椎名麟三の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

椎名麟三のプロフィール

椎名麟三、しいな・りんぞう。明治から昭和にかけての小説家。高校中退後職を転々とする中で共産主義に傾倒し日本共産党に入党。特高に逮捕され獄中でニーチェとキリスト教に出合い洗礼を受ける。以後、キリスト教作家として活躍した。『永遠なる序章』『懲役人の告発』などの作品がある。

人間の苦しみや悲しみで、人間の戦い得ないものはない。


椎名麟三の経歴・略歴

椎名麟三、しいな・りんぞう。明治から昭和にかけての小説家。高校中退後職を転々とする中で共産主義に傾倒し日本共産党に入党。特高に逮捕され獄中でニーチェとキリスト教に出合い洗礼を受ける。以後、キリスト教作家として活躍した。『永遠なる序章』『懲役人の告発』などの作品がある。

ページの先頭へ