樋口建介の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

樋口建介のプロフィール

樋口建介、ひぐち・けんすけ。日本の経営者。群馬県出身。福祉法人ほたか会、医療法人社団ほたか会、介護付き有料老人ホーム・ヴィラージュ、群馬パース看護短期大学、群馬パース大学などを設立。

失敗を認めない。成功するまで永遠にやる。


何かを始めようとする時、壁はいくつも立ちはだかるんですが、いつも救いの手を差し伸べてくれる人は必ずいる。


患者さんや家族の皆様から絶対的な支持を得られたことで、私も諦めずにできた。


老人ホームにしろ、大学にしろ、あくまでも利用者の立場、学生の立場に立った経営を行う。その原点は忘れないようにしたい。


夢は負債。夢をかなえることが資産。だから成功するためには、常に夢を持って、負債を返済するたびに資産が増えていく。資産が増えれば負債は減る。しかし、負債が減るということは夢が減るということだから、新しい夢を持とうと。これが現実社会のバランスシートなのではないかと思うんですね。逆に言えば、資産を持つと夢が無くなる。失敗したくないから夢を持たなくなる。それではいけないだろうと思うんです。


我々は大学で利益を出そうとは思っていません。福祉・医療の観点で大学経営に入りましたから、患者や利用者の立場で運営ができるんです。だからこそ、学生目線の大学運営ができるんです。


最近では国際交流に力を入れていまして、保健科学部の1年生全員をハワイ大学に1週間研修に行かせるんです。現地の病院見学やレクチャーを受けることで、学生たちも目の色が変わります。


樋口建介の経歴・略歴

樋口建介、ひぐち・けんすけ。日本の経営者。群馬県出身。福祉法人ほたか会、医療法人社団ほたか会、介護付き有料老人ホーム・ヴィラージュ、群馬パース看護短期大学、群馬パース大学などを設立。

ページの先頭へ