電子情報管理などを担当。宗派を超えた情報誌「フリースタイルな僧侶たちのフリーマガジン」を発行。

心を見つめて不安を静めれば、ひらめきが湧いてくる。


生きるためにこそ仏教が役立つ。


見栄を張るなどは寂しさの裏返し。


ひらめきに執着しすぎると何も浮かばない。


小さな利害や枠にとらわれず自らの意志を信じ、粛々と生きることに徹すれば、おのずと心がほぐれる。そんな時にひらめくのではないでしょうか。


木魚を叩いたり、好きな音楽を聴いたりして心を整えると、いい考えが浮かびやすい。机の整理もお勧めです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

池口龍法の経歴・略歴

池口龍法、いけぐち・りゅうほう。日本の僧(浄土宗)。兵庫県出身。京都大学文学部卒業、京都大学大学院文学研究科仏教学専修中退。浄土宗総本山知恩院に奉職。広報、電子情報管理などを担当。宗派を超えた情報誌「フリースタイルな僧侶たちのフリーマガジン」を発行。

ページの先頭へ