永田照喜治の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

永田照喜治のプロフィール

永田照喜治、ながた・てるきち。日本の農業研究者。「永田農法」の創始者。大正時代、熊本県出身。神戸大学経済学部卒業後、郷里で農業を開始する。肥えた平地でつくるよりも荒れた岩山で作ったミカンの方が味がいいということに気づき、独自の農作物栽培法を研究開始。永田農法として確立した。日本国内のみならず、海外にも活発的に永田農法を広めた。

よく「美味しさの秘密は?」と聞かれますが、要は本物をつくればいいんですよ。


私はただ教えるだけでなく、自分でやってみせます。だから手は大きいですよ。


私は既存の農家には教えてもらっていません。だからこそ、目の前の現実を素直に信じることができたんです。


永田照喜治の経歴・略歴

永田照喜治、ながた・てるきち。日本の農業研究者。「永田農法」の創始者。大正時代、熊本県出身。神戸大学経済学部卒業後、郷里で農業を開始する。肥えた平地でつくるよりも荒れた岩山で作ったミカンの方が味がいいということに気づき、独自の農作物栽培法を研究開始。永田農法として確立した。日本国内のみならず、海外にも活発的に永田農法を広めた。

ページの先頭へ