森鴎外の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

森鴎外のプロフィール

森鴎外、もり・おうがい。明治大正期の小説家、評論家、劇作家、大日本帝国陸軍軍医。19歳から25年間陸軍に勤め陸軍軍医総監までのぼりつめる。軍医生活の傍ら創作活動に励み、明治大正を代表する作家となった人物。晩年に帝室博物館(のちの東京国立博物館)総長や帝国美術院(のちの日本芸術院)初代院長なども務めた。

日の光を借りて照る大いなる月たらんよりは、自ら光を放つ小さな灯火たれ。


森鴎外の経歴・略歴

森鴎外、もり・おうがい。明治大正期の小説家、評論家、劇作家、大日本帝国陸軍軍医。19歳から25年間陸軍に勤め陸軍軍医総監までのぼりつめる。軍医生活の傍ら創作活動に励み、明治大正を代表する作家となった人物。晩年に帝室博物館(のちの東京国立博物館)総長や帝国美術院(のちの日本芸術院)初代院長なども務めた。

ページの先頭へ